Top > 配信イベント > B-specイベント

開催終了したB-specイベントの一覧です。

 


オンライン B-spec チャレンジ 第5回 ('12/04/26 12:00〜'14/05/31 12:00) Edit

自慢のマイドライバーで参戦するB-specイベントです。

  • 全イベントで最高位獲得すると プレゼントカーチケット Lv14 クラス が一度のみ獲得できます。
 

PP400 モンツァ・サーキット 5LAPS
モンツァ・サーキットを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はスポーツ・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP400までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス10前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 400以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP278〜309のライバルカーが出走。
PP396 195PS 1260kg ホンダ プレリュード SiR '96
PP394 188PS 1140kg トヨタ セリカ SS-II (ZZT231) '99
PP392 163PS 1035kg ルノースポール クリオ ルノー・スポール 2.0 16V '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
モンツァ・サーキット5LAPS17,840,00010,860,0009,540,00022,100
 

PP500 オータムリンク 5LAPS
オータムリンクを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はスポーツ・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP500までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス20前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 500以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP463〜495のライバルカーが出走。
PP495 345PS 1060kg TVR グリフィス 500 '94
PP487 324PS 1202kg シェルビー シリーズ One スーパーチャージ '03
PP482 358PS 1380kg ロータス エスプリ V8 '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
オータムリンク5LAPS22,390,00013,630,00011,970,00043,100
 

PP650 コート・ダジュール 10LAPS
コート・ダジュールを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はレーシング・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP650までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス30前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 650以下
タイヤ制限: レーシング・ハード以下
主なライバル車
主にレーシング・ハードを装着したPP619〜648のライバルカーが出走。
PP648 625PS 1100kg 日産 GT-R コンセプト LMレースカー
PP645 611PS 950kg BMW マクラーレン F1 GTR レースカー '97
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
コート・ダジュール10LAPS44,190,00026,900,00023,630,000117,800
  • 当然ながらシャパラル 2J レースカー '70が非常に有利。
  • CPU・B助ともに、ヌーベルシケイン(トンネル先のシケイン)やアントニー・ノーズ(ホームストレート前のシケイン)でオーバーテイクを仕掛けると、イン側の壁に引っかかって大幅にロスしてしまう。
    ここに差し掛かる前にオーバーテイク指示は出さず、通過してから指示を出して抜かそう。
    手前からペースダウン指示を出しておくと(他車と競り合っている場合は特に)非常に安全。
  • 上記のシャパラル 2J レースカー '70を使う場合、ペースダウン指示を出しても結局ヌーベルシケインまでに前車に追いついてインを突いてしまう事が多い(特にペースの遅い下位の車相手)。いっそのこと、オーバーテイク指示を出し続けてトンネル入口までにテール・トゥー・ノーズに持ち込ませ、トンネル前半で抜かせてしまったほうが安全。あとは、性格がクール目のB助のほうが渋滞の中でも手綱を締めやすいので若干やりやすくなる。
 
 

オンライン B-spec チャレンジ 第4回 ('12/03/29 12:00〜'14/05/31 12:00) Edit

自慢のマイドライバーで参戦するB-specイベントです。

  • 全イベントで最高位獲得すると プレゼントカーチケット Lv10 クラス が一度のみ獲得できます。
 

PP400 クラブマンステージ・ルート5 5LAPS
クラブマンステージ・ルート5を舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はスポーツ・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP400までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス10前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 400以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP278〜309のライバルカーが出走。
PP396 195PS 1260kg ホンダ プレリュード SiR '96
PP394 188PS 1140kg トヨタ セリカ SS-II (ZZT231) '99
PP392 163PS 1035kg ルノースポール クリオ ルノー・スポール 2.0 16V '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
クラブマンステージ・ルート55LAPS13,700,0008,340,0007,330,00016,400
 

PP500 筑波サーキット 10LAPS
筑波サーキットを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はスポーツ・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP500までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス20前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 500以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP463〜495のライバルカーが出走。
PP495 345PS 1060kg TVR グリフィス 500 '94
PP487 324PS 1202kg シェルビー シリーズ One スーパーチャージ '03
PP482 358PS 1380kg ロータス エスプリ V8 '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
筑波サーキット10LAPS24,110,00014,680,00012,890,00043,900
 

