Top > 日産 R92CP レースカー '92
  • 総排気量:3496cc
  • 最高出力:800ps(1000ps)/7600rpm(7500rpm)
  • 最大トルク:80.00kgfm(99kgfm)/5600rpm(5500rpm)
  • 駆動形式:MR
  • 全長:4800mm
  • 全幅:1990mm
  • 全高:1100mm
  • 車両重量:900kg
  • 重量バランス:49対51
  • 価格:Cr.414,435,000(走行距離2650km)
  • Lv:23
  • PP:717(722)
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの

R92CP-RaceCar92-1.jpg
R92CP-RaceCar92-2.jpg
  • 日産R92CPは、1992年全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)用に製作されたグループCカー。
    基本的なメカニズムは1991年モデルに当たるR91CPの改良発展型であり、外観上の顕著な差異は、フロントフェンダー上部のエアアウトレットで、R91CPまではルーバー状だったものがR92CPでは開閉するフラップ状になった事程度である。
  • エンジンはR89Cから継続採用されているVRH35Z型3.5リッターV型8気筒ツインターボエンジンを改良の上搭載、トランスミッションもR91CPから搭載されているヒューランド社製5速VGCが改良されて採用されていた。
  • その戦績は1992年JSPC全6戦、および1993年に開催された鈴鹿1000kmの計7戦全戦で優勝している。
    ただし、クラス優勝2戦を含む(因みにその2戦の総合優勝はSWC規定のトヨタTS010。世界選手権が頓挫した影響で終盤2戦のみの参加)。
  • 1992年のシリーズでは、JSPC最後の年という事もあり、どこまで予選用エンジンの馬力を上げられるかという挑戦が行われた。
    それまでの予選では1000馬力程度の出力で行っていたところを、本車はなんと推定1200PS以上の大出力で予選を行ったと言われている*1
    このエンジンを用いて、富士スピードウェイにて予選を行った際、「最悪3周、極端な話で言えばアウトラップとアタックラップが無事で、コントロールラインを超えた瞬間バーストしても十分」と称される程の超ハイグリップな予選用タイヤであるQタイヤを履いた状態にも関わらず、最終コーナーで5速にギアを入れた状態でもブラックマークが付くほどホイルスピンを起こしていたようである。
    そんなエンジンがどんなパワーを発揮していたかというと、1.5kmしか無いはずのFSWの1コーナー進入時に400km/hをマークしていたとか*2
    後年、R92CPの予選ドライバーを務めた星野一義氏および長谷見昌弘氏は口を揃えて予選仕様のR92CPのパフォーマンスが過激すぎて身の危険を感じた旨を証言している。コックピットに座ってから走行開始までの心の準備に数十分必要だったと言うほど。毎レースの予選終了後に星野氏がチームメイトの長谷見氏と顔を合わせ、「お互い無事でよかった」と安堵し、Cカーカテゴリーが消滅した際は「もうこれで死ななくて済む」と2人でホッしたという。
    また決勝用のローブースト設定でも非常にトルクフルで*3、星野・長谷見両氏とも「5Lくらいの排気量があるような錯覚を覚えた」とも話している。
    余談だが、当時ニスモのチーム監督を務めた水野和敏氏は後にR35型GT-Rの開発に携わることとなる。
  • 燃費規定のグループCカー(カテゴリー2)として、日本メーカーによって製造されたマシンの中では事実上最強であったが、このカテゴリーは国際的には2年前(1990年)に終了しており、1992年シーズン用のマシンを製作したメーカーは日産だけであった。

  • 前作のグランツーリスモ4では黒塗りのR92CPがレア中古車として収録されていた。



*1 エンジンベンチでは測定不能となり、燃料の消費量からの理論値なため「推定1200PS」という書かれ方になっている。
*2 トヨタ陣営を中心に複数人がストレートエンド付近でスピードガンを構えて測定したと言われている
*3 公称900PSだったが、実際には650-700PS程度で運用

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-01-10 (木) 23:11:00 (220d)