Top > トヨタ 86 GT '12
  • 総排気量:---cc
  • 最高出力:---ps(195ps)/---rpm(7000rpm)
  • 最大トルク:--.--kgfm(20kgfm)/---rpm(6500rpm)
  • 駆動形式:---(FR)
  • 全長:---mm(4240mm)
  • 全幅:---mm(1775mm)
  • 全高:---mm(1285mm)
  • 車両重量:---kg(1230kg)
  • 重量バランス:53対47
  • 価格:Cr.3,000,000
  • Lv:4
  • PP:406
  • プレゼントカー入手:Ver.2.02以降にアップデートし、GTモードに行く
  • 追加条件:Ver.2.02以降にアップデート
  • 備考:ライト点灯時にフォグランプが点灯しない(参考画像)
  • 備考:トランスミッションは6速

86.jpg
86GT-2.jpg
  • 2台のコンセプトカー「FT-86」「FT-86II」を経て、2011年11月に開催されたトヨタGAZOO Racingフェスティバルで発表された市販モデル。
  • その後の2012年2月2日、トヨタ自動車は86を記者発表し、BRZの販売から8日遅れの同年4月6日に発売された。
    グレード構成は3タイプあり本モデルは「GT」と呼ばれる上級グレードである。
    コンセプトカーFT-86のイメージを色濃く残したまま世に出ることとなった。
    車名は往年の名車AE86カローラレビン/スプリンタートレノに由来するが、クルマの名称以外にも開発コードが「086A」となっており、わざわざ開発コードに「86」が含まれるまで待ったといわれている。
    しかしトヨタはリメイク版AE86とは位置づけず、あくまでAE86のように「長年ユーザーに愛されるモデルとなって欲しい」という願いを込めたとのこと。
  • 本モデルの開発は富士重工業(スバル)と共同で行われ、開発費も折半している。
  • FRのハンドリングを追求するために他車種との部品共用は限りなく抑えられ、共通部品はわずか9%となっている。
  • 搭載されるエンジンは当初の発表どおりスバル製のFA20型水平対向4気筒エンジンだが、1Lあたり100psをNAで達成するためにトヨタのポート噴射+直噴技術を組み合わせたD-4S仕様である。
    D-4Sにより環境性能を犠牲にすることなく、スロットルレスポンスとパフォーマンスを向上させた。
    • 7400rpmという高回転を許容するため、ブロックとシリンダーヘッド、ピストンが再開発、コンロッド形状も変更されクランクピンの直径は50mmとされた。
      また独特のノーズが低いデザインに対応するためにエアインテークやエキゾーストマニホールド、オイルパンも専用品となっている。
    • ただしこのエンジンを採用しながらもローノーズというスタイルを要求されたため、車体もかなり無茶な設計を余儀なくされ、サスペンションアーム長がかなり犠牲になっている他、スペースの都合上、メーカー量産レベルでのターボ化が困難となるなどの事態を招いている。
  • 余談
  • フロントのハブユニットには、なぜかドライブシャフトを通すための穴が開いているが、これはコストダウンの関係でスバル インプレッサ WRX STIから部品を流用したため。
    これがあるために4WDモデルが出るんじゃないかと噂されているが、先述の通りエンジンがギリギリな配置のため、実現性は低いと言われている。
    リア周りもほとんどがインプレッサからの流用品。
  • 「Top Gear」内ではジェレミー・クラークソンが読書しながらのドリフトを披露していた。その後のタイムアタックのタイムは遅かったものの、「神の子」(Stig)曰く「結果が何位であろうと笑顔でドリフトすればよい」とのこと。
    また、イギリスの自動車雑誌では「崇高なる一台」と評された。
  • 2016年の8月にはBRZと共に発売後初めてとなる大型マイナーチェンジが実施され、動力性能や剛性のアップの他に外装デザインのリニューアルなどの変更が施されている。
  • ちなみに86のチューニングカーは数えきれないほど存在する。
    エンジンをシルビアのSR20やクラウンなどに積まれる2GR-FSE、中にはコルベットのLS1やフェラーリ458に搭載されているV8を載せたチューナーまでいる。更にはエンジンを廃しバッテリーを積み込みEV化させた個体が存在する。元はEV車限定のレースに出場するために作られたのだが、驚くことに公認を取得しているので公道での走行も可能である。
    • しまいには日産 GT-R用のVR38DETT型エンジンをチューニングした物を搭載する86も存在しており、最大出力は1000psと言われている。
  • BRZとの違い
  • 大きな違いはフロントバンパー・ヘッドライト・専用ボディカラー・サスペンションセッティング・海外名称である。
