Top > フォトトラベル

フォトトラベル Edit

  • ポリフォニー・デジタルが高い精度で再現した世界的名所を背景にクルマを撮影するモード。GT4から追加されたモードである。
  • また今作から車2台での撮影に対応している。
  • GT5でスタンダードカーに属していた車両も撮影可能(=全車両撮影可能)。接写もOK。
  • 国内B級ライセンス取得で利用可能になる。
     
  • なお、レース風景の写真は、リプレイ中のツールメニューから「レースフォト」を選択することで撮影するかたちとなる。
    • 全てのコース・レースで撮影可能だが、撮影ポイントはリプレイを止めるタイミングによって変化する。
      自由に移動できるのはポイント1のみで、それ以外のポイントではカメラ位置は固定となる(前進・後退・高低変更不可。向きは変えられる)。
    • カメラメニューはフォトトラベルと同じ項目の他、レースフォト独自の項目として「流し撮り」がある。
      シャッター速度・焦点距離と上手く組み合わせればスピード感のある写真を撮影できるので、色々試してみよう。

ロケーション一覧 Edit

ロケーション名所在国備考
ロンダスペイン撮影ポイントは4箇所(1,2,3,4)
シラクサイタリア撮影ポイントは3箇所(1,2,3)
シラクサ(夜)イタリア撮影ポイントは3箇所(1,2,3)
ヘマソラールスペイン撮影ポイントは6箇所(1,2,3,4,5,6) 旧称ゲマソーラー。公式サイト表記改称に合わせて変更
芸術科学都市(夜)スペイン撮影ポイントは15箇所(1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11,12,13,14,15)

カメラメニュー Edit

カメラを構えた状態で△ボタンを押すことで設定できる。

項目設定値備考
アスペクト3:21620x1080 35ミリフィルムと同比
1:11080x1080
1.4:11570x1080 A版・B版の紙と同比(1.414:1)
1.6:11747x1080 PCのワイド画面と同比(16:10)
16:91920x1080 ハイビジョンTV(HDTV)の画面と同比
エフェクト
(比較画像)
OFF
モノクロ色彩情報を除いた白黒の画像
ハードモノクロより黒の階調を強めた白黒画像
セピア退色した白黒フィルムのような褐色の画像
クール青みがかった色調の画像になり、画像の周囲は暗くなる。
ウォーム赤みがかった色調の画像になり、画像の周囲は暗くなる。
クロスプロセス意図的にカラーバランスを崩した画像(1は青、2は緑、3は赤が強調された感じになる)
ミニチュア被写体の前後をボカし、ミニチュアを撮影したような画像
パートカラー画像の周囲をモノクロにして中央の被写体を引き立てた画像
流し撮り
(レースフォトのみ)
モード1カメラを固定してクルマに正対するようにして撮影
モード2カメラを移動させながら撮影
モード3カメラを移動させ、かつクルマに正対するように撮影
画像倍率×1
×2出力画像のピクセル値が倍になる(16:9なら3840x2160でファイルサイズは1MB前後)
ファイル形式JPEG
3D写真(.mpo)
構図横構図
縦構図
焦点距離14〜500初期値は50
F値1.0〜45.0初期値は4.0
シャッター速度1/1〜1/8000secフォトトラベル 初期値は250
1/60〜1/8000secレースフォト 初期値は250
露出補正-5.0〜5.0初期値は0.0
カメラ垂直方向
操作を反転
いいえコントローラーのRスティックを上→カメラも上向き
はいコントローラーのRスティックを上→カメラは下向き

クルマオプション Edit

オブジェクト移動マップ時に△ボタンを押すことで設定できる。

項目設定値備考
タイヤの切れ角-35〜35マイナスで右、プラスで左
ライト消灯
ポジションランプポジションランプがないクルマは消灯と同じ
ロービーム
ハイビーム
クルマの向き反転する前後が逆になる




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-09-15 (木) 20:34:57 (736d)