Top > アレス

アレス Edit

https://kouryaku7.com/wp-content/uploads/2018/10/d73667b7f886535b8df2c08202ccee53.jpg

基本情報 Edit

使用条件五章「神への抗い」クリア
武器テュポーン
神器
タイプスピード
CV古川慎
特別友好曹丕井伊直虎ゼウス

紹介 Edit

尊大なる争いの神

争いと破壊を司る神。
ゼウスと正妻・ヘラの間に生まれた嫡男のため、非常に誇り高く、
人間や位の低い神に対しては尊大に接する。
神は人間を厳しく管理すべきだと考えており
人間となれ合う父・ゼウスの態度を苦々しく思っている。

攻撃方法 Edit

攻撃解説
通常神術「逆らうか!」
手に持つ双槍を巨大な空飛ぶ怪物テュポーンとして解き放ち、その背にサーファーの様に立つ。一定時間滞空可能で、弱ボタンと強ボタンで数発もの火球を吐き出させる。
攻撃力は高くないため緊急離脱用や移動技としての側面が強い。ジャンプボタンでキャンセルして降り立つ事が可能。
チャージ神術「はぁぁぁぁ…!逆らうか!」
前方に双槍を正面に構えて火球をガトリングの様に猛連射。方向転換可能。単発威力は高いとは言えない。射程が非常に長く、単体に当て続ければそれなりのダメージは出せる。対カオスオリジンの切り札。
終盤でハイパー化した彼と戦う時は注意。あっという間に燃えカスにさせられる。
通常神術
(テュポーン改)
左手の槍を構え、前方中距離まで届く赤い雷撃を発射する。
威力はそれほどでもないがヒット数に秀でており、一体の敵に対して最大で20ヒットする。雷撃は敵を貫通するので敵兵の群れに向けて放つとこれだけで1000ヒット近く稼げるが、浮いた敵に対しては著しく当たりが悪くなる。
雷撃には吸引効果があり、動作中の方向転換も自由自在。なるべく斜角を変えつつ出すと効率よくヒット数を稼げるだろう。
チャージ神術
(テュポーン改)
右手のテュポーンを小さなテュポーンとして解き放ち前方をロックオン。時間経過でテュポーンにエネルギーがチャージされ、技の性質が変化する。チャージ段階はテュポーンが纏うオーラの色で判別可能。ボタン入力することで即座に攻撃動作に移ることができる。
弱チャージ:テュポーンの口から小さな火球を扇状に放ち、前方180度全ての敵を吹き飛ばす。
火球の範囲、射程はかなりのものだが、威力がとても低い。
中チャージ:テュポーンが紫色のオーラを纏い、大きな火球を正面に撃ち出す。
範囲は弱チャージ状態に劣るが、こちらはその分威力が高め。
大チャージ:テュポーンが赤黒いオーラを纏い、正面に向け火炎レーザーを照射する。
レーザーの判定は大きく、見た目以上に敵を巻き込める上に多段ヒット。攻撃は前方遠距離まで届き、当然ながら威力は三段階中最も高い。
全体的な欠点としては大チャージ状態でないと満足な威力が出せないにも拘らず、チャージ中に敵に動き回られてしまうこと。雑魚敵はアレスの正面でウロウロするだけなのでそこまで気にはならないのだが、武将はお構いなしに背後に回り込んでくるので特に顕著である。チャージ中は方向転換可能なので上手く敵を狙いたいところ。
また、火炎レーザーは宙に浮かないモンスター系やカオスオリジンに対してやや相性が悪く、仰け反り続けることで攻撃判定の外に出てしまうことがある。
固有神術「ふっ…テュポーンよ!」「燃え尽きろ!」
上空に双槍に擬態したテュポーンを放り投げ、瞬時に巨大なテュポーンに変態させる。そのテュポーンに自身を飲み込ませ、テュポーンが炎を纏わせたアレスを口から勢いよく吐き出させ、そしてアレスが前方をスライディングしながら蹴り抜く。カメラワークが乱舞や奥義の様になり実に派手。
単発技なので上手く巻き込めないと悲しいことになる。初段の怯みこそガード不能だが、蹴り抜きが防がれることもある。
無双乱舞「竜と化せ!」「ふははははっ!消し飛ぶが良い!」
上空に放り投げた双槍に擬態したテュポーンが、二体の巨大なテュポーンに変態し前方後方にそれぞれ配置。前方のテュポーンに騎乗したアレスの命令により周囲の敵をガードごとぶち抜きながら吸引して、二体のテュポーンが合体。やがて吸引された敵がテュポーンから嵐のごとく吐き出され切り刻まれる。
ダウン中の敵も吸う。演出はやや長いが使い勝手は抜群。
通常攻撃双槍を軽やかに舞うように振るう。ダウン中の敵も拾う。全動作速度が既に速く高レベルの神速を付けると制御不能になる可能性があるが、安定性や爽快感を欲するならば神速は可能な限り積みたいというジレンマがある。
慣れてしまえば神速の値は最大でも問題ないが、通常攻撃とチャージ攻撃では性質がまるで異なるためにかなり癖が強く感じられるだろう。
それらを考慮するならば神速属性を積むなら段階制にすると良い。
1~3:右腕の槍で一突き→双槍で猛乱打→全身を捻らせて右腕の槍で袈裟懸けに斬る。
4~5:左腕の槍で右に払うように槍を振るう→右腕の槍で左に払うように槍を振るう。
6:左腕の槍で前方に小規模の火球を発生。
チャージ攻撃1右槍のテュポーンを小さなテュポーンに変態させて、前方に火炎ブレスを吐かせる。モーションの始点時点で周囲に見えない衝撃波が発生している。
全段属性付加。方向転換可能。
持続時間の関係か斬属性が乗っていれば武将やモンスターを溶かすように瞬殺可能。対武将の超主力。ダウン中の敵にもヒット。
完全タイマンでも距離が離れてる内にこれを出すだけで何とかなる。仮に相手が生きてたとしても追撃しやすいのでやはり何とかなってしまう。
チャージ攻撃2双槍テュポーンを巨大なテュポーンに変態させて、前方を旋回させる。このテュポーンには敵を飲み込む特性があり、飲み込んだ数に応じてフィニッシュの攻撃が変化する。ダウン中の敵にもヒット。
飲み込んだ敵が少なければ、上空で吐き出した敵に単発の火球を浴びせてフィニッシュ。
多ければ桜色のエフェクトがテュポーンに発生し、フィニッシュの火球が多くなり更に地面に疎らに降る。
更に多ければ赤黒いエフェクトがテュポーンに発生し、降り注ぐ火球が更に多くなる。こちらも出の早い主力として使える。
全段属性付加
チャージ攻撃3真上に放り投げた双槍テュポーンを巨大なテュポーンに変態させて、前方を押し潰す+気絶効果。アレスには貴重な単体技だが正直使い所に困る。属性付加。ダウン中の敵にも当たる。
チャージ攻撃4左右に放り投げた双槍テュポーンを巨大なテュポーンに変態させて、自身の周囲を旋回させて敵を吸引する。こちらもC2同様の特性あり。最後は吸引した敵の数に応じた火球を敵ごと吐き出す。
全段属性付加。ダウン中の敵も吸う。
チャージ攻撃5左槍のテュポーンを放り投げて巨大なテュポーンに変態させ、その背に乗る。そして自由自在に移動しながら、敵をドンドン飲み込んでいく。
飲み込む敵に制限はなくサイクロプスだろうがレイスだろうがお構いなしに吸う。腹壊すぞ。
飲み込んだ敵の数に応じて可能な移動距離と移動速度が早まっていき、最終的には馬より早くなる。ちょっとしたタクシー感覚。ダウン中の敵にもヒット。
最後はテュポーンを敵ごと爆破させてフィニッシュ。全段属性付加。超主力。
神速属性が乗るとより速く移動出来る。攻めの起点にするだけで凄まじく安定する。
属性計算式が特殊で、敵を飲み込んだ時点では属性ダメージは発生しない。爆破時点で纏めて属性ダメージを与している。

