Top > C60 Hybride - ジャッド '05
分類性能
メーカーペスカローロ総排気量4,997ccPP691
国籍フランス最高出力646PS/7,800rpm
(918PS/8,000rpm)
全長4,625mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/ACO-LMP1最大トルク61.2kgfm/6,500rpm
(92.7kgfm/6,500rpm)
全幅1,990mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,020mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量---kg(900kg)/49:51
内装再現PWR0.98kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.190,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • クラージュC60というマシンに自社改良を加えたマシンで2000年からルマン参戦していたぺスカローロ・スポーツの2005年仕様車。
    ぺスカローロ・スポーツによって改良が重ねられた結果車名からクラージュの名前が消え、ぺスカローロ・スポーツ独自開発車となった。
    尚、ぺスカローロ・スポーツが2007年シーズン以降に投入した"ぺスカローロ01"も基本はぺスカローロC60の改良車両である。
    なお、車名に"Hybride"とあるが、この車両に関しては混合燃料やエンジン+モーターという意味でのHybrideではなく、"車両規定新旧混合"という意味でのHybrideである。*1
    本作でのハイブリッドの意味はこちら
  • その2005年のルマンでは、WRCチャンピオンのセバスチャン・ローブを含むオールフランス人で挑み、チャンピオン・レーシングのアウディR8とのバトルの末、E.コラール/J-C.ブイヨン/E.コマス組の#16号車がトップから2LAP差の2位表彰台を獲得した。
    残念ながらローブが搭乗した#17号車(S.ローブ/S.アヤリ/E.エラリー組)は288LAP目にリタイアに終わっている。
  • 現在のWEC(World Endurance Championship)の前身であるル・マン・シリーズにも参戦していたぺスカローロC60は、アウディ・プジョーといったワークス勢が不在の中ではあるが、J-C.ブイヨン/E.コラール組が2005年・2006年と総合連覇を果たしている。特に2006年は全5戦全勝という活躍を見せた。
    2007年はワークス参戦してきたプジョーの前に歯が立たず、プジョー勢の全勝を許したもののJ-C.ブイヨン他の駆る#16がプジョー勢に割って入ってシリーズ2位を射止めた。
  • 翌2006年のル・マンでは#16号車が予選初日にアウディR10を上回るトップタイムを叩き出す*2など終始活躍を見せ、ローブ搭乗の#17号車(S.ローブ/F.モンタニー/E.エラリー組)が優勝車アウディR10と4周差の376周を走り、トラブルの多発したアウディ勢に割って入って2位表彰台を射止めた。僚友#16号車も352周を走り5位入賞を果たしている*3

+  余談



*1 2005年に規定が変更になったが、それに対応していない旧規定車両を使うユーザー向けの暫定措置。当時参戦していた童夢のHP(参考サイト・"ハイブリッドカーって何?")などでも確認できる
*2 ちなみに予選初日はセミウェット状態だった。予選結果は3位#16、4位#17
*3 因みに4位入賞したのはLM-GT1のコルベットであり、この結果からも2006年ル・マンが混沌としていたのが解る。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-18 (日) 12:06:26 (1174d)