Top > 神器

基本情報 Edit

  • 「神器」は通常武器とは別に身につけられ、それぞれ固有の「神術」を持っている。
  • 「神器」は汎用の16種類とゼウス・アテナ・アレス・オーディン・ロキの専用神器5種を合わせて21種類。
    • 汎用神器の内訳はギリシャ神話由来が7種、北欧神話由来が6種、中国神話由来が2種、日本神話由来が1種となっている。
    • 2回に分けてDLCで汎用神器の新規の通常神術とチャージ神術が使用可能になる 切り替え方は陣地の「武器」-「神器装備」から
      • 2018/10/25配信
        カドゥケウス(ケーリュケイオン)、ネメアの獅子(ケルベロス)、ルーメンタラリア(タラリア)、αトライデント(トライデント)、
        ハデス・ハルパー(ハルパー)、ユル・ミョルニル(ミョルニル)、Ωレーヴァテイン(レーヴァテイン)、金剛降魔杵(降魔杵)
      • 2018/11/29配信
        ルナ・アルテミス(アルテミスの弓矢)、ヴィタ・ネクタル(ネクタル)、スリズルグタンニ(グリンブルスティ)、イスグレイプニル(グレイプニル)、
        コキュートス(ダーインスレイヴ)、ハガラズ(ブリージンガメン)、渦流太極図(太極図)、布都十束剣(十束剣)
    • Ver.1.04(PS4)でゼウス・アテナ・アレス・オーディン・ロキの新規の通常神術とチャージ神術が追加された
  • Ultimateでは汎用神器の哮天犬とバイデントとガイア・ハデスの専用神器が追加され更に神器の付け替え可能に
    • 固有神術は固定、付け替えできるのは汎用神器のみ
    • DLCとして哮天犬の別パターンのガルム、バイデントの別パターンのトネリコの二叉槍が配信

神器一覧 Edit

ギリシャ神話 Edit

アルテミスの弓矢 /
ルナ・アルテミス Edit

月の女神アルテミスが愛用する弓矢。
如何なる距離からでも確実に標的を射抜く

  • アルテミスの弓矢が上方修正されたが、ルナ・アルテミスの通常神術が強力なので特に神速攻撃の使える戦国キャラはこちら一択と言っても良い。
神術性能解説
通常神術
(アルテミスの弓矢)
敵を察知して追尾する矢を放つ瞬時に周囲の敵をロックオンし、それに向けて追尾矢を降らせる。ロックした敵を中心に何本か矢を追加している模様。
ロックオンはガードで防がれる事がある。また、ダウン中の敵もロックできないが、矢はガード不能でダウン中の敵にもヒットして敵を打ち上げる。
ver1.05で察知範囲が拡大された。それに伴いロック数と矢の数も増加。
しかし、ロック数に対して矢の本数が足りておらず、ロックした敵の4, 5割程度しかヒットしない。さらに、攻撃範囲に偏りがあり、広範囲をロックオンしたときに矢は中距離地点の敵を優先するので、遠くの敵や特に攻撃して欲しいプレイヤー周りの敵をものの見事に全部残してくれる(確実に標的を射抜くとは…?)。
矢のエフェクトが無駄に重く、ロックオン数が多くなるにつれて結構カクつく。おまけに、レーヴァテインDLCに攻撃性能も完備した完全なる上位互換が出てしまった。
安定性もヒット数も初期と比べれば概ね上がってはいるものの、矢の本数や範囲の偏りは、優秀な察知性能の無駄使いと言える。
ロックオンは他の神術と共有できる。矢を放つ前に、同様に敵をロックオンする神術(ケルベロス・布都十束剣・ダーインスレイヴ・ミストルテイン改)を素早く発動させれば、事前にロックした全ての敵を攻撃できる。
その他、朱然でも自身のロックオンと共有できるので、神術の優秀なロックオン性能を活かせる。
チャージ神術
(アルテミスの弓矢)
ボタン入力を行うたびに、前方に矢を放つ矢を連射して敵を打ち上げ続け、〆に敵を吹き飛ばす貫通矢を放つ。
方向転換可能。ダウン中の敵にもヒットし、〆攻撃は敵を貫通する。
6~7回攻撃した後に〆攻撃を放つが、ボタン連打で〆攻撃までの時間を延長できる。最大ダメージは、ボタンを押さずに7回攻撃→ボタン連打。ただしテンポは悪い。
ボタン入力で矢の性質が変わる。
ボタンを押さない:力を溜めて貫通矢を放つ。威力が高い。
□/△/○ボタン:魔法陣と共に貫通しない矢を放つ。連打で魔法陣が増え、範囲拡大+威力増加。
✕ボタン:即〆攻撃を放って攻撃を終了する。
○ボタンを遅いテンポで連打:4つ目の魔法陣を出さない程度に遅めのテンポで連打していくと、延々と射撃し続ける
終了行動を起こさない限り文字通り永遠に攻撃し続ける。

→アップデートにより修正された。
通常神術
(ルナ・アルテミス)
分身を生成し、前方に矢を放つ左右の分身と共に前方へ三本の矢を放ち、敵を打ち上げる。
ダウン中の敵にもヒットする。
十束剣の通常神術に酷似しているが、あちらが横に強いのに対してこちらは縦に強く、またガード不能
チャージ神術
(ルナ・アルテミス)
一定時間、矢の雨を降らせる十束剣同様に着弾地点を指定してそこへ矢の雨で敵を拘束する。
ダウン中の敵にもヒットする。
範囲も拘束力でもあちらを上回る。ただし、瞬間火力は低くモンスターを倒す事には向かない。

ケーリュケイオン /
カドゥケウス Edit

太陽神アポロンの力が宿る杖。
目映い光を放ち所有者に大いなる力を与える

  • 基本的にカドゥケウス一択。特に戦国勢の5人はハルパー持ちと同じ感覚で立ち回れるようになるのはでかい。ケーリュケイオンはカオスオリジンを素早く倒せるが汎用性はカドゥケウスより下がる。
    荀彧、趙雲以外の三国キャラはテクニックタイプなのでカドゥケウスと空中クリティカルとは相性がよい。(とはいえ、荀彧は設置した陣内に無理矢理引き寄せることができるので相性は悪くはない)
神術性能解説
通常神術
(ケーリュケイオン)
光を放ち、前方に降り注がせる軌道の癖が強く、至近距離の敵には当て難い。
チャージ神術
(ケーリュケイオン)
地面に設置したケーリュケイオンから光の柱を放つ着弾箇所を指定しそこに攻撃。
通常神術
(カドゥケウス)
収束する光を放ち、周囲の敵を前方に集めるハルパー通常神術と同性能。
こちらもハルパー同様にガード弾きの効果はない
チャージ神術
(カドゥケウス)
光球を次々と発射し、〆に巨大な光球を地面に落下させるコマンド無入力で光球を連続発射するが、
△ボタンを入力した時点で〆の光球を放つ。〆の光球の範囲は、それ迄に発射した光球の数に反比例して縮小していく。
全段ダウン中の敵にもヒットする。