注意点があり、敵を吸引してから元の位置から一定以上離れた位置で爆破すると、敵が元の位置に戻り始める。移動するだけで攻撃動作に移らないのでC1なり当てれば良いが。
チャージ攻撃6前方に双槍テュポーンを放り投げてテュポーンに変態させる。そのテュポーンを操作していき、敵を飲み込んでいく。
飲み込んだ敵の数に応じてテュポーンが大きくなりテュポーンの操作時間も伸びていく。
最後は空中に移動させたテュポーンを地面に叩きつけて飲み込んだ敵ごと爆破する。全段属性付加
注意点としてテュポーンを遠くに行かせ過ぎると、吸い込み判定が無くなり攻撃判定もなくなる。更にアレス自身が棒立ちになるので危険。使うならアレスの周囲を旋回させる様にすると良い。ダウン中の敵をも(ry
ダッシュ攻撃勢い付けて前方を双槍で穿つ。
ジャンプ攻撃斜め下に双槍で猛乱打。直接にジャンプチャージに移行可能。
ジャンプチャージ地面に向けて双槍で突進。衝撃で全方位に衝撃波を発生させる。衝撃波が発生するまでの槍にも攻撃判定がある。全段属性付加。ダウン中の敵にもヒットし吹き飛ばすが、衝撃波以外はヒットしない。
スピードタイプなのでこれをジャンプキャンセルしてまたJCとかつての遠呂智の様な事も出来る。各C後に繋げて割合属性を当てるのも面白い。
騎乗攻撃左右を振り払う様に攻撃していく。割と使いやすい。
騎乗チャージ上空に双槍を構えてX字に振り下ろす。属性付加