PP650 ラグナセカ・レースウェイ 10LAPS
ラグナセカ・レースウェイを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はレーシング・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP650までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス30前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 650以下
タイヤ制限: レーシング・ハード以下
主なライバル車
主にレーシング・ハードを装着したPP619〜648のライバルカーが出走。
PP648 625PS 1100kg 日産 GT-R コンセプト LMレースカー
PP645 611PS 950kg BMW マクラーレン F1 GTR レースカー '97
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
ラグナセカ・レースウェイ10LAPS41,560,00025,300,00022,220,000108,900
  • 今回はBMW マクラーレン F1 GTR レースカー '97がとても速い。特にフォード フォードGT LM レースカー Spec IIとのコンビ、日産 GT-R コンセプト LMレースカーの二番手にいる場合のパターンだと両車が競い合う為、1分27〜8秒台で周回されます。14分35秒台を上回るタイムが必要になります。
  • 完全放置だとパワーがあっても加速の弱い車は勝てません。ル・マンカテゴリでも多数の車が脱落しますが、そんな中でも誰でも公平に入手可能な車、マツダ 787B レースカー '91ならなんとかしてくれます。バラスト最後方200kg増量で620PS以上、かつフロントダウンフォース60、270km前後に設定すれば完全放置であっさり勝てます。
  • また、PP530/4WDチャレンジで手に入るスズキ エスクード ダートトライアルカー '98をダウンフォースはそのまま馬力調節だけでPP650にあわせても完全放置可能。テールスライドが大きい場合リアのネガティブキャンバー角をあげるとよい。
 
 

オンライン B-spec チャレンジ 第3回 ('12/03/01 12:00〜'14/05/31 12:00) Edit

自慢のマイドライバーで参戦するB-specイベントです。

  • 全イベントで最高位獲得すると プレゼントカーチケット Lv7 クラス が一度のみ獲得できます。
 

PP400 ディープフォレスト・レースウェイ 5LAPS
ディープフォレスト・レースウェイを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はスポーツ・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP400までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス10前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 400以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP278〜309のライバルカーが出走。
PP396 195PS 1260kg ホンダ プレリュード SiR '96
PP394 188PS 1140kg トヨタ セリカ SS-II (ZZT231) '99
PP392 163PS 1035kg ルノースポール クリオ ルノー・スポール 2.0 16V '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
ディープフォレスト・レースウェイ5LAPS15,000,0009,130,0008,020,00016,400
 

PP500 ケープリンク 内周コース 7LAPS
ケープリンク 内周コースを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はスポーツ・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP500までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス20前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 500以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP463〜495のライバルカーが出走。
PP495 345PS 1060kg TVR グリフィス 500 '94
PP487 324PS 1202kg シェルビー シリーズ One スーパーチャージ '03
PP482 358PS 1380kg ロータス エスプリ V8 '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
ケープリンク 内周コース7LAPS22,380,00013,620,00011,970,00043,900
 

PP650 鈴鹿サーキット 10LAPS
鈴鹿サーキットを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はレーシング・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP650までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス30前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 650以下
タイヤ制限: レーシング・ハード以下
主なライバル車
主にレーシング・ハードを装着したPP619〜648のライバルカーが出走。
PP648 625PS 1100kg 日産 GT-R コンセプト LMレースカー
PP645 611PS 950kg BMW マクラーレン F1 GTR レースカー '97
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
鈴鹿サーキット10LAPS51,990,00031,650,00027,800,000120,400
  • いつもの通りシャパラル 2J レースカー '70で余裕。常にテンションMAXにしておけばほとんどを周回遅れにすることが出来る。
  • ル・マンカテゴリの"89"年以降のMR車がお勧め。
  • ジャガー XJR-9 LM レースカー '88は上記セッティングにしてもエンジン特性と5速が災いしてか加速が悪いので相手がBMW マクラーレン F1 GTR レースカー '97だと追いついてからがなかなか抜けない。抜くためには綿密なセッティングが必要。ただしそれは完全放置の場合で、指示すれば楽勝。
    2JやLMPカーで(筆者はアウディ R8 レースカー,01使用で20分24秒。ドライバーはレベル40の調子↓)約20分で1億3000万稼げる為、ながら稼ぎにはうってつけである。
     