 カドゥケウスの通常神術がガードされている例

ケルベロス /
ネメアの獅子 Edit

ケルベロス
地獄の番犬の魂が姿を変えた三つの鉄球。
ひとたび狙いを定めた獲物は決して逃さない

ネメアの獅子
獰猛な獅子の魂が姿を変えた三つの鉄球。
ひとたび狙いを定めた獲物は決して逃がさない

  • ネメアの獅子のチャージ神術がトンデモ性能。 突き詰めるとチャージ神術で強敵を排除しつつ、合体神術で神術ゲージの回復を待ち、再びチャージ神術…の繰り返しで全ての戦場が何とかなる。それを抜きにしてもケルベロスはそれほど強くないので基本的にネメアの獅子一択
神術性能解説
通常神術
(ケルベロス)
前方に地を這う氷の波を発生させる氷属性が付加されている。かなり広範囲の敵を凍結出来るが、ノックバックが強烈で割と癖がある。
その性能や凍結の特性から、追撃などよりは咄嗟の緊急回避などに使う用途の方が使いやすいか。
神術カウンターは至近距離でないと発生しない。
チャージ神術
(ケルベロス)
ケルベロスから敵を追尾する氷塊を放つ視点が操作キャラの背後越しに変わる。ロックオンは手動型。ある程度視点の方向を変えられる。カーソルの速度が早い代わりに、氷塊射出までの時間の猶予が少ない。アテナのC神術と同じく、左右のスティック両方同じ方向に操作すれば、カーソルの速度が倍になるが、ただでさえ早い速度が制御不能レベルに難しくなるので、左のみの操作が却って安定する。敵がガード中だろうがダウン中だろうが関係なくロックは可能だが、操作キャラの背後にいる敵は画面に映っていようがロック出来ない。ロックは他の神器(一定範囲内の敵を自動でロックするアルテミス等)と共有出来るので、キャラを交替してそちらを頼ったほうが遥かに効率がいい。手動型ロックの利点としては、ロック可能な距離が長いこと。
氷塊は凍結効果のある追尾弾。氷塊はガード可能。ダウン中の敵にも当たるが、敵が低い位置にいるので、対象との距離が近いと氷塊の高さと角度によってロックしていても外しやすい。また、ロック画面と射出の画面の移り変わりが激しく、ロックしていても氷塊のヒット時に画面から外れると、ヒットしていない扱いになる事も多いので注意。
通常神術
(ネメアの獅子)
衝撃波を放ち、凍結させる氷塊を敵に付与する説明文ではこうなっているが、どちらかと言うと氷塊を放って青い靄を付与している様にしか見えない。
3匹それぞれの口から氷塊を3つ並べて射出し、前方遠距離にかけて敵を打ち上げつつ最初にヒットした最大5人迄に冷気の塊の様な青い靄をマーキングする。
この青い靄は、プレイヤーから発せられた攻撃含む全ての判定に反応し(于禁の赤黒い球等)、「一定時間の経過/判定に接触する」事で破裂して氷柱が周囲広範囲に発生する。氷柱には氷属性が付加されている
敵のガードの上からでもマーキングは可能だが、破裂はマークされた本人であってもガードが可能。青い靄がマーキングされたまま撃破された敵は、その敵の消失後に青い靄だけがフヨフヨと移動して一定時間残存する。
チャージ神術
(ネメアの獅子)
ネメアの獅子から敵を凍結させる光線を放つ視点がキャラの背後越し変わり、ビームを3体から放つ。
氷属性が付加されている
コンボ数0でも修羅のモンスターを溶かせる程の超高火力。
凍結した敵にもヒットし続ける為に合体神術ゲージの溜まりが異常に早い。
射程もかなり長く、緩やかだが方向転換可能。方向転換は右スティックでも出来るのだが、制御が大変難しく、狙った敵に当てることが出来なくなる可能性があるので左スティックのみの操作が無難。
これ一つで立ち回りが激変するキャラクターが多い。
さすがに強力過ぎたかver1.05で威力が下方修正された。
しかしそれでも多段ヒット時の火力は高く、
修羅の怪物もすぐ居なくなり合体神術ゲージも貯まる。依然として超性能攻撃技として猛威を振るう。

タラリア /
ルーメンタラリア Edit

守護神ヘルメスの持つ、翼の生えた魔法の靴。
身につけた者は風を追い越す速度を得る。

  • タラリア自体癖が強すぎるので、消去法でルーメンタラリア一択
  • タラリアも癖は強いものの、敵を散らさないので追撃がしやすく、三回目の踏み付けで広範囲の敵を自分の近くに手繰り寄せられるなどルーメンタラリアよりこちらのほうが勝っている面もある。特に凌統などは通常神術の1回目の踏み付け後にジャンプ攻撃を使うことでスムーズに地上攻撃に移行できるため相性が良い
神術性能解説
通常神術
(タラリア)
跳躍して飛び蹴りを放つ跳躍先に敵がいれば踏みつけてさらに跳躍し、最大3回踏みつける。
方向転換は可能だが背後までは旋回できず、視点の関係で敵が見辛く動作も速いので、狙って踏むのは難しい。
更に近くにいる敵は飛び越してしまうことも多く、無理に使わない方がいい場合も多い。
ジャンプの降下中に空中アクションでキャンセル可能。
半円を描くような軌道で動けば、近距離の敵に3回目の広範囲衝撃波を当てる事も可能。
『伸長』を付けると踏みつけの当たり判定が緩くなり操作難度が下がる。
Ultimateでは大幅な変更が加えられた。
まず踏みつけた敵の吹き飛ぶ方向が真上ではなく前方になり、吹き飛んだ敵を追うように連続で踏みつける神速攻撃のような攻撃方法になった。
さらに3回目の踏みつけで発生する衝撃波が、多段ヒットして敵を中心に引き寄せるものから単発ヒットで敵を高く打ち上げるものになった。
3段目が単発ヒットになったことでヒット数稼ぎには適さなくなった一方で、踏みつけを連続で当てやすくなり、総合的な使い勝手は向上したと言える。
高レベルの伸長を付けていれば、至近距離の敵にも当てられる。
チャージ神術
(タラリア)
タラリアの力を集約し飛び蹴りを放つガード不能で、ダウン中の敵にもヒットする。
一部のキャラのみ空中発動が可能
通常神術
(ルーメンタラリア)
前方に瞬間移動しながら、最大4回攻撃を繰り出す追加入力1回毎に飛び蹴りを放つ。全段ガード不能
使用感は簡易的な神速アクションという具合。神速攻撃と違い、武将に弾かれる事はない。
4回目の攻撃は技後に硬直があるので、3発目で止めた方が安定性が増す。
チャージ神術
(ルーメンタラリア)
指定した位置の上空に瞬間移動して踵落としを放つダウン中の敵にもヒットする。空中発動可。

トライデント /
αトライデント Edit

海神ポセイドンの力が宿る三叉の矛。
水や氷を無限に生み出し自在に操る。

  • 基本的にトライデント一択。αトライデントはチャージ神術弱体化、通常神術は癖が強いと完全に上級者向け。通常神術をキャンセル用として割り切ってチャージ神術は使わないで立ち回るなら、トライデントよりモーションが短いαトライデントも考慮に入る。
神術性能解説
通常神術
(トライデント)
トライデントの力で波を生成し、前方へ突進する突進中✕ボタンで急停止。波から下りるのにわずかな時間を挟むため、即座に追撃はできない。
ガード不能でダウン中の敵にもヒットする。ヒット数は稼げるが、攻撃力は低め。
チャージ神術
(トライデント)
一定時間、敵を飲み込む水流を生成する自身の周囲に水流のバリアを纏う。
ガード不能でダウン中の敵にもヒットする。
纏う際の槍もリーチが長く、火力も高いのでどのキャラでも主力になりうる。
バリアは触れた敵を巻き込み続ける。自由行動時になってもバリアが貼られている時点ではヒット数は加算されない。
防御性能も火力も高いので優秀。
三國武将はアップデートにより、EXモーション中に限り全攻撃に属性付加となる為、『天舞/天攻』が無くともバリアに属性を乗せられる
通常神術
(αトライデント)
トライデントの力で周囲に複数の水柱を発生させるガード不能でダウン中の敵にもヒットする。
即座に出せる前方広範囲キャンセル技。出の早さと範囲から使いやすい。
チャージ神術
(αトライデント)
トライデントの力を解放し、水の渦を発生させる着弾地点を指定して多数の水泡を浮かばせて攻撃。
ガード不能でダウン中の敵にもヒットする。

ネクタル /
ヴィタ・ネクタル Edit

女神アフロディーテの力が宿る聖杯。
中に湛えられた液体は様々な奇跡をもたらす

  • ヴィタ・ネクタルのチャージ神術が強いので基本的にはこちら。ネクタルも弱くはないのでこちらもあり
神術性能解説
通常神術
(ネクタル)
光球を生成し、前方に飛ばす。
光球は周囲の敵を探知する
神術で怯ませられる効果が無い。
Ver1.03時点で正常な動作に修正。光珠はガード可能ではあるが、残留する上に察知性能も高いので怪物の怯みを取りやすく、周囲の敵を吸引しつつ打ち上げる。
きちんと着弾させれば安定性は高い。間合いを詰める前に着実に当てに行きたい。
チャージ神術
(ネクタル)
敵を探知する光球を、いくつも上空に放つ全方位をロックするターゲットを飛ばしホーミングレーザーを飛ばす。殲滅力に秀でている。
アップデートにて上方修正。部屋の奥にまでターゲットを飛ばし無数の光雨を降らせる。巻き込み数は当然跳ね上がり、巻き込んだ敵に応じて火力も上がる。
無数の雑魚を巻き込んだ際の火力はかなり高く、怪物を相手取るなら固有神術よりこちらが火力が出ることさえある。
アルテミスの通常神術をそのまま攻撃技に転化させたかのような性能になっている。但し、こちらはC神術ながらロックも光球もガード可能となっている。
通常神術
(ヴィタ・ネクタル)
分身を生成する。
分身は一定時間行動した後、消える
前方に3wayの水泡を放り投げて前方の敵を浮かせる。
弾けた水泡から分身が三体生成される。再度撃つか一定時間後に分身は爆発する。水泡及び爆発はガード可能。
ダーインスレイヴ同様に分身1体ごとに煌武が適用される。
ただし、ダッシュ中に使用した場合、水泡が着弾したタイミングで立ち止まっていないと分身が生成されないので注意。
チャージ神術
(ヴィタ・ネクタル)
力を帯びた液体を地面に放ち、敵を沈める着弾地点を指定して巨大な水泡を空から降らせる。破裂した水泡は超広範囲に亘り敵をダウンさせる。ダウンした敵は追撃可能。
殲滅力は図抜けており、100人前後を撃破している事もある。その分だけ火力はやや控えめ。煌武による火力上昇が前提に感じられる。
そして余りに広範囲にすぎるために機種によっては処理落ちを起こす。

