Top > ペスカローロ C60 Hybride - ジャッド レースカー '05
  • 総排気量:4997cc
  • 最高出力:646ps(964ps)/7800rpm(8000rpm)
  • 最大トルク:61.22kgfm(97kgfm)/6500rpm(6500rpm)
  • 駆動形式:MR
  • 全長:4625mm
  • 全幅:1990mm
  • 全高:1020mm
  • 車両重量:---kg(900kg)
  • 重量バランス:49対51
  • 価格:Cr.393,752,000(走行距離3124km)
  • Lv:23
  • PP:714(719)
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:外観は変化しないものの、ウイングが装着可能(リアダウンフォース調整範囲拡大)
  • 備考:デフォルトでリアの車高が-20

C60Hybride-05-1.jpg
C60Hybride-05-2.jpg
  • クラージュC60というマシンに自社改良を加えたマシンで2000年からルマン参戦していたぺスカローロ・スポーツの2005年仕様車。ぺスカローロ・スポーツによって改良が重ねられた結果車名からクラージュの名前が消え、ぺスカローロ・スポーツ独自開発車となった。尚、ぺスカローロ・スポーツが2007年シーズン以降に投入した"ぺスカローロ01"も基本はぺスカローロC60の改良車両である。
    • なお、車名に"Hybride"とあるが、この車両に関しては混合燃料やエンジン+モーターという意味でのHybrideではなく、"車両規定新旧混合"という意味でのHybrideである。*1GT5でのハイブリッドの意味はこちら
  • その2005年のルマンでは、WRCチャンピオンのセバスチャン・ローブを含むオールフランス人で挑み、チャンピオン・レーシングのアウディR8とのバトルの末、E.コラール/J-C.ブイヨン/E.コマス組の#16号車がトップから2LAP差の2位表彰台を獲得した。
    • 残念ながらローブが搭乗した#17号車(S.ローブ/S.アヤリ/E.エラリー組)は288LAP目にリタイアに終わっている。
  • 現在のWEC(World Endurance Championship)の前身であるル・マン・シリーズにも参戦していたぺスカローロC60は、アウディ・プジョーといったワークス勢が不在の中ではあるが、J-C.ブイヨン/E.コラール組が2005年・2006年と総合連覇を果たしている。特に2006年は全5戦全勝という活躍を見せた。
    • 2007年はワークス参戦してきたプジョーの前に歯が立たず、プジョー勢の全勝を許したもののJ-C.ブイヨン他の駆る#16がプジョー勢に割って入ってシリーズ2位を射止めた。
  • 翌2006年のル・マンでは#16号車が予選初日にアウディR10を上回るトップタイムを叩き出す*2など終始活躍を見せ、ローブ搭乗の#17号車(S.ローブ/F.モンタニー/E.エラリー組)が優勝車アウディR10と4周差の376周を走り、トラブルの多発したアウディ勢に割って入って2位表彰台を射止めた。
  • 余談だが、ウイング装着の値段が一番高い車である。(Cr.20,000,000)
  • また、本車は初代GT5の海外版オープニングに僅か2秒ながら登場している。(4:05〜)
    • スタンダードカーの中で本作のオープニングに登場したことがあるのは、本車とR8 LMSのみ。
  • 本作では他のLMP・グループC車両と比べて加速力が高く、370km/h超のパフォーマンスを見せてくる車両。また耐久シリーズで猛威を振るう。ライバル車両として出現すれば非常に厄介。
    しかしその分こちらが使えば非常に頼もしい戦力になるため、スタンダードカーであることを気にしないのであれば、耐久レースにはもっともおすすめできるクルマである。

  • カラーバリエーション:[緑]16号車、 [赤]17号車 (目立つ差異はゼッケンNo.とミラーの色違い程度)


*1 2005年に規定が変更になったが、それに対応していない旧規定車両を使うユーザー向けの暫定措置。参戦している童夢のHP(参考サイト・"ハイブリッドカーって何?")などでも確認できる
*2 ちなみに予選初日はセミウェット状態だった。予選結果は3位#16、4位#17

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-18 (木) 16:58:37 (1112d)