     

オンライン B-spec チャレンジ 第2回 ('12/02/02 12:00〜'14/05/31 12:00) Edit

自慢のマイドライバーで参戦するB-specイベントです。

  • 全イベントで最高位獲得すると プレゼントカーチケット Lv4 クラス が一度のみ獲得できます。
 

PP400 マドリード市街地コース・ミニ 5LAPS
マドリード市街地コース・ミニを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はスポーツ・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP400までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス10前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 400以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP278〜396のライバルカーが出走。
PP396 195PS 1260kg ホンダ プレリュード SiR '96
PP394 188PS 1140kg トヨタ セリカ SS-II (ZZT231) '99
PP392 163PS 1035kg ルノースポール クリオ ルノー・スポール 2.0 16V '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
マドリード市街地コース・ミニ5LAPS11.750.0007.150.0006.280.00015,100
 

PP500 富士スピードウェイF 5LAPS
富士スピードウェイFを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はスポーツ・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP500までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス20前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 500以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP463〜495のライバルカーが出走。
PP495 345PS 1060kg TVR グリフィス 500 '94
PP487 324PS 1202kg シェルビー シリーズ One スーパーチャージ '03
PP482 358PS 1380kg ロータス エスプリ V8 '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
富士スピードウェイF5LAPS20.000.00012,180,00010,700,00051,200
 

PP650 ニュルブルクリンク 24h 2LAPS
ニュルブルクリンク 24hを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はレーシング・ハード以下ならタイヤ選択自由、PP650までチューン可能。
参戦するマイドライバーは、クラス30前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 650以下
タイヤ制限: レーシング・ハード以下
主なライバル車
主にレーシング・ハードを装着したPP619〜648のライバルカーが出走。
PP648 625PS 1100kg 日産 GT-R コンセプト LMレースカー
PP645 611PS 950kg BMW マクラーレン F1 GTR レースカー '97
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
ニュルブルクリンク 24h2LAPS42,000,00025,570,00022,460,000108,900
  • シャパラル 2J レースカー '70を適当に調節したものでも圧勝可能。しかし新車価格15億、中古屋でも14億以上であまり見かけないので持ってるフレンドに借りることをオススメする。
  • マツダ 787B レースカー '91などのルマンカーをPP650に調整すればOK。
 
 

オンライン B-spec チャレンジ ('11/10/27 11:00〜'14/05/31 12:00) Edit

自慢のマイドライバーで参戦するB-specイベントです。

  • 全イベントで最高位獲得すると プレゼントカーチケット Lv19 クラス が一度のみ獲得できます。
  • 周回数の割には経験値が高いので、作りたてB助の育成に最適。
  • 最もランクが低いレースでも「Class10以上推奨」となってはいるが、車さえしっかりしていれば出来たてのペーペーでも勝負になる。但し、2・3戦目は作りたてだとややきついかもしれない。
  • '11/10/27、PP400がハイスピードリンク、PP500がローマ市街地コース、PP650が東京・ルート246、の3レースでイベント開始。
  • '11/11/24、PP400にグランバレー・イーストセクション、PP500にスペシャルステージ・ルート5、PP650にロードコース - インディ、がそれぞれ追加。
  • Ver.2.02以降で全イベントで最高位獲得すると プレゼントカーチケット Lv19 クラス が一度のみ獲得できる。
 
 