ハルパー /
ハデス・ハルパー Edit

ハルパー
守護神ヘルメスの力が宿る大鎌。
聖なる刃であらゆるものを空間ごと両断する

ハデス・ハルパー
冥府神ハデスの力が宿る大鎌。
死の刃であらゆるものを魂ごと両断する。

  • ハルパーが優秀すぎるので大半のキャラはハルパーでOK。特に戦国勢は神速攻撃と相性抜群。ハデス・ハルパーのチャージ神術はトライデントと一緒で優秀なので呂玲綺、李典あたりはこちらがおすすめ
神術性能解説
通常神術
(ハルパー)
風を巻き起こして周囲の敵を前方に集めるかなりの広範囲に及び、発生速度も文句なし。武将を浮かせ状態に出来るので非常に優秀。
なお、ガードを弾く効果はない。至近距離で打ったりするとガードされる事もある点に注意。
モンスターに対しても発生速度が後押しをし、安定して撃破可能。
伸長属性を付けると吸引範囲が跳ね上がる。
チャージ神術
(ハルパー)
自由に操作できる竜巻を発生させる。敵を巻き込みつつ着弾箇所を指定して攻撃。
モンスターは巻き込めず、僅かながらノックバックが発生するため攻撃の際は注意が必要。
通常神術
(ハデス・ハルパー)
竜巻を生成して前方に勢いよく移動する長時間竜巻そのものになり、ガード可能な突進攻撃を行う。方向転換可能。□と△ボタンで解除して追撃可能。
トライデントに比べて範囲は劣るが追撃可能までの時間が短く、レーヴァテインと比較すると移動速度は変わらず、ややスティック制御が軽い。
敵の眼前で発動→風のエフェクトが出る前に即キャンセルで敵を直ぐに浮かせられるため追撃しやすい。
チャージ神術
(ハデス・ハルパー)
一定時間、敵を引き寄せる嵐を発生させるダウン中の敵にもヒットする。
トライデントのチャージ神術と同じ様に使える。発生速度はトライデントよりも早いが、発動時の衝撃波の範囲が狭く、バリアもやや小さい。

ハルパーの通称神術がガードされている例

北欧神話 Edit

グリンブルスティ /
スリズルグタンニ Edit

豊穣の神フレイを乗せて運ぶ、黄金に輝く猪。
その巨大が駆け抜けた後には塵一つ残らない

  • 基本的にはグリンブルスティ一択。スリズルグタンニも決して弱くないがグリンブルスティで事足りる事が多い。
神術性能解説
通常神術
(グリンブルスティ)
敵を探知して追尾する火球を生成するプレイヤーの頭上に火球を5つ設置し、一定範囲内にいる一番近い生存している敵に反応して自動的に火球が撃ち込まれる。
火球はガード可能だが、ダウン中の敵にもヒットし、モーション中でのヒットであれば炎属性が付加されている。体力の無くなった敵には反応しない。
移動中に発動すれば神術ゲージの続く限り連射可能。
火球は放たれるまで永久にプレイヤーの頭上に持続し続けるが、持続中に重ねて設置する事は不可能。通常神術に部類される割には火力が高め。
猪が消失する際に、法正の布を始め、李典の車輪・董卓の爆弾・長宗我部元親の音塊等の設置ギミックを起爆・消失させるので、設置技を持つキャラに持たせる場合は注意が必要。
チャージ神術
(グリンブルスティ)
グリンブルスティを操り、大暴れさせる一定時間グリンブルスティを操作。
□で攻撃、△で突進。✕で突進攻撃を行った後に元の姿に戻る。
マルチ中に一部のキャラで使うとゲームが落ちるため注意。
通常神術
(スリズルグタンニ)
スリズルグタンニに変身し、前方に突進する。猪そのものになって敵を巻き込みながら突進。
ダウン中の敵にもヒットする。
巻き込まれた敵は操作キャラクター前方で浮かび状態になる。
そして即座に地上攻撃に移行可能。移動系の神術では最も融通がきくので攻めの起点にするには非常に強い。
チャージ神術
(スリズルグタンニ)
スリズルグタンニを勢いよく前方に突進させる方向を定めながら猪を連続で発射。
ダウン中の敵にもヒットする。巻き込み性能は高い。

グレイプニル /
イスグレイプニル Edit

軍神テュールの力が宿る魔法の紐。
怪物をも封じる力を秘め、決して千切れない

  • 攻撃に特化したグレイプニル。
    防御に特化したイスグレイプニル。
    カオスオリジン対策で欲しいならグレイプニル、高難易度用や立ち回りに自信がなかったらイスグレイプニル。
神術性能解説
通常神術
(グレイプニル)
グレイプニルで敵を拘束するガード不能でダウン中の敵にもヒットする。
ハルパーやカドゥケウスと比べると巻き込む範囲が狭いが、威力はこちらが高い。
チャージ神術
(グレイプニル)
上空からグレイプニルを放ち敵を切り刻む着弾箇所を指定しそこに攻撃。ダウン中の敵にもヒットする。
□,△,○ボタンで3回まで追加入力可能。✕ボタンで即〆攻撃を出し攻撃を終了する。
炎属性が付加されている
範囲が狭く後方に弱いが高火力。固有神術を上回る火力を出すのも珍しくない。
通常神術
(イスグレイプニル)
グレイプニルを周囲に展開して攻撃を防ぐ全方位に衝撃波を発すると同時にバリアを張る。
衝撃波はガード不能気絶効果があり、ダウン中の敵にもヒットする。
バリア中は、一度だけ攻撃を無効化する※アーマー効果有
バリア中に下馬すると、その度に発動時の展開演出が発生するが、効果時間が伸びる訳ではない。
チャージ神術
(イスグレイプニル)
グレイプニルを放ち周囲の敵を絡めとる毛糸玉状に雁字搦めにしたイスグレイプニルの大玉を放つと操作画面が大玉に切り替わり、左スティックで大玉を操作して敵を巻き込んで吸着させて行く。
「一定時間経過/□,△,✕ボタンの入力/障害物との接触」で大玉が破裂し、巻き込んだ敵を吹き飛ばす。ダウン中の敵にもヒットする。
見た目や操作感が完全に某塊を転がして星を作るゲーム。このゲーム内で例えるならオーディンのC神術に使用感は近い。
基本的に大玉の方向制御と破裂以外のボタン入力操作は受け付けないが、大玉を放ってから画面が切り替わるまでの僅かな間に□or△ボタンを入力すると、大玉の操作中も武将を操作可能になる不具合がある。また、乱舞や合体神術などのカメラ演出がある技で、武将を大玉がある方向に強引に方向転換させられる。