武将考察 Edit

  • ストーリーでは中盤から登場。常に眉間に皺を寄せている鋭い容姿の青年。アレスとは戦の神であり、狂乱かつ荒々しい神として人々に畏怖されていた。
    アテナが戦の栄華と知略を司る正なる存在ならば、アレスは戦の負面を体現する存在。
    同じく、ゼウスという偉大なる父を持ちながらにして二人の逸話の方向性は真逆そのものとされる。
    • 華々しく戦果を挙げて万人の信仰を獲得したアテナとは違い、アレスはその立場から汚れ役を背負いやすく、信仰を獲得できても酷く偏っていたようだ。
      かと言って、アテナが悪辣な事をしてこなかったかと言えばNO。
      神話の殆どは詩人や書物から成り立っていたものなので立ち位置、性質が一貫している物もある意味珍しい扱いになる。
      衆目を集めるためにあれやこれやと後付がされているのが原因。一貫性など殆ど無い。
    • にべもない事を言ってしまうと神話、叙事詩などと大仰な呼ばれ方をしているものの、所詮は「桃太郎などと同列の御伽噺、一次二次含めた創作物」に過ぎない為、当時の流行に応じてその描かれ方が変わるのは無理もない事なのかもしれない
  • 本編では父であるゼウスの命に従い、不本意ながらも見下しきっている人間の元に介入し暗躍しようとする。
    が、開幕曹丕に真意を見透かされ、利用しようとしていた秀吉達にも怪しまれ、結局踊らされていた。
    元が元なので、こういう役回りになってしまうのも仕方がないのかもしれない。
    だが、ストーリーが進むにつれて彼は良い方向に化けていく。
    • そんな彼の性格を簡単に言うと残念系ツンデレ。真意を伝えない父も父だが、アレスもアレスで取っつきにくい性格をしているが為に凄まじく人間関係が拗れてしまう。何をするにもプライドが邪魔して素直になれず、自然とそんな役回りが巡ってきている。
      激情の裏にはとある葛藤があるのだが、最終盤まで中々表に出さず、鼻につく性格が強調されているのが更に何とも言えない感じを出している。
      • 一応フォローを入れるが、戦の神に何度も人間相手に敗北を喫させてなお真意を伝えない父親が間違いなく悪い。
        意識改革をさせるにしても限度という物が有るのだが、あの父親は限度を敢えて踏み超えてアレスのプライドをズタズタにしてる様にすら思えるので質が悪い事この上ない。
  • 彼が扱う怪物「テュポーン」だが、ギリシャ神話における最大級の怪物。
    存在そのものが天災とされ、風や炎を撒き散らし、ゼウスとの対決は文字通り世界を震撼させた。
    凄まじい巨体だが、無尽蔵のスタミナと地を砕く脚力で果ての果てまで駆け抜けるとされる。
    その様から、台風の語源にもなったとされたとか。
    何故、そんな怪物をアレスが使役するのかというと…
    • OROCHIにおける「アレス」は神話のアレスという存在に、「テュポーン」という怪物の戦闘能力と立ち位置を付与した存在に近いためだろう。
      ちなみに神話のアレスはテュポーンに相対して敗れてしまっている。