PP400 5LAPS
グランバレー・イーストセクション/ハイスピードリンクを舞台にしたB-specレースイベントです。
参戦するマイドライバーは、クラス10前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 400以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP278〜309のライバルカーが出走。
PP396 195PS 1260kg ホンダ プレリュード SiR '96
PP394 188PS 1140kg トヨタ セリカ SS-II (ZZT231) '99
PP392 163PS 1035kg ルノースポール クリオ ルノー・スポール 2.0 16V '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
グランバレー・イーストセクション5LAPS12,000,0007,300,0006,420,00012,000
ハイスピードリンク5LAPS12,500,0007,610,0006,680,00015,000
  • PP400に合わせたFFや4WDの車で常にペースアップとオーバーテイクの指示を出していれば基本的に勝てる。
  • 特にハイスピードリンクのレースはミスする要素も殆ど無いため、出来たてのペーペーB助をデビューさせるにはうってつけである。2戦もすれば、立派な使えるB助の出来上がりだ。
  • 敵車で最も速いのはホンダ プレリュード SiR '96。ただしシトロエンC4と絡まない限りは独走になってテンションが下がって遅くなる。
  • ホメル ベルリネッタ R/S クーペ '99ルノー 5 ターボ '80などMR車はスピンしなければ下位の車(bBなど)を一周遅れにできる。Lv.10以下でも指示を出せば余裕で勝てるのでオススメ。
  • 上記以外ではロータス エリーゼ '00もおすすめ。
 

PP500 5LAPS
スペシャルステージ・ルート5/ローマ市街地コースを舞台にしたB-specレースイベントです。
参戦するマイドライバーは、クラス20前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 500以下
タイヤ制限: スポーツ・ハード以下
主なライバル車
主にスポーツ・ハードを装着したPP463〜495のライバルカーが出走。
PP495 345PS 1060kg TVR グリフィス 500 '94
PP487 324PS 1202kg シェルビー シリーズ One スーパーチャージ '03
PP482 358PS 1380kg ロータス エスプリ V8 '02
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
スペシャルステージ・ルート55LAPS19,500,00011,850,00010,410,00026,500
ローマ市街地コース5LAPS17,000,00010,320,0009,070,00022,000
  • スズキ GSX-R/4 コンセプト '01ホンダ HSC '03で比較的楽に勝てる。
    他の車でも勝てるが、CPUのNSX-Rとシリーズ1SCが2台で競りあって好タイムを出すことがあるので注意。
  • どんなに先頭に強力な車がいても、NSXをPP500に合わせれば合わせ方次第だが指示なくして先頭に出れる。(ドライバーはClass40下矢印で確認)
  • ロータス エリーゼ 111R '04も完全放置可能でオススメ。ただし、クラスがあまりにも低いとホット状態でスピンしやすいので注意。
  • B-specレースの中では賞金・経験値効率がかなり優秀。1レースにかかる時間も7〜8分程度なので、B-specで稼ぐならオススメ。
 

PP650 10LAPS
ロードコース - インディ/東京・ルート246を舞台にしたB-specレースイベントです。
参戦するマイドライバーは、クラス30前後がおすすめです。

レギュレーション
PP制限: 650以下
タイヤ制限: レーシング・ハード以下
主なライバル車
主にレーシング・ハードを装着したPP619〜648のライバルカーが出走。
PP648 625PS 1100kg 日産 GT-R コンセプト LMレースカー
PP647 693PS 821kg シャパラル 2J レースカー '70
PP645 611PS 950kg BMW マクラーレン F1 GTR レースカー '97
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
ロードコース - インディ10LAPS30,000,00018,260,00016,040,00055,000
東京・ルート24610LAPS22,000,00013,390,00011,770,00037,500
 
 

ニュルブルクリンク北コース B-spec チャレンジ ('12/05/17 12:00〜'12/05/31 12:00) Edit

  • 自慢のマイドライバーで参戦する上級者向けのB-Specイベントです。
  • 上級者向けというだけあって、B-specチャレンジより難易度が高い。
  • 1位を獲得すると プレゼントカーチケット Lv23 クラス が一度のみ獲得できる。
  • ちなみに賞金は総取りとなる。つまり1位を取れば終了となる。
 

GT500 ニュルブルクリンク北コース 3LAPS
GT500クラスで挑む、ニュルブルクリンク北コースを舞台にしたB-specレースイベントです。
自車はPP600までチューン可能、タイヤはレーシング・ハード以下なら選択自由です。
参戦するマイドライバーは、クラス35以上がおすすめです。
的確なペース配分とレース戦略でポディウムをねらおう!