ダーインスレイヴ /
コキュートス Edit

ダーインスレイヴ
英雄ヘグニの持つ、禍々しい力を秘めた魔剣。
呪われた刀身は獲物の生き血を啜るという

コキュートス
冥界に流れる川が姿を変えた魔剣。
呪われた刀身は獲物の生き血を啜るという

  • コキュートスは通常神術でカオスオリジンワンパン、チャージ神術が広範囲かつ火力バフでとても優秀なのでコキュートスがオススメ。
    ダーインスレイヴも弱くはないがチャージ神術が使いづらい
神術性能解説
通常神術
(ダーインスレイヴ)
分身を3体生成する。分身は一定時間行動した後、消えるダーインスレイヴを掲げて周囲に衝撃波を発すると同時に、分身を3体生成する。
衝撃波はガード不能で、ダウン中の敵にもヒットする。
分身はNPCキャラと同じ様に動く。そのため模擬戦では一切攻撃をしない。
分身の攻撃は神術扱いなので、戦功目標の神術撃破に加算されるが、武将は撃破出来ない?
分身は再度通常神術を使うか一定時間経過すると爆発する。
分身は味方武将扱いのため、煌武(1人につき+50%攻撃力UP)の効果にも反映される。
チャージ神術
(ダーインスレイヴ)
敵を一直線上にロックオンし、ロックオンした敵を一直線に斬りつけるロックも含めて全段ガード不能且つダウン中の敵にもヒットする。
ロックオン範囲は前方の横一直線。
なのだが、内部処理的にはロックオンで爆弾を植え付け、剣の薙ぎ祓いで爆破させてる感覚に近い。
そのため、剣の薙ぎ祓いがモロに当たりそうな大型モンスター相手でも、ロックオンしないと攻撃が当たらない。
逆に浮かないせいで当たらなそうなカオスオリジンもロックオンさえしていればきちんと当たる。
とまあ直線上のみで考えれば、一挙に攻撃出来るよう敵を纏めたり、当たらない敵が出てきて優先順位に悩む必要も出てくるのだが、ロックした敵を他の神器と共有できる点はこの神器にも適用される。アルテミス等大量の自動ロックオンが可能な神器で事前にロック飲みしてしまい、ダーインスレイヴのC神術を使うと、少し間を置いてロック範囲が元の一直線上のみにリセットされてしまうが、リセットする隙を与えず瞬時に攻撃を発動させれば、大量のロックオンをそのまま全て攻撃することが可能になる。
通常神術
(コキュートス)
前方にコキュートスを放ち着弾地点に瞬間移動する前方にターゲットを飛ばしてターゲット場所に高速移動。
全段ガード弾き効果があり、ダウン中の敵にもヒットする。
移動した瞬間に広範囲に衝撃波を発生させて浮かばせる。
太極図のモーションを元に組み上がっているためか、カオスオリジンに放てば爆発を起こして撃破する性質も引き継いでいる。
チャージ神術
(コキュートス)
敵の体力を奪い自身を強化する。溜めると強力になる構えてチャージ。長押しすればするほど放つ全方位衝撃波の威力と範囲が高まる。
動作中は蹌踉めかず、パワータイプならば剛体スキルで被ダメをカットし強引に最終チャージまで持っていけなくもない。
溜めないと周囲小範囲の敵をその場でダウンさせる。最終チャージ時の殲滅力は非常に高く、周囲広範囲の敵を吹き飛ばす。
ガード不能でダウン中の敵にもヒットする。

チャージ段階に応じて自己に火力バフを付与するが、チャージ時は無敵ではなくなる。
強化は溜め段階に関係なく30秒間維持され、更にアーマーが付与され神術や乱舞以外では蹌踉めかなくなる。
最大チャージ時は高威力な衝撃波で一掃した敵の数だけ体力を回復するので、キャラにはよるが吸生を抜いても高難易度を戦える程の安定感。

ブリージンガメン /
ハガラズ Edit

ブリージンガメン
女神フレイヤの力が宿る首飾り。
敵を魅了する黄金の中心から灼熱の炎を放つ

ハガラズ
女神フレイヤの力が宿る首飾り。
聖なる力で敵を退ける

  • カオスオリジン対策はどちらでも問題ないが、チャージ神術はブリージンガメンは威力が低く、ハガラズは癖があって使いにくく一長一短。どちらかというと能力があがるハガラズがオススメか
神術性能解説
通常神術
(ブリージンガメン)
衝撃波を放ち、攻撃に反応して爆発する炎を敵に付ける初期バージョンでは衝撃波で敵を怯ませる効果が無かったが、何故か走りから発動すると怯んだ。
衝撃波がヒットした相手にマーキングし(最大5人)する。マーキングは、プレイヤーから発せられた攻撃含む全ての判定に反応し、「一定時間の経過/判定に接触する」事で爆発して吹き飛ばす。
この爆発も神術攻撃扱い。ガードした敵の上からでもマーキング可能だが、爆発はマーキングされた本人であってもガード可能。爆発はダウン中の敵にもヒットする。
衝撃波は単発当てるだけでは僅かに怯むのみ。マーキングした後に再度衝撃波を放ち当てることで、ようやく先手を取りやすい浮かし状態に移行出来る。
マーキング時に限るが威力は割とある。カオスオリジンの対処も楽。タイマン時だと爆風でやや吹き飛ぶのが厄介だが、それでも先手が取れないという訳ではない。
但し、キャラクターによっては良くも悪くも想定し得ない影響が出ることがある。例えば、司馬昭であれば攻撃せずともそのマーキングに触れるだけで爆発が発生したり、郭嘉であれば敵にマーキングした瞬間にストックしていた旋回中の球が全て弾け飛んでしまう為、注意が必要。
1.05にて上方修正。マーキングした内の一人にでも当てれば一斉に起爆する。更に爆発の威力アップ。
チャージ神術
(ブリージンガメン)
ブリージンガメンの力を開放し、前方に光線を放つ攻撃持続中左スティックでゆっくり向きを変えられる。 構えといい光線の太さといいどうみてもかめはめ波である
1.05にて上方修正。スティック制御がかなり柔くなり、全体的な威力が上がっている。殲滅力も上がっているがノックバックを発生させるので至近距離でなければ高火力のフルヒットは出せない。
通常神術
(ハガラズ)
ハガラズの力を解き放ち自身を短時間強化する前方に破裂する衝撃波を放ち、敵を錐揉み回転させて打ち上げると同時に、短時間ではあるが攻撃力と防御力アップの効果を得る。
ダウン中の敵にもヒットする。
上昇値は非常に高く『進撃』と『堅甲』とも合算される。『堅甲』と組み合わせると大ダメージが微弱なダメージになる程。
その代償として衝撃波は自身の真正面にしか発生しないのでタイマンは特に注意。
チャージ神術
(ハガラズ)
飛距離によって効果が変わる氷塊を前方に発射する射程や射角を定め、定めた先に広範囲に炸裂する氷塊を投げる。
近距離なら氷塊が地面に広がる際に連続ヒットし、その後攻撃判定を纏った大きな霜柱が地面から出現ししばらく残り続け、触れた敵を弾き飛ばす。
遠距離なら、放った氷塊が上空で破砕し、広範囲に渡って割れた氷を地表に降らせる。氷は落ちると氷柱となって、ヒットした敵を氷結させる。あまり遠距離を指定しても、氷塊はそこまで到達する前に途中で破砕してしまう。中距離では氷の破砕が省略されるが、効果は同一である。郭嘉が使用した際は、氷塊の破砕時にストックしている旋回中の球が弾け飛んでしまう為要注意。
降魔杵のC神術にかなり近い。
ダウン中の敵にもヒットする。

ミョルニル /
ユル・ミョルニル Edit

雷神トールの力が宿る大鎚。
落雷と共に放り下ろす一撃は万物を打ち砕く

  • 基本的にユル・ミョルニル。モンスター・カオスオリジン対策に優秀。
    神速攻撃の性能次第だが、武将相手はミョルニルのほうが優秀な場面もある。
神術性能解説
通常神術
(ミョルニル)
ミョルニルを帯電させて前方に投げつける帯電させたミョルニルを、周囲の敵を巻き込みながら前方へ投げつける。ミョルニル接地時に帯電が弾け、地面に電流を走らせる。
接地時の電流に感電効果があり、ゼウスC2・帯電C5時と同じく、ヒットした敵を感電状態にさせ打ち上げる。電流が当たればガードされていても感電状態にはなる。感電した敵は、1秒後に小範囲を巻き込む落雷の追撃が入り、再び打ち上がる。落雷はダウン中の敵にもヒットするが、感電した本人も含めてガード可能。
神速攻撃との相性が良い場合があり、十束剣に近い運用が可能。
チャージ神術
(ミョルニル)
ミョルニルの力を解放し巨大な雷を発生させる着弾箇所を指定しそこに攻撃する。
ダウン中の敵にもヒットする。
通常神術
(ユル・ミョルニル)
雷球を生成し周囲に展開する。郭嘉の球のように自身を周回する雷球を4つ展開し、ヒットした敵を打ち上げる。
雷球はダウン中の敵にもヒットする。
バリアとして使うも良し、攻めの起点として使うも良し。怯んだ時点で神速アクションは弾かれなくなる。難点として、敵を打ち上げるため、空中への攻撃判定がないと攻撃が当たりにくくなるので注意。モンスターは打ち上がらず、怯み続けるため高相性。
雷球展開中に再入力すると雷球を四方に飛ばし遠距離を攻撃するが、射出まで常に回り続ける雷球を、狙った敵に当てる事は至難の業。また、キャラを切り替えると雷球の展開と四散がリセットされ、切り替え後に雷球が周回中でもその上から更に雷球を展開し、周回する雷球を増やすことができる。パーティーが全員ユル・ミョルニル持ちであれば、周回する雷球を無限に増やせる事になるが、ゲームへの負担が大きく処理が非常に重くなるので、展開は3回程度で抑えた方が無難。なお、いくら周回する雷球を増やそうが、四散する雷球は毎回4つのみで他は消える。
また、こちらも三國武将ならばトライデントのチャージ神術同様にExモーション前に雷球を展開すれば雷球にも天舞や天攻を乗せずとも属性を乗せる事が可能である
神速+10だと移動撃ちでも雷球を四方に飛ばす。
(9以下だと飛ばないのでバグの可能性あり)。
戦国武将に限るが、雷球展開時に神速アクションが弾かれると雷球の当たり判定が消失するという不具合が存在する。
確実に神速アクションが通る状況を作りたい。ver1.05で修正。
チャージ神術
(ユル・ミョルニル)
雷球を生成した後、雷球の位置に落雷を発生させる全段ダウン中の敵にもヒットする。
追加入力しなければ雷球が広がるが、障害物や勾配に当たると雷球は強制的に消滅するので注意。
初見では把握し辛いが、広がる雷球の範囲内にさえ敵が居れば、雷球が形成する円内の敵に全ての落雷分のダメージを与える。
動作中は空中判定扱いでスカるとワッショイされる危険性もある。
発動場所と空中判定扱いにさえ注意すれば問題ない。
火力はかなり高く、前述の通り敵を範囲内に巻き込んだ球体数に応じて更に火力は増加。通常神術で牽制しつつ安全に放っていきたい。
使い方さえ分かれば雑魚も武将も怪物すらも任せられる非常に強力な万能技に。

