Top > インプレッサ WRX STI '07
分類性能
メーカースバル総排気量1,994ccPP461
国籍日本最高出力308PS/6,400rpm全長4,415mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク43.0kgfm/4,400rpm全幅1,795mm
モデル高品質駆動形式4WD(41:59)全高1,475mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,470kg/54:46
内装再現PWR4.85kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,654,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンドライバーズ・コントロール・センターデフ搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

インプ07.jpg

  • 2007年10月に発売された3代目インプレッサ。全モデルで車幅が3ナンバー枠に大型化し、全高も約50mm高まった。
    今世代からWRX STIは走行性能だけでなく内外装の質感も高められ、「上質なロードカー」としての路線を強めた。
  • ボディタイプは従来の5ドアワゴンに代わる5ドアハッチバックをメインとし、4ドアセダンは2010年に追加された。
    これらの設計はWRCでの安定性向上を見越した判断とされ、ボディ自体もSTIは専用設計のワイド仕様となっている。
  • 搭載された伝統のEJ20型エンジンは更に磨き上げられ、カタログスペックで308PSを達成、公式に280PSを突破した。
    電子制御面での進化も見られ、新たにレガシィ譲りのSI-DRIVEを備え、DCCDもマルチモードDCCDに改良されている。
    2009年には2.5LのEJ25型エンジンにSTI初の5速ATを搭載した『A-Line』が追加され、一般層を中心に人気を博した。
  • 3代目インプレッサは2008年のWRCにも参戦したが成績が振るわず、スバルは同年限りでワークス参戦を終了した。
    以降の本車両は活躍の場を市販車ベースのグループNに移し、次期モデルも車名を「WRX」に変更して発売された。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-06-09 (火) 14:17:52 (30d)