Top > マクラーレン F1 GTR - BMW (国際開発UKレーシング) '95
分類性能
メーカーマクラーレン総排気量6,064ccPP618
国籍イギリス最高出力609PS/7,500rpm全長4,292mm
カテゴリレーシングカー/BPR GT-GT1最大トルク66.4kgfm/5,600rpm全幅1,820mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,140mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,050kg/47:53
内装再現PWR1.72kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.175,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンエンジンチューン・ターボキットのみ可

国際UK.jpg

  • 1995年第63回ル・マン24時間レースは、雨の影響で歴史に残る名レースとなる。この年でデビューを果たしたマクラーレンF1 GTRは、このル・マン24時間レースに7台がエントリー、6台が出走した。その内59号車には関谷正徳をはじめ、J.J.レート、ヤニック・ダルマスが乗り込んだ。
  • 雨の予選を制したのはWRプジョー。圧倒的な速さでフロントローを独占する。
    その後、WRプジョーは優勝候補のクラージュ・ポルシェと優勝争いを繰り広げるも次第にペースが落ち、果てにはプジョー8号車がクラッシュ。
  • そんな中トップに立ったのは、国際開発UKレーシングのマクラーレンF1 49号車であった。
    マクラーレン勢は参戦初年度という事もあり、駆動系の信頼性が低かったが、雨がそれを打ち消すような形となっていた。
    しかし、翌朝49号車がクラッチトラブルを起こし失速、それにより51号車がトップに立った。
  • トップを走る51号車に猛追してきた車が一台いた。関谷正徳らの乗るマクラーレンF1 59号車である。
    2台は首位争いを繰り広げ、最終的にトップに立ったのは59号車だった。
  • レースは終盤。雨が上がり、ペースを取り戻し強烈な速さで59号車に迫るポルシェ13号車だったが、59号車はその猛追を振り切り優勝。
    関谷正徳はル・マン初優勝の日本人ドライバーとなり、また初出場車としては1949年のフェラーリ 166以来46年ぶりとなる勝利だった。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-30 (日) 16:41:51 (350d)