レーヴァテイン /
Ωレーヴァテイン Edit

女巨人シンモラの保管する伝説の剣。
刃から放つ炎は世界を焼き尽くすという

  • レーヴァテイン。
    通常神術は、敵の行動を阻害する能力こそ低いが、無敵移動はテクニックタイプが防御面に弱い面があるので相性がいい。攻撃性能こそ怯みを与えることしか出来ないが離脱と接敵を兼ねた技ではある。
  • Ωレーヴァテイン。
    通常神術はロックオンした敵の行動阻害。実質アルテミスの通常神術を見た目通りの攻撃範囲に改善した同一技。前方広範囲の敵を浮かせ状態に出来るので、神速アクションを持つ戦国武将との相性はいい。また所有者ではないが、この大量のロックオンを自身の属性攻撃へと置き換えられる朱然は、本来の持ち主らの誰よりもこの神器の真価を最大限に活かせる。チャージ神術は対モンスターで高火力と分かりやすい性能をしている。
  • どちらかに絞らずとも良いので使いやすい、もしくは相性がいいと思った方の神器をキャラ毎に装備させればいい。
神術性能解説
通常神術
(レーヴァテイン)
炎を纏って突進する。敵に当たると停止する攻撃力は低いのであくまでキャンセル、移動技専用。
通常攻撃ボタンか□,△ボタンでキャンセル可能。
また、突進はガード可能である。
説明文と異なり敵に当たっても停止しない。なので眼の前の敵将の裏をとる戦法にも利用できる。
チャージ神術
(レーヴァテイン)
前方に巨大な火球を落下させる着弾箇所を指定しそこに攻撃する。
ダウン中の敵にもヒットする。
通常神術
(Ωレーヴァテイン)
敵を察知して追尾する火の玉を降らせる一人辺りのダメージ量は雀の涙程しかないが(一応アルテミスと違って察知しした敵を漏らさず全て攻撃できる)、この技の持ち味はそこになく、それより前の察知にある。察知性能だけならアップデート後のアルテミスと同様今作随一の性能を誇り、索敵範囲は前方の異様に広範囲をカバーし、索敵人数はネクタルのC神術と同等だが、こちらは通常神術である。ただしマーキングはガードされる可能性があり、ダウン中の敵にはマーク出来ない。
察知(マーキング)した敵を中心に、ガード不能・ダウン追撃可能な火の玉を何個かランダムで追加して降り注ぎ、ヒットした敵を打ち上げる。攻撃範囲は索敵範囲よりも少し狭く、超遠距離だとマーキングしておきながら火の玉が届かない事もよくある。また目の前至近距離に限り、剣の横切りも当たり判定があり、火の玉同様ダウン中の敵にもヒットし、浮かせて微ダメージを与える。
背後は全く攻撃しないが、それでも降り注ぐ火の玉と見渡す限りの敵兵が一斉に打ち上がる光景は壮観。ローコストで優秀過ぎる察知性能故に、察知と追尾を共有出来る朱然が、本来の所有者らを差し置いて殊更相性が良い。神術単体では無いに等しい攻撃力も、マーキング直後に朱然に切り替えてC4を撃つだけで、画面を埋め尽くす程の大量の火矢が眼前を焦土と化す。惜しむらくは彼がこの神器を所有していないことだが、持ち主の一人はなんの因果か陸遜である。
また、ロックオンを手動で行うタイプ(ケルベロス・布都十束剣)や、一直線上の敵を対象に選択し攻撃するタイプ(ダーインスレイヴ・ミストルテイン改)でもロックオンの共有が可能で、そちらはロックオンがし辛い分攻撃力は高めなので有用である。
注意点があり、ヒット時に画面内から外してしまうとロックしていてもなかったことにされることと、調子に乗って印を付け過ぎると容易にゲームが落ちてしまうこと。あまり欲張リすぎないように。
チャージ神術
(Ωレーヴァテイン)
ボタン入力を行うたびに、前方に火球を発射する着弾地点を指定するタイプ。
□△○ボタンいずれかを連打する事で一定時間内に何度でも撃ち続けられ、チャージ神術ではネメアの獅子と同等の火力を持つ。ただし範囲はそれほど広くはない。
✕ボタンで即〆攻撃を行い攻撃を終了する。
全段ガード不能で、ダウン中の敵にもヒットする。

中国神話 Edit

降魔杵(ゴウマショ)/
金剛降魔杵(コンゴウゴウマショ) Edit

仙人が創り出した神秘の宝の一つ。
大地を揺るがし山を吹き飛ばす力を持つ

  • 通常神術が強力な降魔杵とチャージ神術が強力な金剛降魔杵なのでどちらでも問題ない。
    しかし金剛降魔杵の通常神術は気絶効果があるが、かなり吹っ飛ばしてしまうのでキャラを選んでしまい使いにくい。迷ったら降魔杵がオススメ。
神術性能解説
通常神術
(降魔杵)
降魔杵を地面に叩きつけ敵を打ち上げる通称「餅付き」。前方の広範囲にまで範囲は及び、当たった敵は錐揉み回転して打ち上がる。
ダウン中の敵にもヒットする。
追撃しやすく、立ち回りに適度に挟むだけで安定度が高まる。
チャージ神術
(降魔杵)
指定箇所に降魔杵を投げ爆発させる着弾箇所を指定しそこに攻撃する。
ダウン中の敵にもヒットする。
通常神術
(金剛降魔杵)
地面を叩き、衝撃波を前方に走らせる当たった敵を強制的に地面に降ろしながら、衝撃波で前方に運搬して行く。
ダウン中の敵にもヒットし、最終段に気絶効果がある。

付与効果は優秀だが範囲が通常神器よりも尖っている。
当たる度に敵との距離が離れてしまうので、かなりキャラクターを選ぶ。
仕切り直しとして使う分には強い。
チャージ神術
(金剛降魔杵)
降魔杵を投げ前方に空間の歪みを発生させる。歪みは周囲の敵を吸引し、一定時間後に大爆発する。
ダウン中の敵にもヒットする。
殲滅力がかなり高く、吸引時点で自由に動ける様になる。