レギュレーション
車種制限等: GT500
PP制限: 600以下
タイヤ制限: レーシング・ハード以下
主なライバル車
PP609 516PS 1100kg 日産 ザナヴィ ニスモ Z '06
PP595 501PS 1100kg 日産 カルソニック IMPUL GT-R '08
PP595 501PS 1100kg 日産 ザナヴィ ニスモ GT-R '08
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
ニュルブルクリンク北コース / 天候変化3LAPS26,000,00013,000,00010,000,000900,000
  • 参戦制限は配信イベントのスーパーGT? と同じ。PP制限が同イベントに比べてやや厳しくなっている。
  • 1周目セクタ−4途中から雨が降り出し、上位の一部・下位の一部を除いて全車ピットインするが、ピットインはお好みで。
  • ピットインする場合、下位にいると狭いピットロードで非常に混雑し大幅にロスしてしまう。最後のストレートで上位にいるとロスを減らせる。稀に敵がピット入り口でクラッシュを起こすことがある。
  • 2周目7セクター終盤に雨が止むが、2周目終了時点で路面水量が30%程度なのでインターミディエイトに交換していてもピットインさせる必要はない。
  • 前回の上級者向けと同じく、上位陣は日産勢が占めているが、本当の敵は中間順位に居座るNSX勢である。中盤、一気にペースを上げて襲い掛かってくる。
    逆に下位に居座るトヨタ・レクサス勢はやたらと遅い。
  • 楽に戦いたいのであればこちらもNSXを用意しよう。もちろんGT-RやZ、SC、スープラ、ディアブロでも戦略とドライバー次第で勝てない事はない。
  • 車種やドライバーによっては最初から最後までレーシングハードタイヤ装着でも問題ない。
    ファイナルラップでも路面雨量は20%以上だが、この地点までにタイヤが消耗していなければ全く問題ない。たとえ一番重いランボルギーニ ノマド ディアブロ GT-1 '00でも全然余裕である。
  • 完全放置はドライバーのレベルが高ければ不可能ではない。指示を出すとしたら序盤からどんどんオーバーテイクさせていくことが大事となる。だが、コーナーによってはペースダウンを指示しなければ派手に自爆することもある。その場合、1〜2周目はまだ隊列が密集しているので、狭いコース故にB助がライバル車の通過待ちをしてコース復帰が出来ず、一気に順位が落ちてしまうことがある。
  • 戦略は様々な方法があるが、これまでに上がった具体的な戦略を以下にまとめる。
  • (NSX以外の車種を使う、B助レベル低め)「なかなか抜いてくれないから」といってやり直す必要はない。むしろ1周目はペースダウン指示を出し続けてコースアウトとタイヤの消耗を防ぎ、B助自身の体力・精神力の消耗をも抑えておく。そして、最後のストレートで一気に集団の前に出よう。ノーピット戦略の場合はこれを2回繰り返し、3週目に入る時点で3〜4位につけていれば勝機は見える。

上級者向け オンライン B-spec チャレンジ ('11/12/29 12:00〜'12/01/31 12:00) Edit

監督とドライバー、双方の実力が問われる、上級者向けのB-specイベントです。

  • 上級者向けというだけあって、前のB-specチャレンジより難易度が高い。
    特にサルトは、レース戦略がある程度必要となる。
  • 全イベントで最高位獲得すると プレゼントカーチケット Lv23 クラス が一度のみ獲得できる。
 

GT500 スパ・フランコルシャン 10LAPS
GT500クラスで挑む、スパ・フランコルシャンを舞台にしたB-specレースイベントです。
参戦するマイドライバーは、クラス35以上がおすすめです。
気まぐれなスパ・ウェザーを制するのは!?