  • 通常攻撃ではテュポーンが擬態した二つの槍を素早く振るい、派生攻撃や固有技では大きさも性質も変幻自在のテュポーンを解き放って戦う。
    やや癖があるが、慣れてしまえば神界キャラの例に漏れず高難易度の戦場も自分のペースで乗り切れる。
    • 主力候補は各C。殆どの攻撃が全段属性対応という充実っぷり。
      特に機動力がずば抜けているC5で大量に敵を掻き集めた所にC1で纏めて焼き殺したりC2、C4→C1で雑魚や武将をより安全に確殺する戦法が有効である。その暴れっぷりは嵐の怪物と戦の神の名前を背負うだけある。
  • 更にテュポーンを使う攻撃全てはアレスが蹌踉めかなくなるという不思議仕様がある。(前作の鉄甲手の仕様を更に広めた様な感覚。)
    スピードタイプでありながら、パワータイプさながらの力押しが出来てしまう。
    加えてダウン中の敵も強引に拾う。
    • ただでさえ驚異的なタイマン性能を誇るC1の安定度がやたら高いのはそのため。赤化した武将や怪物が徒党を組んでる時はさすがに被弾を抑えるために距離を離すかC5を交えて封殺していったほうがいいが。
  • ジャンプキャンセルから繋がるJCも属性対応かつ非常に使いやすい。
  • 終盤の脅威となるモンスターはC5で吸い込みつつ動きを封じ、C1で瞬殺する事が安全。やられる前にやれの精神が大事。
    • 神術はどれもユニークな性能。弱神術は、渾沌のように飛び回れるしチャージ神術はオリジンを素早く倒すのに向いている。固有神術は第二の乱舞のような感覚。
    • 乱舞はやや演出が長いが殲滅力が優秀で、多段ヒットするためにゲージを稼ぎやすい。
      • 乱舞・奥義で指定数を撃破しろというミッションではこの乱舞は非常に使える。
        C5で敵を搔き集めた所をジャンプキャンセルをすると、敵集団が無防備なまま後方にダウンする。
        ダウンした敵集団の中心まで移動して乱舞を発動してやると、上手く行けば100体以上撃破できる。固有神術でも同じように撃破数を稼ぐことが可能。
  • 癖こそあるものの使いこなせれば非常に楽しいキャラ。
    とにかくC5を起点にすることで移動しつつ敵の動きを封じよう。
  • 注意点があり武将強化による分身スキルを獲得し、チャージ攻撃時に分身が発生すると吸引が弱体化する。
    • これは分身もプレイヤーに追随する様に敵を吸引するのだが、分身持続時間が短いために分身が消失した時点で分身が吸った敵を取り零すという現象を起こすのが原因。分身スキルは取らないことを推奨する。
  • ver1.04で突如として神器が追加された。
    名前はズバリ、「テュポーン改」。あの怪物をどう改造したんだという野暮な疑問はさて置き、性能は決して悪くない。
    かつての通常神術は逃げの一手としての側面が強い技だったが、そもそもアレス本体がオーバースペックなので余り使う機会が無かった。
    チャージ神術もタイマン性能は高いものの、範囲の狭さやテンポの悪さが駆け抜ける様に蹂躙するアレスには中々噛み合わず。
    それがどれも出の早い打開技、牽制技になっている。
    • 通常神術は出の早い前方ビーム。範囲は余り過信できずなるべく距離を保つ必要があるが、怪物を怯ませるには持ってこいの性能。これだけでカオスオリジンも対処出来るが、周囲に気を払わないと思わぬ反撃を貰うことも。
      対武将性能も高いが注意点があり、怪物がモーションに移行すると怯みを取れなくなるという弱点が存在している。なので怪物の群れはC5→C1で処理をした方がよい。改神器に通常神器。2つともどうも怪物処理に向かないのは、原典じゃ怪物のテュポーンに敗けたからか。
    • チャージ神術はチャージしていくごとに性能が跳ね上がる。だが、最大威力を出そうとすると敵に囲まれがち。
      カオスオリジン用と割り切るなら溜めずに即座に放っていい。
      雑魚を上手く巻き込めれば殲滅力も高くなる。
      • 即撃ちは扇状に火炎玉が散る関係上、収束点で上手いこと全段を当てるように調整すればタイマン火力は高い。1hitでも雑魚を狩れる火力なので非常に使いやすい。
      • 前方に怪物が固まっているなら最大チャージも一考の価値はあるが、C5→C1(必要なら通常神術怯ませ)で大抵はゴリ押せるので…
    • 今の所は、攻撃技として使うのではなくアレスの僅かな穴を埋める縁の下の力持ち的な神器という印象が強い。

武器データ Edit

◆◇◇◇◇ 
ケオ・テュポーン
◆◆◇◇◇ 
イラ・テュポーン
◆◆◆◇◇ 
タブ・テュポーン
◆◆◆◆◇
◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆
(ユニーク武器)
テュポーン
禍嵐の竜槍
◆◆◆◆◆
(レジェンド武器)
シグマテュポーン
Σテュポーン

