Top > 応龍

応龍(オウリュウ) Edit

https://kouryaku7.com/wp-content/uploads/2018/10/8391f6e9b69818071feb89d7e556e960.jpg

基本情報 Edit

使用条件陣地強化
武器双龍剣
神器十束剣
タイプパワー
CV真殿光昭
特別友好伏犠 素戔嗚

紹介 Edit

硬骨なる仙界の守護者

仙界の勇将。
伏犠ら猛者と肩を並べ、仙界に勃発していた魔物との戦いで功を上げた。
敵に斬り込む勇猛さが、上下を問わず誰からも評価されている。

攻撃方法 Edit

攻撃解説
固有神術「俺が仕留めよう!」
頭上に出現した十束剣を手に取り、金色の衝撃波を伴う突きを正面に放つ。衝撃波は前方遠距離まで到達したあと大きな爆発を起こし、周囲の敵を吹き飛ばす。
初段はガード不能。〆の爆発の攻撃範囲は広く、技全体を通しての射程も非常に長い。
威力自体もさることながら合体神術ゲージの溜めやすさにも秀でており、〆の爆発を敵の集団に上手く当てられればそれだけでゲージを満タンにできるほど。攻撃動作に移ったあとは方向転換ができないので、そこだけは注意が必要である。
威力、範囲、合体神術ゲージの確保とこのゲームに必要なものが全て揃ったまさに切り札というべき代物。
以前は初段の衝撃波でカオスオリジン・グリフィン・レイスにとどめを刺すとその場で硬直し倒れなくなってしまうというバグ、もとい欠点があったが、ver1.05にて無事修正された
無双乱舞「その身に刻め!」
切り上げと共に衝撃波を放ち敵を打ち上げ、自身も飛び上がる。そして左右の剣を順番に振りカッター衝撃波を4回飛ばし、最後は一回転しつつ一際大きな動作で特大のカッター衝撃波を前方遠距離に飛ばして〆。
初段の打ち上げはガード不能。全体を通してヒット数を稼ぎやすく、攻撃範囲も良好。敵武将に対して使うと途中で受け身を取られて〆の一撃がスカることもあるので注意。
乱舞後は武器が強化状態になるという利点もあるが、本作の応龍の主力は固有神術なので、あまりこちらに無双を回す機会は少ないか。
通常攻撃両手に持った剣を振って攻撃。
動作が大ぶりなため攻撃は後方にまで届き、また剣は2本あるため全てが2ヒットする。範囲も優秀。N6に属性付加
強化時:各攻撃のリーチが伸び攻撃判定の隙も激減、ほぼ全方位攻撃となる。
チャージ攻撃12本の剣を地面に突き立て、周囲にガード不能の衝撃波を発生させる。衝撃波に気絶効果あり。攻撃後、武器が青オーラを纏う
武器がこのオーラを纏っている際は特定のC攻撃が強化され、一度対応している攻撃を出すとオーラが消費されるという特性がある。
チャージ攻撃22本の剣を片手に束ねて敵を打ち上げる。
EX攻撃C2で打ち上げた敵に追撃の切り上げを見舞い、ドリル状の竜巻を発生させて攻撃する。攻撃後、武器が青オーラを纏う
動作中は一歩も動けないが方向転換がかなり自由に利くので、向きを変えて好きに攻撃できる。また竜巻はヒット数に優れ、かつ全段属性付加と非常に高性能。武器の強化もできるので、積極的に狙っていきたい。
チャージ攻撃3両手に持った剣を同時に前方に突き出し、その後刀身の腹で敵を吹き飛ばす。
武器を強化しないと属性も乗らず、範囲もやや物足りない。
強化時:2段目の攻撃に前方遠距離まで届くカッター衝撃波が付加。また衝撃波に属性付加
前作では強化時に全方位を攻撃できるドーム状の衝撃波が付与されたのだが、本作ではやや弱体化してしまった。
チャージ攻撃4両手の剣で敵を打ち上げたあと、剣を束ね大きく横に薙ぐ2段攻撃。
2段目の攻撃範囲が広く、動作の関係上判定が自身の右ななめ後ろまで伸びている。このままでも充分主力技にできるが、やはり武器を強化した状態で使いたい。2段とも属性付加
強化時:C3同様、2段目の攻撃に前方遠距離まで届くカッター衝撃波が付加され、そちらも属性付加
チャージ攻撃5束ねて持った剣で敵の足元を払って浮かせ、そのまま上段から剣を叩きつけ衝撃波を起こす2段攻撃。攻撃後、武器が青オーラを纏う
2段目の衝撃波の判定は前方に偏っているが、その範囲は広め。2段とも属性付加
強化時:2段目の衝撃波が全方位攻撃になる。強化前同様、こちらも属性付加
チャージ攻撃6剣を束ねてX字を模した斬撃を見舞い、その後くるりと一回転して前方の敵を薙ぎ払う。
最後の横薙ぎの範囲が広く、これだけで前方180度をカバーできるほど。加えて3段全てに属性付加と、文句なしの主力技。
強化時:C3同様、3段目の横薙ぎにカッター衝撃波が付加される。こちらも属性付加
ダッシュ攻撃2本の剣で袈裟切り。
ジャンプ攻撃左右の剣で挟み込むようにして攻撃。
ジャンプチャージ着地と同時に束ねた剣でズドンし、地を這う短射程衝撃波を正面に飛ばす。攻撃後、武器が青オーラを纏う
強化時:衝撃波が青オーラを纏い、前方中距離まで届くようになる。
前作では装備アイテムにジャンプキャンセルを可能とするものがあったため、この攻撃をコンボに組み込みつつ武器の強化ができたが本作では同様の立ち回りは難しくなった。
騎乗攻撃両手の剣を振って右側を攻撃。
範囲はそれなりだがやや振りが遅い。
騎乗チャージ剣を右手に束ねて振り上げ、右側の敵を浮かせる。

