Top > ランサーエボリューション IV GSR '96
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP442
国籍日本最高出力280PS/6,500rpm全長4,330mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク36.0kgfm/3,000rpm全幅1,690mm
モデル高品質駆動形式4WD(40:60)全高1,415mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,350kg/54:46
内装再現PWR4.87kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,000,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンアクティブ・ヨー・コントロール・システム搭載
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

ランエボ4.jpg

  • 1995年にフルモデルチェンジした5代目ランサーをベースに開発された最初のランエボ。
    それまでのランエボはあくまで「ホモロゲーション獲得のための限定生産」という形だったが、このエボIVから本格的に生産・販売が開始された。
    もともとエボIエボIIIが人気だった事も手伝って爆発的な人気を獲得し、歴代ランエボの中でも最も生産台数が多い。
  • 搭載エンジンは4G63のままだが、第一世代に対し搭載方向を反転させる等内部構造を変えた結果、ランエボ初となる最高出力280psを達成した。
  • 機構的なトピックとして、アクティブ・ヨー・コントロール・システム(AYC)を初めて採用したモデルとして知られるが、レース等ではAYCが装備されていない競技用ベースのRSが使われていた為、実戦投入された事は無いと思われる。
    ちなみにこのAYC、やたらと異音が発生する事で有名で、2世代目ランエボ共通の弱点。一応リコールは掛かったらしいが、それでも音は出続けてるとか。
    一時期KansaiサービスがAYC置き換え用のLSDを販売していたが、すでに廃盤の模様。酷い時は中でクラッチディスクが粉砕され動けなくなることもあるため、デフケースごとRSの物に置き換え、機械式LSDを導入するのが無難ではある。ちなみにAYCのまま修理するとなると40万以上は覚悟してもらいたい。とはいえRSのデフケースを移植するのもかなり高くつくのが困り物。
  • なお、エボVは幅広タイヤを履くためにフェンダーを拡大したので、エボIVは最後の5ナンバー車となった。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-10-02 (水) 19:22:36 (11d)