太極図(タイキョクズ)/
渦流太極図(カリュウタイキョクズ) Edit

仙人が創り出した神秘の宝の一つ。
空間を操り森羅万象を思うがままに支配する

  • 基本的にはこれ!といったものはなく、カオスオリジンをワンパンできる太極図とチャージ神術が使いやすい渦流太極図なので好みに選んでも問題ない
神術性能解説
通常神術
(太極図)
前方に展開した陣に瞬間移動するカオスオリジンに向かって設置すると大爆発を起こし即死級の大ダメージ。
瞬間移動した際に足元に発生する太極図で周囲の敵にダメージを与えるが、威力が非常に低く特殊な効果も無いので期待は禁物。
足元に発生する太極図はダウン中の敵にもヒットする。&be;発射した球を敵にぶつけることで瞬間移動するので周りに敵がいないと何も起こらない。
Ultimateでは瞬間移動した際に足元に発生する太極図で周囲の敵の動作を一時的に遅くする
チャージ神術
(太極図)
陣を次々と展開し、瞬間移動しながら攻撃する3点の太極印設置した後、印に瞬間移動しつつ太極印を爆発させて攻撃する。設置の瞬間にも微弱ながら攻撃判定が発生する。
全段ダウン中の敵にもヒットする。
通常神術
(渦流太極図)
展開した陣の上にいる敵を自身の位置まで引き寄せる遠方にサーチ球体を投げて敵にヒットさせると足元に太極図が発生し、周囲の敵も含めて浮かせながらプレイヤーの目の前に瞬間移動させる。
ガード不能で、ヒット時に発生する太極図はダウン中の敵にもヒットする。
ブリージンガメンと同じく数に制限あり?その数を超えた敵が周囲に居ると狙った敵を移動させる事が出来ない。
チャージ神術
(渦流太極図)
太極図の力を収束させ、前方に光線を放つガード不能で、ダウン中の敵にもヒットする。ブリージンガメンと同じくかめはめ波だが、スティック制御がかなり利いて遠くにまで届く。
この光線に当たった敵をマーキングし、落雷を落としてダメージ。強烈なノックバックを発生させて吹き飛ばす。
ちなみに連続ヒットはしない。ダーインスレイヴの様に爆弾を植え付けて爆破している感覚に近い。

日本神話 Edit

十束剣(トツカノツルギ)/
布都十束剣(フツノトツカノツルギ) Edit

創造神イザナギの力が宿る聖剣。
秘められた魔力は様々な神変を現ずる

  • 十束剣は正式には「日本神話に登場する、神々が有する剣の総称」であり、正式名称ではない。
    伊弉諾の力が宿るという事から、この十束剣の正式名称は「天之尾羽張剣」であると考えられる。
    『イザナギノミコト』が所有する神剣で迦具土を斬り、黄泉の亡者たちを薙ぎ払ったと伝えられている。
  • 同じように、DLC神器の「布都十束剣」の正式名称は「布都御霊剣」であると思われる。
    『タケミカヅチ』が所有する神剣で、後に神武天皇に本人の手から授けられたと伝えられている。
  • 通常神術のリーチが長い、威力が高いチャージ神術の十束剣、十束剣より通常神術の火力が高く十束剣よりも多くの敵を巻き込める布都十束剣と、どちらも一長一短な性能。
    基本的にはどちらも強く、強いて言えば十束剣は防御優先、布都十束剣は攻撃優先。神速攻撃に派生させやすい織田信長・明智光秀は通常の十束剣が使いやすいか。
    ただ合体神術のチャージ具合は布都十束剣の方が上。パワータイプの素戔嗚、弁慶あたりは合体神術を使っていきやすい布都十束剣の方が使いやすいか。
    織田信長や応龍など、基礎スペック自体が超強力なキャラはどちらでも良い
神術性能解説
通常神術
(十束剣)
十束剣の力で分身を生成し、前方を攻撃する2つの分身を自身の左右に召喚して、計3つのカッター衝撃波を飛ばして浮かせる。
ダウン中の敵にもヒットする。
かなり遠くの敵まで当たるため強力な先制技、キャンセル技として活用できる。
ルナ・アルテミスと違い敵にガードされてしまうが、こちらは移動しながらの発動が可能であり、攻撃+離脱を同時に行える点が優秀。
またバグなのか仕様なのかは不明だが、一定の高さであれば坂道や階段に当たってもそのまま進み続けて敵に攻撃を当てることが可能
チャージ神術
(十束剣)
十束剣の力を解放し、前方に剣の雨を降り注がせる指定箇所に十束剣を降らし、最後に巨大な剣を落下させ攻撃する。
ダウン中の敵にもヒットする。
範囲が見た目より狭いのでターゲットを指定箇所の中心に置くようにしないとスカる場面も。
火力は高いので固有神術の威力が低いならば強敵排除に使う価値は有る。
余談だが、攻撃最中地面に着弾する前に他のキャラに切り替えると、切り替えたキャラの所持する神器が地面に着弾する。
最後の巨大になる神器攻撃も同様であり、モノによってはとんでもないサイズになることも。ちなみに切り替えた時点で攻撃判定は消失してしまっているので、ただのお遊び。
通常神術
(布都十束剣)
上空から十束剣を降らせて敵を打ち上げる前方広範囲に無数の剣を落として爆破し、敵を引き寄せながら打ち上げる。
ダウン中の敵にもヒットする。神術攻撃でありながら、神術で倒した時特有の敵が光って消失する演出が起きない。
火力もヒット数も優秀で、ダウン中の敵にも当たりそのまま高めに浮かせる。
元とはリーチで完全に負けているが、それ以外で勝るため一長一短。
そのヒット数の優秀さからカオスオリジンをこれだけで倒すことも出来るし、何より300〜1000ヒット数を稼ぐことも容易なので固有神術を活かしたいキャラには特に向く。
こちらも神器の召喚から着弾までに他のキャラに切り替えると、着弾する神器がそのキャラの持つ神器へと変わる。
(グリンブルスティであれば横たわったイノシシが何体も落ちてくるし、ケルベロスは小さ過ぎて地面に埋まる。神キャラの神器は見えない何かを降らせる)。
キャラを切り替えた場合、攻撃は布都十束剣を召喚したまでの数となる。
チャージ神術
(布都十束剣)
敵の頭上に数多の十束剣を降らせるケルベロス方式の手動型ロックオン。敵がガード中でもダウン中でもロックオンは可能。
ケルベロスとの違いは、方向転換が完全に不可能な点と、カーソルの速度は遅い代わりにロックオン可能時間が長い点。左右両方のスティックを同方向へ倒す事でカーソルの速度が倍になる点も同じだが、元々の速度が遅いためあちらよりは制御が難しくないが、
どちらにせよ他の神器とロックした敵の共有が可能なので、やはり一瞬で大量の敵を自動でロックするアルテミスやΩレーヴァテインに頼った方が手っ取り早い。ただロック可能な距離は手動型の方が長い。
一定時間の経過/再度△ボタンを押す事でロックオンが終了、無数の十束剣を操作キャラの背後から召喚し、ロックオン対象に向かって飛ばす。
剣はガード・ダウン問わずヒットするが、地形や敵の位置によっては、剣召喚時の向き及び発射角度の都合により、大量の敵をロックするほど、自身の正面の敵を狙う剣が左右の敵に引っかかって正面の敵にヒットしなくなる場合もあるので注意。
あと、アルテミス等を利用して大量の敵をロックした場合、無数に生えてくる剣の召喚演出が集合恐怖症の人にはかなりキツイかもしれない。
こちらも同様に剣の召喚から発射までにキャラを切り替えると、そのキャラの所持する神器が敵に向かって飛んでいく。

固有神器 Edit

今作から参戦する新キャラ5人はそれぞれ専用神器を持っている。

ケラウノス / ケラウノス改 Edit

ゼウス専用の神器
神術の詳細はゼウスのページを参照

イージス / イージス改 Edit

アテナ専用の神器
神術の詳細はアテナのページを参照

テュポーン / テュポーン改 Edit

アレス専用の神器
神術の詳細はアレスのページを参照

グングニル / グングニル改 Edit

オーディン専用の神器
神術の詳細はオーディンのページを参照

ミストルテイン / ミストルテイン改 Edit

ロキ、ペルセウス専用の神器
神術の詳細はロキペルセウスのページを参照

Ultimate追加神器 Edit

汎用神器2種と専用神器2種追加
専用神器はデフォルトで派生パターンもあり
汎用神器はDLCで派生パターンが追加

哮天犬(コウテンケン)/ ガルム Edit

哮天犬
大きさを自在に変えられる神犬。
水の力を操り、楊戩のために戦う

ガルム
冥府に近づく者を追い払う番犬。
凶暴で勇敢な戦いぶりで、主人を助ける

神術性能解説
通常神術
(哮天犬)
水流を呼び出し、敵を集める数歩先に呼び出した水の渦で周囲の敵を集めた後、哮天犬が2回吠える。
1回目の咆哮は地上ヒットで気絶効果、空中ヒットで吹き飛ばし効果。2回目は空中ヒットで引き寄せ効果。
2回目の咆哮は地上の敵を小さく仰け反らせるだけなので、気絶状態の敵を復帰させてしまう。
チャージ神術
(哮天犬)
巨大化した哮天犬を前方に突進させる前方広範囲の敵を錐揉み回転させて吹き飛ばす。
通常神術
(ガルム)
ガルムの咆哮で、敵の動きを止める前方広範囲の敵の動きを遅延させつつその場にダウンさせる。
全段ガード不能でダウン中の敵にもヒットする。
チャージ神術
(ガルム)
ガルムの遠吠えにより、冥府の力を呼び出す上空から隕石の如く冥府の力が落下し、画面手前から奥へと5回連続で地面に着弾して衝撃波を発生させる。
全段ガード不能でダウン中の敵にもヒットする。
  • 使用者
    勢力名前
    遠3楊戩

