Top > インプレッサ WRX STI '07
分類性能
メーカースバル総排気量1,994ccPP461
国籍日本最高出力308PS/6,400rpm全長4,415mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク43.0kgfm/4,400rpm全幅1,795mm
モデル高品質駆動形式4WD(41:59)全高1,475mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,470kg/54:46
内装再現PWR4.85kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,654,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンドライバーズ・コントロール・センターデフ搭載
+  ←カラーバリエーションを表示

インプ07.jpg

  • 2007年にデビューした3代目インプレッサは、全車3ナンバーサイズと大型化して登場した。
    セダンと、従来のワゴンに代わってハッチバックとの2タイプのボディが用意されたが、当初日本市場へは4ドアセダンが投入されなかった。
    また、2010年にはXVを名乗るSUVタイプのモデルも追加されている。
  • WRX STIのデビューはベースモデルから3ヶ月遅れの2007年10月のことで、ベースモデルは5ドアハッチバックモデルとなった。
    これについてスバルは「WRCで勝つため」と説明している。
    セダンと比較してショートオーバーハングとなるハッチバックのボディは回頭性も良く、また、前後フェンダーを張り出したWRX STIとして初の専用ボディとなった。そのためノーマルモデルと車両型式が異なる。
  • 搭載された伝統のEJ20型水平対向4気筒エンジンは更に磨き上げられ、カタログスペックで308psを達成、公式に280psを突破した。
    また、性能を高めながらも、「平成17年排出ガス基準50%低減」を達成したのは特筆すべきといえる。
    電子制御面での進化も見られ、新たにレガシィ譲りのSI-DRIVE(3モード)を備え、DCCDもマルチモードDCCDにバージョンアップした。
    加えてVDC(横滑り防止装置)も装備され、安全面での配慮もなされた。
  • しかし、肝心のWRCにおける成績不振、主に国内からセダン追加の要望が大きかったことから、2008年にセダンモデル(アネシス)の国内投入、更に2010年にはファン待望のWRX STIのセダン型が投入された。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-16 (火) 09:21:56 (937d)