レギュレーション
車種制限等: GT500
PP制限: 600以下
タイヤ制限: レーシング・ハード以下
主なライバル車
PP609 516PS 1100kg 日産 ザナヴィ ニスモ Z '06
PP595 501PS 1100kg 日産 カルソニック IMPUL GT-R '08
PP595 501PS 1100kg 日産 ザナヴィ ニスモ GT-R '08
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
スパ・フランコルシャン / 天候変化10LAPS200,000,000110,000,00060,000,000350,000
  • 参戦制限は配信イベントのスーパーGT? と同じ。PP制限が同イベントに比べてやや厳しくなっている。
  • 基本的に指示を出せば、クラスが30より少し下でも勝てる。
  • スタート時の路面水量が30%、2ラップ目から雨が降るので、スタート時のタイヤはインターミディエイトが良い。
  • トヨタ勢は何故か妙に遅いので序盤に抜いておきたいところ。ただ、"なかなか抜いてくれない"からといってやり直す必要までは無い。
    • 楽に戦いたいのならこちらもNSXを用意するのが良いのではないかと。もちろんGT-RやZ、SCやスープラ、ディアブロでもセッティングとBドライバーのレベル、戦略次第で普通に勝てます。
  • 7ラップ目に晴れる。敵車は7周目か8周目の終わりにピットインするので同時にピットインし、レーシングハードにすると良い。燃料補給は不要。
    • ピット進入口が狭いのが災いしてか、稀に車が道を塞いで渋滞することがあるので、場合によっては1Lapずらしてピットインすると混戦を避けれて楽な場合がある。
      なかなか追い抜いてくれないB助の場合有効。
    • 車種やドライバー(クラス、性格)次第ではノーピット作戦(最初から最後までインターミディエイト)でも問題ない。
      10周目でも路面水量20%以上あるのでよっぽどタイヤが消耗していなければ問題なく行けます。一番重いランボルギーニ ノマド ディアブロ GT-1 '00でも全然いけます。
  • 完全放置はドライバーのレベルが高ければ不可能ではない。指示を出すとしたらガンガンオーバーテイクさせていくことが大事。だが、コーナー前ではペースダウンをしないと砂地に盛大に入ってしまう時もある。
  • ドライバーレベル30以上でロード後、スタート前に5分位待って路面水量20%以下にすると敵車がレーシングハードスタートになり、2周目に必ずピットインする様になるのでインターミディエイトで出れば確実に完全放置可能
 

PP700 サルトサーキット2009 10LAPS
PP700以下の車両で挑む、サルトサーキット2009を舞台にしたB-specレースイベントです。
参戦するマイドライバーは、クラス35以上がおすすめです。
コースコンディションの変化をいかに予測できるかが勝負!

