Top > 512 BB '76
分類性能
メーカーフェラーリ総排気量4,942ccPP481
国籍イタリア最高出力360PS/6,800rpm全長4,400mm
カテゴリノーマルカー/スーパーカー最大トルク46.0kgfm/4,600rpm全幅1,830mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,120mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,400kg/46:54
内装再現PWR3.89kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.10,250,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンダート走行不可
ボンネットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

512.jpg

  • 1976年のパリ・サロンでデビューした、当時のフェラーリのフラッグシップモデル。
    当時厳しくなりつつあった排ガス規制に対応しつつ性能を維持させるため、365GT4BBの排気量を拡大したマイナーチェンジモデルである。
    スーパーカーブーム絶頂期にあった当時の日本では、カウンタックと肩を並べて絶大な人気を誇っていた。
  • 車名の「512 BB」の内、5は排気量の約5000ccを、12はV12エンジンを、BBはベルリネッタ・ボクサーを表している。
    流麗なボディはフィオラバンティ氏とピニンファリーナの共同でデザインされており、低く構えたスタイルは空力性能に優れていたとされる。
    搭載されたV型12気筒エンジンは360PSを発揮し、その最高速度は302km/h。カウンタック LP400の300km/hを僅かに上回る。
    ただし、これはあくまでも公称値であり、両車共に実際の最高速度は280km/h程度だったとの事。
  • 1981年に燃料噴射装置にインジェクションを採用した512BBiにマイナーチェンジされ、生産台数は両車とも1000台ほどとされている。

+  512BBによるレース活動




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-24 (月) 18:50:11 (353d)