Top > デルタウィング 2012 Le Mans
分類性能
メーカーデルタウィング総排気量---ccPP668
国籍アメリカ最高出力304PS/7,400rpm全長4,650mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/ACO-ガレージ56最大トルク31,6kgfm/4,000rpm全幅2,080mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,030mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量475kg/33:67
内装再現PWR1.56kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.200,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可
車高・フロントスタビライザー・フロントダウンフォースの調整不可

デルタウィング.jpg

  • 2012年のLM24において、先進車両が特例参戦できる通称「ガレージ56」枠で走ったのが本車である。
    元々2012年以降のインディカー用マシン案として設計されたものの却下されたものが、こうして日の目を見る事となった。
    LM24でのドライバーは日産陣営の本山哲氏/ミハエル・クルム氏と、ハイクロフト・レーシングのマリーノ・フランキッティ氏。
  • 特徴はやはりデルタ型の車体。ミシュランの協力もあり、フロントタイヤには幅10cmと軽自動車もびっくりなタイヤが採用されている。
    幅が狭いだけで構造や耐久性は他のLMP用タイヤと変わりないが、車体特性の影響もあり、連続4スティントという長時間走行を難なくこなした。
    軸となるフロントの小ささが不安視されやすいが、所謂欧州系リアステアが基本となっているため、フロントに殆ど加重を掛ける必要がない。
    旋回のきっかけが入れば車が勝手に回ってくれるために高いグリップを必要とせず、小径ナロー化する事により抵抗の削減に繋げている。
    このためドライビングは案外快適らしく、ミハエル選手は3時間半に及ぶ連続走行を担当したが「疲れなかった」という談話を残している。
  • 搭載エンジンは日産ジューク(未収録)が積むMR16DDT型1.6L直列4気筒直噴ターボを、イギリスのRML社がレース仕様にチューニングしたもの。
    LMP2のレースカーに積まれる日産VK45DE型が150kg近いのに対し、こちらは僅か70kg程度と非常に軽量に仕上げられている。
    車重もLMP1の半分という軽量の恩恵は凄まじく、ガソリンタンク容量は僅か40Lながら75Lの容量を持つLMP1と同等の航続距離を発揮した。
  • 賞典外参加という事もあり、当時のレギュレーションでは許可されていなかった、可変エアロダイナミクスのDRSが搭載されている。
    機構自体はシンプルで車両後端の垂直フラップが市販車のユニットを用いて可倒する構造となっている。
    パドルのスイッチで制御出来る他ブレーキ操作にも連動していたらしい。
  • モノコックの一部は駄作と名高いアストンマーティン AMR-One(未収録)の物を流用している。
    どこに流用されたかは一見しただけでは判断しづらいが、コックピット周りにAMR-Oneの面影が残っている。
  • 当初はリアビューの確認にCCDカメラを用いる予定だったが、ACOからの要請によりバックミラーを搭載、これにより空気抵抗が5%悪化という。
  • LM24では予選で総合29位のタイムを出し、数台のLMP2マシンを凌駕する等高いポテンシャルを見せつけた。
    しかし本戦ではTS030の7号車に押し出されバリアにクラッシュ。ダメージが大きくリタイヤとなった。
    その後はALMSに参加。練習走行でまたもやクラッシュに見舞われるも、最終的には総合5位という結果を残している。
  • ALMS後、デルタウィングサイドは参戦継続の意思を見せていたが、日産とミシュランの2社が「プロジェクトは一定の成果を上げた」として離脱。2013年以降は独自体制で参戦継続した。

+  GT6では



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-02 (水) 18:16:19 (71d)