武将考察 Edit

  • 勇猛果敢な仙界の将。本編より以前、仙界にて伏犠らと共に戦っていた。
    • 元ネタは中国神話に於ける神獣。「応龍」というのは個人的な何かを指すものではなく、翼を持つ龍全体を表す種族名のようなもの。治水の力を持つとされ、自在に雨を降らし水を蓄えることができたという。
      大体の場合は四本の手足と大きな翼を持つ姿で描かれており、言ってしまえばそのフォルムは西洋的な「竜」である。
  • 今作では陣地強化で解放されるキャラなので本編には登場せず。
    しかし伏犠ら仙界軍の口からその名を聞くことができるなど、完全に忘れ去られたわけではない。そのせいでシナリオに矛盾が発生しているが
  • ウェーブのかかった長い頭髪、偉丈夫である呂布に劣らぬ身の丈、極め付けは縦に奔る瞳孔など、その容貌は"とあるキャラ"そっくり。
    • 彼のテーマ曲「HALF LINE」は爽やかながらもメロディアスなギターリフがもの悲しさとカッコよさを醸す名曲であり、プレイヤーからの評価も非常に高い。
      またこの曲自体もその"とあるキャラ"のテーマ曲のフレーズを摘まんでいる。なんとも芸が細かい。
  • 以下、彼の設定と上述の矛盾点について。ネタバレを含む為反転。
    遥か昔、仙界が玉藻前によって差し向けられた魔物の群れによる襲撃を受けていた際、玉藻前は神鏡に封じられている自分の力を取り戻すため、応龍に接触して「仙界の長である天帝こそが、魔物の群れを操る真の黒幕」と告げ、真っ直ぐな正義感を持つ彼を疑心暗鬼に陥らせる。そしてその後、応龍は「天帝を守りに行く」という事を口実に伏犠らと別れ、単独で天帝の居城へと事実確認に向かった所、丁度天帝が神鏡を使って魔物達を消している現場を目撃。実際には、天帝は魔物の群れを神鏡に封じていただけだったのだが、その光景を見た応龍は「神鏡は魔物を自在に出し入れ出来る物で、天帝がそれを使って仙界に混乱をもたらしている」と信じ込み、天帝の制止を聞かずに神鏡を破壊。その際、割れた神鏡から溢れ出した瘴気を全身に浴びてしまったことで魔王・遠呂智へと変貌し、そのまま天帝を殺害した。そこにようやく伏犠が駆けつけ、魔王・遠呂智が発見された……というのが『Ultimate』の追加ストーリーで明らかになる歴史改変前の真相であるが、今作は妖蛇討伐ルートで英雄達が帰還した真EDの続編であるため、「英雄達が帰還しなかった世界線」に当たるUltimateの追加ストーリーは考慮に入れてはいけないはずである。当然ながら歴史改変前の正史ルートの伏犠はおろか、応龍が遠呂智へと変貌する現場を目撃した仙界の住人は、殺害された天帝を除いて一人もいない。また、当時仙界は仙人達が各地で手が離せないような戦況であり、かぐやの力で過去を変えてしまうとそのギリギリで保たれている戦線が崩壊する恐れがあったため、当時の時代へ行くことは禁忌とされているという設定がある。そのため、仙人達が自力で遠呂智の正体が応龍であると突き止めたと取れる今作の伏犠の発言によって矛盾が発生してしまっている。