バイデント / トネリコの二叉槍 Edit

バイデント
冥府の力が込められた二股槍。
その切っ先から迸る波動は魂を吸い取る

トネリコの二叉槍
トネリコの木から作られた二叉槍。
不思議な力で植物を操る

神術性能解説
通常神術
(バイデント)
敵を気絶させるオーラを発生させる2本のバイデントを前方に投擲し、着弾箇所にオーラを発生させてヒットした敵の魂魄を抜き取る。発生したオーラには気絶効果があり、敵は魂魄を抜かれて気絶する。
チャージ神術
(バイデント)
上空から槍を落とし、周囲の敵から体力を吸収する着弾箇所を指定して上空から槍を落とす。広範囲にドーム状の波動が発生し、ヒットした敵から魂魄を抜き取って吸収し、体力を回復する。回復量は与ダメージに関係なく攻撃を当てた敵の数に比例。また、『吸生』と違い体力が尽きた敵にも効果がある
・着弾後にキャラを交替すれば、交替先の体力を回復可能。
・敵から抜き出た魂魄は回復効果のある攻撃判定扱いの為、吸収時にガード出来てしまう(体力は回復する)。ガードの硬直で長時間動けなくなるので要注意。また、一部キャラのバリアの持続時間等も削られてしまったり、オートガードやカウンターアクションにも反応して対応動作を引き起こし得る。
・回復前に乱舞などで無敵状態になると回復出来ない。
通常神術
(トネリコの二叉槍)
植物の力で、周囲の敵を縛り付ける全方位に衝撃波を放って周囲の敵をツタで2秒間拘束し続けた後、ツタが弾けて錐揉み回転させて打ち上げる(受け身不能)。
衝撃波はガード不能
拘束中の敵は行動不能で浮き状態になる。怪物やカオスオリジンにも有効。
ツタは神農のものと同じ見た目だが、性能は異なる。
敵集団に使うと、それぞれの敵を拘束していたツタが弾けた際に近くの敵にもヒットするため、すさまじくヒット数を稼げる。
チャージ神術
(トネリコの二叉槍)
槍を投擲し、当たった敵の動きを止める槍の投擲方向を指定して投げ、槍がヒットした敵をツタで2秒間拘束し続けた後、錐揉み回転させて打ち上げる(受け身不能)。
槍はガード不能。ツタは通常神術と同性能。
右側後方からの視点に切り替わり、照準も出ないので狙いを付けづらいが、槍は見た目より範囲が広いので多少ズレても当たる。
かなりの長射程(無限?)で、画面上に表示されている敵なら大体届く。

ヘカトンケイル / ヘカトンケイル改 Edit

ガイア専用神器
ヘカトンケイル改はストーリーモードの7章をクリアで使用可能になる
ガイアを参照

デスサイズ / デスサイズ改 Edit

ハデス専用神器
デスサイズ改はインフィニットモードの天空神の塔開放で使用可能になる
ハデスを参照

レプリカ神器 Edit

Ultimateのアップデートで追加の固有神器のレプリカ神器
通常・チャージ神術のどちらかが元の神器と似た性能に、もう片方は元の神器の持ち主のチャージ攻撃と似た性能に

Rグングニル Edit

オーディンの神器「グングニル」のレプリカ

神術性能解説
通常神術一定時間、周囲の時間を停止させるオリジナル版の通常神術。
基本的な性能はオリジナル版と同様。
背後に展開された刃が全て無くなるまで停止効果は持続するが、時間停止中に戦場時間に影響を与える技を使用すると刃の消失を待たずに停止効果が解除される。
オリジナル版よりも発生が早く、発動中は画面の色が変わらない(オリジナル版は紫がかった画面になる)。
チャージ神術魔力刃を地面から噴き上げて周囲を攻撃するオーディンのC5に似た性能。
魔力刃で周囲を斬り刻みながら溜め続け、最後に魔力刃を6本地面から噴き上げて敵を打ち上げる。
溜めている間は移動が可能で、一定時間を経過する毎に〆攻撃の範囲が2段階まで拡大する。また、「□/△ボタン」の入力で即座に〆攻撃を放つ。
溜め(短):魔力刃を9本地面から噴き上げて周囲を攻撃する
最大溜め:魔力刃を15本地面から噴き上げて周囲を攻撃する

Rイージス Edit

アテナの神器「イージス」のレプリカ
石化破砕はアテナのものと同性能。
イージス改のチャージ神術で生成するプリズムの効果も同様に適用される。
※プリズムが消失しても、アテナにキャラを交替しなければプリズムの効果のみ持続する不具合がある。

神術性能解説
通常神術イージスを投げた後、周囲の敵を石化させるアテナのC1に似た性能。
黄色い光を纏った盾を投げた後、戻ってきた盾を構えて正面に赤い光を放って敵を石化させる。
チャージ神術光の柱を操作して敵を石化させ、その後破壊するオリジナル版のチャージ神術。
赤い光を操作して敵を石化させた後、「一定時間の経過/□,△ボタン」で黄色い光を放ち破壊する。

Rケラウノス Edit

ゼウスの神器「ケラウノス」のレプリカ

神術性能解説
通常神術自身の周囲に雷を落とすゼウスのC1に似た性能。
落雷で周囲の敵を仰け反らせると同時に雷球を纏う。
雷球を纏っているときに発動すると範囲と威力が強化されて敵を吹き飛ばす。
ガード不能
雷球に攻撃判定は無い。雷球はキャラを交替すると消失し、引き継がれない。
于禁の赤黒い球や練師の光点と同時に出現させると、お互いの出現位置にズレが生じる。
チャージ神術雷球を生成し前方に放つ。自身に当てると雷を纏うオリジナル版のチャージ神術。
巨大な雷球を操作して敵を巻き込んでいく。
雷球を自身に当てると、落雷で周囲を吹き飛ばすと同時に雷球を纏う。
ダウン中の敵にもヒットする。

Rテュポーン Edit

アレスの神器「テュポーン」のレプリカ

神術性能解説
通常神術テュポーンを操作して敵を飲み込むアレスのC5に似た性能。
最後に周囲の敵ごと飲み込んだ敵を打ち上げる。
「一定時間の経過/✕ボタン」で即座に打ち上げ攻撃を放つ。
ダウン中の敵にもヒットする。
アレスと違い、飲み込んだ敵の数によって性能が強化されることは無い。
自身の移動速度が反映される。
チャージ神術テュポーンからいくつもの火球を放つオリジナル版のチャージ神術。
正面に火球を連射する。
ダウン中の敵にもヒットする。

Rミストルテイン Edit

ロキペルセウスの神器「ミストルテイン」のレプリカ

神術性能解説
通常神術周囲に植物を生成して、敵の体力を吸収するオリジナル版の通常神術。
枝を操り前方に衝撃波を発し、ヒットした敵を植物で拘束して体力を吸収した後、拘束を解いてダウンさせる。
ガード不能。オリジナル版と異なり、技中の方向転換が可能。
ロキと同様、拘束を解いた時に髪を掻き上げる仕草を行う。キャラによっては、中々貴重な瞬間を拝めるかもしれない。
チャージ神術狙った位置に植物を生成し攻撃するロキのC6に似た性能。
「一定時間の経過/□,△ボタンの入力」で着弾箇所を指定して上空から枝を落とし、着弾地点に巨大な植物を生やした直後、その周囲の敵を植物で暫く拘束して勢い良く振り解き、周囲を巻き込み吹き飛ばす。
ダウン中の敵にもヒットする。

Rヘカトンケイル Edit

ガイアの神器「ヘカトンケイル」のレプリカ

神術性能解説
通常神術ヘカトンケイルの腕を正面の地中から出現させるガイアのC2に似た性能。
6本の腕を上空へ飛ばして敵を打ち上げる。
ダウン中の敵にもヒットする。
属性が乗る。
チャージ神術無数の腕を呼び出し、一斉に発射するオリジナル版のチャージ神術。
18本の腕を前方へ飛ばす。腕は近くの敵を追尾して飛んでいく。
ガード不能

Rデスサイズ Edit

ハデスの神器「デスサイズ」のレプリカ

神術性能解説
通常神術回転する鎌を投げ、敵を引き寄せるオリジナル版の通常神術。
前方へ弧を描くように鎌を投げ、捕らえた敵を目の前で打ち上げる。
ダウン中の敵にもヒットする。
オリジナル版よりも発生が早く、捕らえられる数の制限も無いため非常に使い勝手が良い。
チャージ神術複数の鎌を召喚し、正面に放つハデスのC4に似た性能。
6本の鎌を前方に飛ばして敵を打ち上げる。
ダウン中の敵にもヒットする。
攻撃方向はほぼ前方のみだが範囲が広い。

コメント欄 Edit

Show recent 20 comments. Go to the comment page.

