Top > GT40 Mark I '66
分類性能
メーカーフォード総排気量4,727ccPP521
国籍アメリカ最高出力340PS/6,250rpm全長4,191mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク46.5kgfm/5,500rpm全幅1,778mm
モデル高品質駆動形式MR全高1,029mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,080kg/40:60
内装再現PWR3.18kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.280,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ストライプは塗装したカラーリングによって変動する
プレゼント---チューンダート走行不可
ボンネットのみ不可
デフォルトでダウンフォースが存在(50:100、調整不可)

GT40.jpg

  • 60年代、フォードは企業イメージ向上のためにはレース活動が必要と判断し、手始めにフェラーリの買収を試みた。
    これは手っ取り早くも確実な方法だったが、結果として交渉は決裂、破談に終わった。
  • そこでフォードは、エンジンの供給先であるイギリスのレーシングコンストラクター、ローラ・カーズと提携。
    ローラ・GTをベースとし、独自のレースカー開発計画を企てた。これがGT40の始まりである。
  • 本車のプロトタイプの車名は「フォードGT」であったが、量産版からは「GT40」と呼ばれるようになる。
    これは本車が発表された際に、40インチという低い車高に驚いた記者によって付けられたニックネームが発祥とされている。
  • 収録モデルのMarkIはFIAのGTプロトタイプクラスのホモロゲーション取得のために生産されたロードバージョンであり、289キュービックインチのV8ビッグブロックユニットを搭載している。
    スチール製のモノコックシャシーにFRP製の軽量且つ空力に優れたボディを組み合わせ、運動性と旋回性能を高次元で両立させた。
  • フォードGTにはMarkII・MarkIV・ミラージュM1といった派生車が存在する。
    それらを以て1966年のル・マン24時間耐久レースで1-2-3フィニッシュを記録し、そこから4連覇を記録した。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-02-18 (日) 23:29:54 (57d)