  • アタッカータイプは前作同様パワータイプ。神器は一部の仙界勢と同じく十束剣である。
  • EX1、C5で武器を強化しつつC4~C6を繰り出すのが基本的な戦闘スタイル。強化時にのみ属性が乗る攻撃もあり、ややこの状態に依存しているといえる。
    乱舞、C1とJCでも武器の強化は行えるが、前者は無双ゲージの消費が激しく、後者二つは隙が大きい。
    • EX1は武器の強化も出来る上に多段ヒットし、その全てに属性付加という優秀な技。対モンスター、対武将では非常にお世話になるだろう。
      即座に出せるC2から派生する、という部分も使い勝手のよさに拍車をかけている。
  • C4、C6はどちらも前方に対して広い攻撃範囲を持つ。強化状態ならば長射程の衝撃波が付与されるので、武器の強化が成されている状態なら積極的に振っていきたい。
  • C5もEX1同様攻撃しつつ武器を強化でき、C5自体も強化状態で繰り出せば技の範囲が増す。唯一この技のみ強化状態を維持しつつ連打できるが、攻撃後には少し隙があるのでそこを削られる心配がある。
  • ガードキャンセルや通常神術など前作にはないキャンセル手段を得ることとなったが、EX1などをキャンセルする場合タイミングに注意。武器の強化が済む前にキャンセルしてしまうことがある。
  • 固有神術は非常に強力。威力が高く合体神術ゲージの溜まり具合も良好なので、この二つだけに絞って武器属性を選んでも全然OK。
    また攻撃範囲が広く撃破数を稼ぎやすい固有神術と、撃破数に応じて神術ゲージの溜まりやすさを補助してくれる怒涛もすこぶる相性がいい。応龍に関しては怒涛は必須と言ってもいいだろう。

武器データ Edit

◆◇◇◇◇ランソウリュウケン
藍双龍剣
◆◆◇◇◇ソウリュウシンガチン
双龍神牙剣
◆◆◆◇◇ソウリュウガセンケン
双龍牙仙剣
◆◆◆◆◇
◆◆◆◆◆
◆◆◆◆◆
(ユニーク武器)
ムソウリュウケン
無双龍剣
◆◆◆◆◆
(レジェンド武器)
ヒキョウソウリュウケン
緋鋏双龍剣

