Top > フィット RS '10
分類性能
メーカーホンダ総排気量1,496ccPP350
国籍日本最高出力120PS/6,600rpm全長3,915mm
カテゴリノーマルカー/5ドアハッチバック最大トルク14.8kgfm/4,800rpm全幅1,695mm
モデル高品質駆動形式FF全高1,525mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,050kg/60:40
内装再現PWR8.82kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,700,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

フィットRS.jpg

  • 2007年にフィットは2代目へとモデルチェンジ。
    RSは2代目から登場したグレードで、1.5Lエンジンを搭載したスポーツグレードである。
  • 2010年にマイナーチェンジ。このマイナーチェンジ後のモデルが収録モデルにあたる。
    1.5Lクラスのコンパクトカーでは日本で初めて6速MTを採用し、エクステリアやシートの色等が変更された。
    また、初代シビック1200RSをイメージしたボディカラー、「サンセットオレンジII」が追加された。
    このマイナーチェンジと同時にハイブリッド車も登場した。
  • 2012年5月に「RS」と「ハイブリッド」を合わせた「ハイブリッドRS」が登場したが、フルモデルチェンジの関係で1年で生産終了となった。
    中身はCR-Zのパワートレーンに加えてRSと同じセッティングになっている。
    また、足回りは専用セッティングになっており、3代目ハイブリッドの基準となっている。
    なお、3代目に設定されたハイブリッドSパッケージにはRS相当の装備が一部装備されており、これが実質的な後継モデルであると思われる。
  • 2013年に3代目へモデルチェンジ。フィットRSも引き継がれ、直噴エンジンとなりスペックが向上している。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-29 (金) 18:47:17 (258d)