Top > シルビア K's ダイヤセレクション (S13) '90
分類性能
メーカー日産総排気量1,809ccPP392
国籍日本最高出力175PS/6,400rpm全長4,470mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク23.0kgfm/4,000rpm全幅1,690mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,290mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,140kg/59:41
内装再現PWR6.55kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,239,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ツートンモデルにボディペイントを施すと単色になる
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

ダイヤ.jpg

  • 1988年に発売となった5代目シルビア(S13型)は、歴代シルビアの中で最も販売台数が多いクルマとして知られている。
  • デートカーとして売り出したクルマであったが、当時すでに少なくなっていたミドルクラスの後輪駆動車であり、価格も割と手ごろだったことからスポーツ走行用として若者を中心に爆発的に売れた。
    しかしそれが仇となり無謀運転による事故が多発、本モデル以降のシルビアは保険料率が異様に高くなってしまった。
  • 当初はN/AのCA18DEとターボのCA18DETという1800ccエンジンだったが、1991年のマイナーチェンジでSR20DESR20DETという2000ccエンジンにチェンジし、性能向上が図られた。
    プレミアム相当で収録された本車は前期型のターボなのでCA18DET搭載モデル。
    このCA18DETは先代であるS12シルビアから搭載されたエンジン。今となっては骨董品に近いエンジンだが、当時は熟成も進み日産を代表する4発エンジンとなっていた。
    ちなみに自動車技術過渡期という事もあり、縦置き横置きはともかく燃料噴射もキャブレター、シングルポイントインジェクションにマルチインジェクションなどバリエーションがむやみに多かったりする。
    その中でもU12ブルーバードSSS-R(未収録)の前期型にはスペシャルバージョンのCA18DET-Rが搭載されている。後期になると本車と同じくSRにされてしまったため、SSS-Rを名乗りながら通常のSR20DETを積んでいる。
  • グレード構成はJ's、Q's(いずれもNA)、K's(ターボ)の3種で、特別仕様車の名称も含めてトランプを意識したものになっていたのも特徴である。
    足回りには新開発のリアマルチリンクサスペンションが採用され、オプションでHICAS(四輪操舵システム)が用意されるなど走りを意識した装備が用意されていた。
    しかしHICASモデルは可動部分が強い横Gで勝手に動いてしまいアライメントが狂う時があったことや、カウンターを当てた時に予期しない動きをしてしまうこともあり、敬遠される傾向にある。HICAS付きのはキャンセルロッドを取り付けてカプラーを抜くことで無効化可能。
    ただHICASのアームを利用することにより社外品のアームを使わずにリアトーの調整が出来るため、あえてHICASを買ってキャンセルも十二分に有り。
  • 収録モデルはダイヤセレクションと呼称された特別仕様車で、ターボモデルのK'sをベースに当時人気のオプション装備品数点を標準化した仕様である。
  • なお、日産 180SXとは基本骨格を同じくする姉妹車の関係にある。ただし本当の意味での180SX、所謂CA搭載の初期型180SXは収録を逃している。
    1993年10月に販売終了。S14型シルビアにバトンタッチした。

+  以降余談

+  収録外グレードの解説




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-13 (土) 23:51:01 (154d)