武器属性考察 Edit

※調和、練磨、目利、武勲、報酬、蒐片、蒐集、神得
これらの戦闘には直接関わらない属性と複合属性は割愛しています。

属性相性コメント
地撃強化状態を維持できれば通常攻撃も実用的になるのだが、枠が足らないだろうな。
空撃×乱舞にも効果があればよかったのだが…そう上手くはいかないようだ。
天撃俺の主力はC攻撃なのでな。
怒涛を採用して神術に特化させるのならば必要ないが。
乱撃今回の俺はゲージを固有神術に回すことが多い。乱舞を使う機会は少なかろう。
神撃攻撃範囲の広い固有神術に火力を上乗せできれば、より殲滅の効率が増すだろうな。
伸長各種攻撃で発生する衝撃波の射程が伸びるぞ。
固有神術の判定も強くなるというのであれば付けぬわけにはいかないな。
神速仙界の秩序を守るため、より迅速に働くとしよう。
恵桃×玉藻前「応龍様、良き属性を見つけました。これさえあれば吸生は不要でしょう。」
そう何度も騙されるものか!殆ど出なかったぞ!
恵酒広範囲を攻撃できる固有神術や合体神術とは相性がよかろう。
まあ合体神術には一定時間無双ゲージが減らなくなる効果もあるのだがな。
収斂敵の群れ具合にもよるだろうが、固有神術ならば一息に合体神術ゲージを溜められるぞ。
安定性を高めると言うのであれば採用の余地はあるかもしれないな。
勇猛武将やモンスターなどは要対策の筆頭だ。
浮かせることは苦手ではないのだが、枠が余るかどうかは判らないぞ。
攻撃範囲の広さを活かせば多数の敵を一挙に凍らせることもできよう。
だが斬に頼るのならこれは不要だ。効果を阻害してしまうからな。
スキルによって敵の防御を崩せるが、追加ダメージというものも…
ナタ「へえ、応龍には必要ないものなんだ。だったらこれはボクが貰っておくよ」
ま、待てナタ! 何を勝手に!
ヒット数が稼ぎやすくなり、安定性の向上にも繋がろう。
多段属性技を多数持つ俺に合わないはずがないな。
進撃300コンボ程度なら容易いことだ。
火力を高め仙界に蔓延る邪悪を一掃するとしよう。
堅甲高難易度だとモンスターの一撃であっけなく散ることもあるからな。
備えることは重要だ。
快癒×俺ではコンボを維持するのは厳しいな。
ナタならばまだ活かしようもあるだろうが。
煌武×天帝「この属性を付けるのは、やめよ応龍」
天帝!?何故この様な場所に…!?
だが何故だ…遠い未来、これを使いこなして戦っている俺の姿が見えるのだが…。
吸生仙界の将たるもの、己が身は己で守らねばな。
吸活俺は合体神術を多用できるぞ。各種攻撃範囲の広さから恵酒も候補に入ろう。
だがこちらは安定性で勝る。自分に合った道を探すのだ。
天攻属性の搭載された乱舞と固有神術、受けきれる者など居まい!
スキル「鉄身」のお陰で被弾し辛いという点も相性がいいぞ。
天佑×玉藻前「応龍様。この属性は天攻・天舞よりも強力でありますゆえ…」
くどいぞ!
天舞固有神術を切り札とする俺では無双ゲージを保つのは難しいのだ。
誘爆×邪魔にはならないが役にも立たないな。
烈風×火力は充分なのだ。それに発動確率も低い。
ヒット数に優れるEX1ならば発動の機会も多いだろうが、その前に敵の体力は尽きるぞ。
猛襲×これを付けるなら地撃でも充分ではないか?
猛砕鉄身があればある程度の被弾は避けられよう。
どうしても火力を高めたい場合にはこの属性の力を借りるのだな。
迅雷×パワータイプの俺に怯まなくなる属性など不要!
伏犠「ほう、ならばわしが有効に活用してやろうではないか!」
再臨×なぜだ…遠い未来、眠りについているところを何度も叩き起こされる俺の姿が見えるのだが…。
流星×ええい、敵が散らばるだけではないか!
怒涛我ら仙界の将は神術ゲージの回復速度が上昇するらしいな。
範囲、威力に優れ合体神術ゲージも溜めやすい俺の固有神術を活かしやすくなるということだ。是非入れておきたい。
巨星×この属性を付けると退治する側から退治される側に回る…そんな予感がするぞ!
暴風これを付けずとも集団戦は得意なのだが、あって損はしないだろう。
無心×玉藻前「ほほ…なにぞ言いたげな面持ちじゃのう応龍」
貴様のような悪女が傍らに居るのだ、無心でなどいられるか!何を仕出かすか気が気でないぞ!

