Top > シルビア K's ダイヤセレクション (S13) '90
分類性能
メーカー日産総排気量1,809ccPP392
国籍日本最高出力175PS/6,400rpm全長4,470mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク23.0kgfm/4,000rpm全幅1,690mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,290mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,140kg/59:41
内装再現PWR6.55kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,239,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ツートンモデルにボディペイントを施すと単色になる
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

ダイヤ.jpg

  • 1988年5月から1993年10月の約5年に渡って生産されたS13型シルビア。モデルライフ全体としては5代目となる。
    ボディタイプは2ドアクーペと2ドアコンバーチブルの2種類が用意され、収録モデルのシルビアは前者にあたる。
    先代S12型まで用意されていた3ドアハッチバックは「180SX」として独立し、シルビアの姉妹車扱いとなった。
  • グレード構成は、NAエンジンを搭載する「J's」「Q's」と、ターボエンジンを搭載する「K's」の3種類を用意。
    エンジンは前者2つに135PSを発揮するCA18DE型を、後者には175PSを発揮するCA18DET型をそれぞれ搭載した。
    元々はS12に搭載されたCA16系の改良型であり、やや古くもあったが、熟成が進んだ信頼性の高いエンジンであった。
    パワー自体は決して高くなかったが、走りを意識した数々のオプションの用意もあり、軽快な走りを堪能できた。
    1991年のマイナーチェンジでSR20DESR20DETという2000ccエンジンにチェンジし、性能向上が図られている。
  • 収録モデルの「ダイヤセレクション」は、1990年にそれぞれのグレードに追加設定された特別仕様車である。
    アルミニウム製ホイール・リアスポイラー・オートエアコン等といった、各オプション装備の数点を標準装着。
    それでいて販売価格の高騰も最小限に抑えられており、ターゲット層である若者に配慮したものとなっている。
    なお、各グレードは特別仕様車のダイヤセレクションも含めて、全てトランプを意識した名称にされている。
  • 日産は本車をデートカーと位置付けており、当時としては未来的なデザインから、高い女性人気の獲得に成功。
    しかし、当時既に希少となっていたミドルクラスのFRスポーツでもあり、低価格だった事から男性層の支持も得ている。
    こうしてS13は若者を中心に大ヒットし、約30万台という歴代シルビアでも最多の販売台数を記録するに至った。
    ただし、それ故に無謀運転による事故が多発、S13以降のシルビアは保険料率が高くなるという弊害も生まれている。

+  収録外グレードの解説



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-26 (火) 22:12:38 (5d)