  • バイデントええやん
    ステータスインフレで吸生使わん機会も出てきたし、ちょい体力減ってる時に敵に大ダメージ与えつつ回復も出来るの優秀 -- 2019-12-27 (金) 05:53:59
  • 3Uから始めたんだけどハルパーの通常神術強すぎない?超範囲引き寄せ硬直皆無がキャラ問わずとにかく便利すぎてこれ使ったら他使えないんだけど… -- 2019-12-28 (土) 08:52:46
    • 3の頃はハルパー持ちはそれだけで勝ち組と言われてた。あとはわかるな? -- 2019-12-28 (土) 20:54:20
  • 神器付け替えしてる?わざわざ付け替えせずに固有だけぶっぱしてるわ、結局。 -- 2019-12-29 (日) 02:07:48
    • 元の神器が余程使いづらいということじゃなければそのままだな。使用感も変わってくるし -- 2019-12-30 (月) 09:13:17
  • 伸長20つけたカドゥケウスやハルパーの通常神術の射程やばくない?遠くの敵が一瞬であつまってくる。また、天攻と氷つければ、吹き飛ばないケルベロスになるな -- 2019-12-29 (日) 22:56:07
  • ナーフされたはずのネメアが属性レベル20まで増えてまた前のぶっ壊れ性能に戻ってる -- 2019-12-30 (月) 03:57:12
  • 太極図通常神術は3Uで打ち上げる効果が付いて強化された・・・・と言いたいところだけど、カオスオリジンに直撃させないと神術カウンターならなくなった(ゼロ距離じゃないと安定しなくなった)から寧ろ弱くなった気がする。 -- 2020-01-03 (金) 01:40:14
  • 戦国キャラは大体ハルパーか十束剣にしてる。ミョルニルも神速攻撃の起点には良いけど、チャージ神術でカオスオリジン一撃で倒せないのが困る。 -- 2020-01-04 (土) 20:52:49
  • 戦国キャラは困ったらハルパーつけて神速の後隙をハルパーでキャンセルして繰り返しだけでも食っていける性能 -- 2020-01-05 (日) 09:38:01
  • 付け替え自由のおかげで単純な性能のためにDLC神器買う必要は正直なくなったな -- 2020-01-05 (日) 14:58:04
    • ただネメアだけは唯一無二だな
      これの代替は存在しない -- 2020-01-05 (日) 15:00:48
      • ネメアの獅子の超性能は、弱キャラの救済措置のレベルだから。 -- 2020-01-16 (木) 12:14:21
  • 牛鬼にタラリアを持たせると文字通り暴れ牛になって面白い
    JNの瞬間火力を強力に出来るから神器の依存度も減ったしね。 -- 2020-01-08 (水) 12:05:34
    • JNってなに -- 2020-01-26 (日) 11:24:34
      • このゲームで言うと「ジャンプ通常攻撃」の事です。格ゲーなどでよく使われる用語かと思います。 -- 2020-01-26 (日) 12:44:57
  • 付け替え自由になったから各キャラページでおすすめ神器の欄も、と思ったけど、結局全員が同じ強神器でいいってなりそうだし、そもそもwiki編集を盛んに行うモチベがユーザーにないよね -- 2020-01-11 (土) 19:39:51
    • ハルパーで集めて主力技で一掃したら強い!みたいな分かりきった話ばっかりで、意外な強い組み合わせなんてほとんどないしなあ…
      比較的相性の良い組み合わせがあっても結局は素直に上位神器付けた方が強い -- 2020-01-16 (木) 12:43:28
  • Rテュポーンの通常は何の役に立つの?○か×押せば即解除できるのはいいけど -- 2020-01-25 (土) 01:36:32
  • Rグングニル 通常神術:時止め。メリットデメリットはオリジナルと変わらず。 C神術:オーディンのC5モーション。モーション中に雑魚の撃破は不可能で、出し切ってやっと雑魚を撃破可能。高火力でコマンド入力で即座にモーションを終わらせる。出し切った方が当然火力は出る -- 2020-01-25 (土) 19:07:41
  • このゲームはハルパーで敵を集めて殴るだけのゲームです。リーチが伸長で伸びるキャラが強キャラです。それがOROCHI3と言うゲームです。三国、戦国は本家をプレイしましょう。 -- 2020-01-26 (日) 11:28:21
    • そもそもオロチは天○をつけて敵を溶かすだけのゲームです。三国、戦国は本家をプレイしましょう。 -- 2020-01-26 (日) 12:10:30
      • 自分で縛るという事が出来ない俺は天攻天舞を削除してほしい。 -- 2020-01-26 (日) 13:19:44
      • 錬金武器まで行くと天〇無くても敵が溶けるけどな… -- 2020-01-26 (日) 16:29:31
      • それはキャラによるな。俺が使ってるキャラは錬金で天攻と属性てんこ盛りにしないとチャージ1セットで溶けない -- 2020-01-26 (日) 16:43:36
    • バイデントのが手っ取り早くて強くね・・・・? -- 2020-02-20 (木) 17:00:06
  • Rテュポーン使ってみた。
    移動しながらヒット判定で敵を吸う。自動開放の際にもヒット判定があるなのでコンボが途切れにくくなり、近くに敵がいるならコンボ持続用や敵をまとめて倒したい時に運送することが可能。短時間だが合体神術後に使うとキャラと同じく移動速度が上がる。
     
    モンスター(大型レイスは未確認)も食うことが可能。鳥が氷エフェクトを出していても食ったと同時に消失する。C神術、固有神術によってはまとめて倒せる。
    ただし吸った敵は多いと広がるようにはきだされてしまう。武器の範囲が短いキャラだと思うように生かせない。
    遠呂智で試したところ、敵を開放後にC1や無双奥義で全ての敵を巻き込めた。
    離脱などにも使えるが攻撃のテンポが悪くなるのはオリジナルと同じ。 -- 2020-01-26 (日) 18:17:58
  • 金剛降魔杵の通常神術って神速攻撃につなげられますか? -- 2020-03-26 (木) 08:57:07
  • ハルパーなんだけど浮かないんだよ。。。なんで? -- 2020-04-12 (日) 15:43:32
    • 武器に天◯+雷とかついてない? -- 2020-04-13 (月) 10:39:55
  • Rグングニルが完全に本来のグングニルよりも使いやすいとか言う事実 -- 2020-05-05 (火) 19:37:12
  • カドゥケウスとハルパーの通常神術って範囲同じですか? -- 2020-06-20 (土) 15:31:38
    • リーチはカドゥケウスの方がハルパーよりもかなり長いですね。相当離れていても牽制してくれるので。
      横の範囲はハルパーの方が個人的にやや広く感じますが、実用上は誤差の範囲な気がします。 -- 2020-06-20 (土) 20:23:48
    • 最終章の「運命を克服せし者」ステージ、北の通路の棒立ちサイクロプス相手に、伸長20をつけた島津義弘と豊久にそれぞれカドゥケウスとハルパーを持たせて通常神術を振ってみました。
      個人的な体感はどちらも同じ範囲です。
      同じ距離から放ってカドゥケウスが当たる位置ならハルパーでも当たる、ハルパーが当たらない位置ならカドゥケウスも当たらない。
      といった感じでした。 -- 2020-06-21 (日) 01:02:48
      • 追記:上下の範囲はカドゥケウスが上でした。
        同属性、同武将でインフィニットモード、小田原&宛城マップ
        小田原城の最上階への階段で試行。
        階段の踊り場に立って、階下にいる武将にそれぞれハルパーとカドゥケウスを使用。
        この場合、カドゥケウスなら最上階への階段側に引き寄せられましたが、ハルパーだと引き寄せることができませんでした。
        総合的にはカドゥケウスが上? -- 2020-06-21 (日) 02:43:45
  • 神器だけは変えないようにしないと面白くないな。DLCの上位神器は別だけど -- 2020-06-23 (Tue) 12:04:33
Name: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sat, 13 Jun 2020 05:04:38 HADT (21d)