Top > スプリンタートレノ GT-APEX (AE86) '83
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,587ccPP359
国籍日本最高出力130PS/6,600rpm全長4,205mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク15.2kgfm/5,200rpm全幅1,625mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,335mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量940kg/58:42
内装簡易PWR7.28kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,536,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ボディのブラック部分は塗装されない
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

トレノ.jpg

  • 1983年に登場した4代目スプリンタートレノ。基本骨格を共有する4代目カローラレビンとは姉妹車の関係にある。
    収録モデルは、パワーウィンドウやパワーステアリング等が装備された、街乗りを重視したグレード「GT APEX」。
    この他、固めのサスペンションやリアスタビライザーを装備した、スパルタンなグレード「GTV」も存在する。
  • FF化された他モデルと異なりFRを堅持した事から、プラットフォームを含めた多くの主要パーツが先代から流用されている。
    当時の目で見てもシンプルなメカニズムは、先代のノウハウが流用できる事も相まってユーザーによるチューンが容易であった。
  • エンジンは名機2T-Gに変わり4A-Gを採用。当初は2バルブで開発が進められていたが、高出力化のために4バルブに変更された。
    それ以外にもクランクシャフトを鍛造品にしたり、フライホイールのボルト数を増やす等、信頼性・耐久性についても向上が図られた。
    馬力自体は決して高いとは言えないが、1tを切る車体には充分なパワーであり、ライトウェイトスポーツとして軽快な走りを見せた。
  • AE86型は現在でも熱狂的なファンが少なからず存在し、登場から30年を経た現在でも中古車市場では驚異的な高レートで取引されている。
    状態がよい個体だと取引額は新車価格の2倍程度にも達し、12年後に登場した最終型AE111さえも遥かに上回る。
    その人気は、後にトヨタが同名のスポーツカーを出すほどにまで及んでいる。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-04-25 (木) 22:35:30 (149d)