武器属性考察 Edit

※調和、練磨、目利、武勲、報酬、蒐片、蒐集、神得、騒鈴
これらの戦闘には直接関わらない属性と複合属性は割愛しています。

属性相性コメント
地撃×テュポーンを解き放たん攻撃を伸ばしたとてまるで意味は感じられんな。
空撃×おのれ…!これだけ空を飛んでいるというのに属性が乗らぬというのか…!?
天撃ほう、我がテュポーンの圧倒的さに気付いたか。純粋に火力を伸ばしたくばこれらの属性を使うのだな。
乱撃
神撃
伸長吸引がより強まり、テュポーンの進化と殲滅速度が更に早まろう。無くてもまるで困らぬがな。
神速俺の攻撃速度は十分速い。手が付けられん速さになっても俺は知らんぞ。
だが、各Cの回転率が更に上がるのは大きな強みになろう。
戦場をより速く蹂躙できようが、付けるなら各自で調整せよ
恵桃×生憎、俺のC攻撃は吸生の吸収効率が高い。
恵酒ほう…俺に美酒を献上するとは殊勝な心掛けよ。
乱舞や固有神術を乱発したくば入れるが良い。
収斂我がC1や乱舞ならば、より稼げよう。だが、何故俺が人間如きの力を借りねばならぬのだ!
勇猛不要だ。斬属性が乗った俺のC1の火力ならば神も魔物も敵では無い!
主にC1以外の火力補助に使えるやもしれぬが枠が埋まっていよう。
×我が各Cの火力が下がる!なんだこの属性は!
被弾が気になるのであれば先ずはC5を起点に立ち回るように心掛けよ!
フハハ!斬と組み合わせれば俺に倒せぬ存在などおらん!
C1のヒット数を欲したくば入れるがよい。
フハハ!これは良い!我がC1で神々も魔物も即座に消してくれよう!
進撃ヒット数を稼げる俺と相性が悪いはずがなかろう!
堅甲チッ…視界外から俺を封殺しようとする不届き者には必要かもしれんな。
属性火力ならば過剰なまでに叩き出せる故に進撃より先んじても構わぬ。
快癒×このようなちっぽけな回復量でどう満足しろと言うのだ!
煌武×ふん、無双の力を誇る神々が他者と並び立つこと自体が稀有と知れ!
…力を貸して欲しくば貸してやろう。貴様ら人間は余りにも脆いのだから、庇護する者は必要であろう。
吸生高難易度では無ければ話にならん!
吸活我がテュポーンの力を更に自在に使いたくば入れると良かろう。
天攻乱舞や神術に属性が乗ろう!やはり俺こそが無双!皆の上に立つべき存在よ!
天佑×おのれ…!俺に恥をかかせようとは…!
天舞悪くはないが相性では天攻に劣ろう。
誘爆確実に発動する訳ではないようだがテュポーンで駆ける時に発動すれば愉快なことになるだろうよ。
烈風元より武将への火力は足りている。過剰火力にしても意味はあるまい?
猛襲×我が槍ではなく、我がテュポーンに火力を乗せろ!
猛砕斬属性があれば火力は事足りるが敢えて入れてみるか?デメリットが大きすぎるがな。
迅雷位置取りに気を払えばそう被弾することもなかろう。
そもそも俺がテュポーンを操ってる時にはアーマーが付く。C5を使いつつも適度にジャンプキャンセルを活用するのだな。
再臨×チェックポイントを活用すれば何度でも俺は蘇る。俺は神の王になるためならば何度でも立ち上がろう!
流星×戯け!ヒット数なら足りていよう!
過剰に稼いでも無意味よ!
怒濤×/○人間から得た調査結果を見るに……ふむ。
我らOROCHIキャラクターは神術ゲージの伸びが早まる…だと?
……クソッ!俺の神術は敢えて連発するものでもない!父上やアテナに渡しておけ!
ゼウス「急くなアレス。確かに通常神器ではその評価を下すのも無理からぬ事だが、儂らに与えられた改神器は大きな力になるだろう?」
巨星×……おい、何だ。この屑にも劣ろう属性は?
暴風元より殲滅力に関しては俺は群を抜いている。父上に差し上げてやれ。
付けるならC1主体になろうが、結局C5→C1で尽くを封殺しつつ掃討出来る。
これぞ戦の神の力というものよ。
無心×俺を使いゲージに困り、敵の殲滅に時間を要すか?
それが答えだ。