コメント欄 Edit

最新の20件を表示しています。 コメントページを参照

  • 陣地強化みたところ応龍が最後に解放されるキャラとはwオロチ2体より後ってのは意外 -- 2018-10-01 (月) 09:03:37
    • 本編一切出てこないくせに、仙界勢絡みでちゃっかり裏設定的に言及されたり演出されたりしてるからねえ -- 2018-10-01 (月) 11:00:45
    • 別に最後ってワケじゃなくない?特典除けば一番最初に解放することも出来るし。 -- 2018-10-21 (日) 00:27:23
  • DLCで応龍シナリオ絶対あってほしいな -- 2018-10-01 (月) 23:29:37
  • さすがに本編シナリオで出すのはほぼ無理だよね、彼は後に・・・
    DLCで仙界メインのシナリオとかあったら出番の可能性ありそう -- 2018-10-09 (火) 21:52:01
  • 2Uでも使いやすいものの上位陣に比べると殲滅力が物足りなかったけど、3でもあんまり変わらない感じ -- 2018-10-14 (日) 22:21:47
  • 救いがあっても良かったんじゃないかと・・・ -- 2018-10-14 (日) 22:35:56
  • 陣地会話がどれもしっくりくる、応龍自身この後自分の身にとんでもない何かが起こると悟ってるかもしれないね -- 2018-10-15 (月) 17:20:59
    • 伏犠&素戔嗚からしたら「強者よ我を滅ぼせ(訳:…シテ…コロシテ…)」なのかと思ったら相当キッツいな… -- 2018-11-12 (月) 01:05:10
  • 固有神術カンチョー強すぎて笑える
    合体神術連発できるし全段属性Exも健在だし最強クラスある -- 2018-11-03 (土) 02:24:35
  • 「信念に従わん」
    なぜ台詞削除したんだ・・・ -- 2018-11-11 (日) 19:36:47
  • この人について明言を避けるのは何故だろう?前作を
    プレイしていれば誰と同一人物か分かるし、今回もストーリーを進めていれば普通に気付く筈。
    ネタバレとは違うから明言しても良いのでは。 -- 2018-11-15 (木) 21:06:57
    • あなたの言う通り前作今作のプレイヤーなら周知の事実だからあえて記述する必要もないかなって思ったんだけど
      それともガッツリ書いた方がいいっぽい?
      それなら追記するけど -- 2018-11-15 (木) 21:56:31
    • 反転で追記しました。 -- 2018-12-06 (木) 20:59:07 New
      • 有難う。でもネタバレじゃないんだから反転しなくても良かったと思う。 -- 2018-12-06 (木) 21:22:28 New
      • ネタバレを嫌う人も居るので反転にしました。 -- 2018-12-07 (金) 11:10:22 New
  • 乱舞の連続カッター衝撃波の効果音が「スパンスパンスパンスパン!」に変更されてて笑う
    そんな音がするような見た目の衝撃波じゃないでしょ -- 2018-12-07 (金) 18:35:34 New
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White


リロード   新規 下位ページ作成 編集 凍結 差分 添付 コピー 名前変更   ホーム 一覧 検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: Fri, 07 Dec 2018 11:23:23 JST (3d)