Top > コルベット スティングレイ レーサー コンセプト '59
分類性能
メーカーシボレー総排気量---ccPP470
国籍アメリカ最高出力319PS/6,200rpm全長---mm
カテゴリレーシングカー/コンセプトカー最大トルク40.7kgfm/4,700rpm全幅---mm
モデル高品質駆動形式FR全高---mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量---kg(1,150kg)/50:50
内装再現PWR3.60kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.50,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼントグッドウッド-Fos3・オールゴールドチューンサス・ブレーキ・軽量化・ボンネット・ウィンドウ以外可

コルベットコンセプト.jpg

  • C1コルベットはデビューしてからMuleと呼ばれたチューニングV8エンジンを搭載したマシンで、様々なレースに参戦していた。
    その後、次のステップとしてシャシーを完全新設計し、コルベットの名を借りたレーシングカー「コルベットSS」をデビューさせる。
    ところが、1957年のNASCARで起こった大事故により、当時の自動車協会であるAMAはメーカーに一切のワークス活動を禁止した。
    これにより、高い性能を持ちながら、コルベットSSは大舞台を経験する事なくテストカーとして生涯を終える運命を辿った。
  • その運命を阻止したのが、後にC3コルベットまでを手掛けたビル・ミッチェル氏である。
    彼はコルベットSSのフレームを流用して作られた「Mule」を僅か1ドル*1で買い取り、ビート・ブロック氏と共に新たなデザインに仕立て直した。
    それがこの「スティングレイ レーサー コンセプト」である。
  • スティングレイ レーサーは、ビル・ミッチェル氏個人によるプライベート参戦というかたちで様々なレースイベントに参戦。
    1959年・1960年にはSCCA(スポーツ・カー・クラブ・オブ・アメリカ)のCプロダクションでタイトルを連覇する等して健闘した。
    その後はショーカー・テストカーとしての余生を送り、デザインや培われたノウハウはC2型コルベットに継承された。



*1 1959年当時のドル円固定レートで360円

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-29 (土) 01:25:42 (1132d)