コメント欄 Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • c1があほみたいな威力 -- 2018-09-30 (日) 23:34:45
  • C1ワロタわ。Ultimateの属性全振りの酒天みたいな火力とヒット数。
    タイマンはこれに任せてダイソンドラゴンで駆け回って纏めた所に無双使う立ち回りが安定する -- 2018-10-02 (火) 04:03:05
  • この駄目っぽいのが好き -- 2018-10-02 (火) 21:02:51
    • 敵の時も味方の時もおいしいキャラだよねえ -- 2018-10-04 (木) 09:57:20
  • あれだ、態度がさらにでかくなった鍾会だ -- 2018-10-02 (火) 21:04:20
    • 確かに口だけじゃなくて性能もちゃんと高いところまで似てるわ -- 2018-10-02 (火) 21:12:46
  • 伸長の微妙仕様がゼウスに押し付けられててワロタ -- 2018-10-04 (木) 21:58:54
  • 溢れ出るベジータ感 -- 2018-10-05 (金) 23:53:04
  • 何か敵を吸い込んだ敵の火力と吐き出した火力がエグいから調べたらC1に限らずテュポーンで吸い込ませる攻撃は全段属性付加っぽい
    持続時間の関係でC1がタイマンで全部溶かしてるってだけで全部エグいよコイツw -- 2018-10-06 (土) 11:28:19
  • 慣れたら神速入れると良いよ。C5がすっげえ早くなるしスムーズにテュポーンで敵を吸える。
    ぶっちぎりの最強ではないが、全キャラ中でも最上位レベルの性能はあるよね -- 2018-10-07 (日) 07:08:49
  • 次回作辺りで綾御前の玩具になってそう -- 2018-10-07 (日) 13:21:37
  • 綾ちんと春華さんと阿国さんに蹂躙されてほしい -- 2018-10-08 (月) 01:20:03
    • ボロボロのアレスのアフターケアは練師にお任せ!
      鍾会の時と同じ感じになりそう(笑) -- 2018-10-08 (月) 01:35:27
  • なんか髪型のせいかアレスさん見てるとゼノブレ2のサタヒコが想起する。それはそうとかませ扱いされても苦情が出ない辺りアレスさん無双的にも原典的にも良いキャラというか良いポジションよね。 -- 2018-10-09 (火) 03:15:40
    • 敵側でかませ犬をきちんとこなして味方になればきちんと汚名を晴らそうとするからアレスは今作で一番好きだな -- 2018-10-09 (火) 04:25:39
    • ストーリー上は噛ませながらゲーム攻略上は神らしく強敵なのもいいね、チャージ神術怖いです -- 2018-10-09 (火) 06:38:01
  • 殲滅力もモンスターや武将相手も最高クラス。C5はスピードも移動距離も凄まじい。最強キャラの一角 -- 2018-10-09 (火) 05:30:35
  • 無双で〇〇体倒せ系の目標は乱撃・恵酒つけたアレスが最適? -- 2018-10-09 (火) 16:46:34
    • 演出が長いからちょっとテンポ悪いかな
      吸い込み時点でガード不可能だし範囲広いから強いのは間違いないんだけどね -- 2018-10-09 (火) 17:48:04
  • ↑乱舞は演出長いけど確殺感はある -- 2018-10-12 (金) 17:54:22
  • 某スタンド使いみたいな髪型 -- 2018-10-25 (木) 00:12:59
  • 鉄甲手仕様って嘘だろって思ったらマジだった
    戦の神すげえな -- 2018-11-07 (水) 19:12:44
  • 新神器 通常の方はタクシーより断然使い勝手いいけどチャージはお好みって感じかね -- 2018-11-07 (水) 22:09:54
  • 人をいつまでも舐め腐ってたのが原因とはいえ、本来かかずに済んだであろう屈辱や恥を何度も何度もかかされて、それでもコンプレックスに折れないでやっと本意をいつまでも語らない親父の降臨っていう役目を果たして聞けた本意が「人と遊びたかった(建前)」←こんなんアレスの性格抜きにしてもブチ切れますわ -- 2018-11-20 (火) 03:55:29
  • C5で敵将を遠くまで連行するのすき -- 2018-11-22 (木) 00:51:59
  • 今回のDLCでの親父のトリックスター振りを見ていると、その内アレスの胃に穴が開きそう…… -- 2018-11-30 (金) 17:17:12
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Sun, 09 Dec 2018 03:48:01 JST (6d)