Top > ロータス エリーゼ 111R '04
  • 総排気量:1796cc
  • 最高出力:192ps/7800rpm
  • 最大トルク:18.46kgfm/6800rpm
  • 駆動形式:MR
  • 全長:3785mm
  • 全幅:1719mm
  • 全高:1117mm
  • 車両重量:860kg
  • 重量バランス:42対58
  • 価格:Cr.5,440,000
  • Lv:5
  • PP:447
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:レーシングモディファイ可能
  • 備考:走行時にソフトトップ化
  • 備考:スタンダードカーがGTモードでも使用可能

ELISE-111R-1.jpg
ELISE-111R-2.jpg
ELISE-111R-3.jpg
  • 2001年に登場した「フェイズII」と呼ばれるモデルである。
    よく勘違いされるが、本モデルはエリーゼ(フェイズI)のフルモデルチェンジではなくマイナーチェンジモデルである
    ロータス・デザインを率いるラッセル・カー氏のデザインによってジュリアン・トムソン氏のデザインしたフェイズIと全く異なる、昆虫を思わせるシャープなフロントマスクに変貌したフェイズIIは、基本的な部分はそのままに各部に現代的なアップデートを施し、より完成度を増したモデルとなった。
    フェイズIから増加した重量は、アルミ部品を供給していた会社が倒産したことにより別素材に変更した結果だといわれている。
  • 本モデル111Rは、なんとトヨタ製2ZZ-GE型エンジン(セリカ等で採用)が搭載された。
    これは北米輸出のために環境性能の高いエンジンを欲していたロータス側からのリクエストで実現したものだが、トヨタという誰もが予想しなかったエンジン供給元だったことは、当時日本国内でも話題となった。このエンジンはロータスによりチューニングされ192PSを誇る。また、6200rpmを過ぎると高回転カムに切り替わる仕組みになっている。
    トヨタは以前まで、ロータスにテールランプやドアノブ等を提供していた会社でもある。
  • また、従来エリーゼ用エンジンを生産していたローバー社が破綻したことで、スタンダードグレードにも同じくトヨタの1ZZ-FE型エンジン(MR-S等で採用)が搭載されることとなり、このため2006年から現行型エリーゼのエンジンはすべてトヨタ製になっている。
  • そして、2011年、3度目のマイナーチェンジを実施し、「フェイズIII」(GT5未収録)となった。

  • カラーバリエーション:
    Saffron Yellow,Ardent Red,Bordeaux Red Metallic,Aubergine Purple Metallic,
    Starlight Black Metallic,Nightfall Blue Metallic,Magnetic Blue Metallic,
    Racing Green Metallic,Storm Titanium Metallic,Glacier Blue Metallic,
    Arctic Silver Metallic,Old English White



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 15:55:05 (550d)