レギュレーション
PP制限: 700以下
タイヤ制限: レーシング・ハード以下
ドライバー: 2人まで
主なライバル車
PP715 810PS 750kg プジョー 905 レースカー '92
PP714 918PS 900kg ペスカローロ C60 Hybride - ジャッド レースカー '05
PP708 796PS 900kg ベントレー スピード8 レースカー '03
レース内容・プライズ
コース周回数1位賞金Cr.2位3位1位経験値
サルトサーキット2009 / 天候変化 / 時間変化10LAPS300,000,000165,000,00090,000,000500,000
  • 雨は1周目2分40秒から降り始め、20分25秒経過時点で止む。
  • ライバルカーは全車2ピット作戦。1回目:3周目(一部車種は2周目)、2回目:9周目(下位車種は8周目)で、ハード→インターミディエイト→ハードの順番で交換する。
  • LMPカー(ペスカローロ '03は除く)が強敵。焦らずゆっくりと攻めていこう。
  • ミュルサンヌ手前でペースダウンを出さないとブレーキングが間に合わず砂地に突っ込んで大幅にタイムロスするので注意。
    時には片輪を砂地に突っ込ませながら80km/hくらいでノロノロ進んで一気に最下位に転落なんてことになる。
  • ポルシェカーブでもペースダウンが必要。夜明けになると急に滑りやすくなり車によってはスピンすることもある。
  • ピットアウトをする際に、敵車と鉢合わせになり中々出られない時がある。これはどちらかというと仕方ないことなのだが、起こった際には一気に抜かされてしまうので、こちらも油断は禁物。
  • ホームストレート手前の一つ目のシケインもドライバーが疲れてきたりタイヤが減ってくるとスピンしてしまう。うまく指示を出そう。
  • 3周目までにGT-1・GT-LMカー及びアウディ・R10 TDIをオーバーテイクできない場合はやり直したほうがいいと思われる。
  • 馬力はあまり下げないほうが良い。直線が長いので少々重くても馬力があるほうが楽になる。
    • 馬力を上げすぎるとタイヤや燃費が車によってはギリギリになる場合があるので注意。最初のピットインの時に10程度給油しておくといいだろう。
  • 2ピットの場合
    • 1回目:2or3周目、2回目:8or9周目が目安。ハード→インターミディエイト→ハードorインターミディエイトの順番になる(10周目でも路面水量30%あるので(車にも拠るが)9,10周目ハードはキツい場合が多い)。
    • 3周目はハードだとペースが上がらないため、2周目にインターに変えることでライバルをごぼう抜きすることができる。そのためにも、アウトラップはできる限りハイペースで走ろう。
    • タイヤ摩耗の関係上、2回目のピットインは9周目より8周目のほうが良い場合が多い。9周目に入るよりも有効にタイヤを使うことができる。
  • 1ピットの場合
    • 車種によってはタイヤがもたない場合があるので注意。
    • 4周目までハードタイヤを使ったほうがいい。10周目はインターミディエイトだとガリガリ減っていくので、場合によっては最下位に転落してしまう。ペース配分には常に注意しよう。
  • お勧め車種
    • Gr.CよりはLMPがお勧め。(PPを合わせて行くとGr.Cはどうしても重くてハイパワーになりやすいため、結果タイヤへの負担が増えてしまうので。)
  • 資金に余裕があればシャパラル 2J レースカー '70が一番優勝しやすい。
    フルチューニングしてもPPが700を超えない。高回転域ターボを装着して最高速を420km/hにするのを忘れずに。
    ペースアップ、追い越し指示で3周目までに2〜4位まで上がる。ピットインは3周目に行いタイヤはレーシング・インターミディエイト。給油は必要無し。この設定だとタイヤへの負担も少なく、タイヤ交換1回で優勝できる。
    1回目のピットイン後の4周目にペースアップ、追い越し指示を出し、5周目以降は指示を出すことなく優勝できる。ただしコンピューターが9周目に勝手に2回目のピットインをしようとするので、手動でキャンセルしなければならないが、放置状態が可能となる。
  • シャパラル 2J は最高速を400km/hにするだけで勝つこともできる。ピット戦略は上の2Jの例でOK。ただし終始ペースアップ連打して先頭集団に張り付く必要がある。他車(CPU)の最後のピットイン時に逆転する。たまにコースアウトすることもあるが、気にせずペースアップ連打する。10周目は2位との差によりペースダウンすればより確実。
  • アウディ R8 レースカー '01でも問題なく勝てる。ただし、上記ペスカローロ2台よりトルクが太い分タイヤ摩耗が若干苦しいので、ある程度はペース配分に気を付ける必要がある。
  • Gr.Cを使うならプジョー 905 レースカー '92がオススメ。
    ダウンフォースをF60,R55に設定してPP合わせると車重780kg、馬力は900PS以上となり、パワーで勝つことができる。(軽量なのでタイヤの心配もさほどない。)スリップなしで敵車をオーバーテイクできるが、各所でしっかりペースキープおよびオーバーテイクを出さないとコーナーで離されるので注意。
    ピットインの目安は2周目に1回目、7,8周目に2回目を推奨。(タイヤとガソリンの状況に合わせて決めるとよい。)アウディとペスカローロの圧倒的優勢が面白くない、Gr.Cで余裕をもって勝ちたいという人はぜひ試してみてほしい。
  • もしくはトヨタ ミノルタトヨタ 88C-V レースカー '89をオススメ。
    高回転ターボを付けてギアを390、ダウンフォースを調節すればPP700に合わせられる。完全放置は無理だがペースが落ちすぎないように調節するだけで余裕で勝てる。
  • 日産 GT-R R35 TCのフルチューンでも余裕をもって勝てる。
    重たいが、4駆ゆえタイヤを前後バランスよく使えるため、タイヤ摩耗はそれほど厳しくない。
    前後駆動力配分は40対60がおすすめ。最も前後タイヤをバランスよく使える。
    パワーがあるため、給油しないとガス欠する場合があるので注意。
  • また、日産 R92CP レースカー '92でも勝つことはできる。
    高回転ターボ装着、ギアを420km/h、先のミノルタのようなセッティングにすればいける。ただミノルタと同じく完全放置はできないが、ペースとタイヤの磨耗を気をつければ十分勝てる。
 



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-16 (火) 17:28:24 (72d)