Top > スカイライン 2000GT-R (KPGC110) '73
分類性能
メーカー日産総排気量1,989ccPP370
国籍日本最高出力160PS/7,000rpm全長4,460mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク18.0kgfm/5,600rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,380mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,145kg/59:41
内装簡易PWR7.15kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.8,500,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

KPGC110.jpg

  • 1972年に登場した4代目スカイライン。当時のCMに登場していたカップルの名前から通称「ケンメリ」と呼ばれた。
    外装は直線基調だった先代までから曲線基調へと一新、同時期の欧米車を思わせる丸みを帯びたデザインとなった。
    スカイラインを代表するデザイン・アイデンティティである「丸型のテールランプ」は今世代から採用されている。
  • GT-Rは1972年の東京モーターショーにレース参戦を企図した外装のプロトタイプが出展され、翌年に市販された。
    メカニズム的には先代を継承し、専用ラジエータグリル、前後オーバーフェンダー、リアスポイラーが装備された。
    ベース車譲りのボディは空力性では有利に働いたが、一方で車重が増加しており、性能面から見れば弱点となった。
  • 本車両は昭和48年排ガス規制を受け、たった1年での生産終了を余儀なくされ、累計の生産台数は約200台とされる。
    その為、現存する4代目スカイラインはパーツで外見を似せた「R仕様」が多く、本物のGT-Rは希少車となっている。
    2台試作されたレースカー仕様も、華々しく活躍した先代とは異なり何れもレースに出場する事は一度もなかった。
    この一件の影響は大きかったようで、スカイラインに「GT-R」の名称が復活するのは16年後の8代目(R32型)となる。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、極めてクオリティが高い車両の内の1台である。

+  ボディカラーに関する余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-23 (土) 19:04:13 (6d)