    フロントバンパー内のライトポッドにウィンカーが入っている関係で、20mm以上車高を落とすと、ウィンカー高さが車検を満たさなくなるので注意。
    • 専用ボディカラーは86はオレンジメタリック、BRZはスバルお馴染みWRブルーマイカ(2014年のマイナーチェンジでWRブルーパールに変更)。
      サスペンションのセッティングは簡単に言うと86は弱オーバーステア、BRZは弱アンダーステア傾向とのことだが、反応が機敏すぎて背筋が凍ったりすることや、逆にノーズが思うようなラインの少し外側しか行かないというようなことは両者とも無い。
  • 86は仕向地によって名称が異なり、北米では「FR-S」(サイオンブランド廃止後はトヨタブランドにリバッチされると共に86に変更)、欧州では「GT86」である。一方のBRZは一貫して同じ名称である。どちらも「久々のトヨタスポーツ」として人気のようだ。だが英国では収録車であるGTグレードのみが販売され、小売価格が約387万円から(オプションなし)と少々お高め。
  • ちなみに、上記で挙げた以外の性能は同じだと言われるが、実は86の最上級グレードであるGTリミテッドのみフロントのブレーキパッドが専用品となっている。
  • 派生モデルの解説
  • 86 GRMN
    100台限定生産のコンプリートカーで価格は648万円、ネットでのみ注文受付が行われていたが、約3000人の応募が殺到した。
    主な装備パーツは専用エアロパーツやサスペンションで、マフラーは通常の左右二本出しマフラーではなくセンター一本出しマフラーになっている。ホイールもRAYS鍛造17インチホイールが装着されている。
    エンジンスペックも200ps/205Nmから219ps/217Nmに強化された他、軽量化と高剛性化が施されている。
  • GT “Limited”
    「GT」の装備に加え、内装は本革とアルカンターラのシート表皮(ブラックとレッドの2色設定、シートヒーター付き)に変更され、外装はリアスポイラーとフロアアンダーカバーを装着し、さらに専用の高摩擦ブレーキパッドを標準装備する最上級仕様となる。
  • GT“Solar Orange Limited"
    GTをベースにボディーカラーには特別設定色の「ソーラーオレンジ」を採用。ドアミラーはブラック仕上げとなる。内装はブラックを基調に、シートやステアリングホイールなどにオレンジのステッチがあしらわれる。シート表皮には本革×アルカンターラを使用し、前席にはシートヒーターも備わる。さらにインストゥルメントパネルにスエード調の人工皮革グランリュクスを使用するなど、特別感と上質感が演出されている。
    価格は6段MT仕様が325万1880円、6段AT仕様が331万8840円。
  • GT“Limited・High Performance Package”
    • 215/45R17 87Wタイヤ+17×7½brembo専用アルミホイール(センターオーナメント付)
    • マクファーソンストラット式フロントサスペンション(SACHSアブソーバー)
    • ダブルウィッシュボーン式リヤサスペンション(SACHSアブソーバー)
    • brembo製17インチ対向4ポットフロントベンチレーテッドディスクブレーキ
    • brembo製17インチ対向2ポットリヤベンチレーテッドディスクブレーキ
    • リヤスポイラー
    • フロアアンダーカバー(フロア下・タンク下)
      などが装備された特別仕様車。
  • 86 TRD Griffon Concept
    2012年に発表。TRDが開発した研究開発用車両。
    「エンジンは自然吸気のまま」「排気量アップはしない」「モノコックは変更せず、ロールバーも装着しない」と三つのコンセプトを掲げ開発された。
    • 目標は上記の開発コンセプトで筑波一分の壁を破る事であるとされた。
      2014年に行われた筑波テストではついに目標の1分切りを達成。58秒407というタイムをマークした。
      この車両から様々なエアロパーツやコンプリートカーが販売されている。
  • 14R-60
    トヨタテクノクラフトが創立60周年を記念して2014年10月に100台限定で販売したコンプリートカー。
    数多くの専用パーツが装着されており、各部ボディも補強されている。
    TRD Griffon Conceptの開発で得られた多くのデータが本車には反映されており、まさに「公道に舞い降りたグリフォン」といえる存在。
  • 14R
    上記14R-60のイメージを踏襲した量産型コンプリートカー。14Rはエアロパーツを中心とした空力パーツが装着された車両で、購入者がカスタマイズを行うことを前提としている。
  • FT86オープンコンセプト
    86のオープンカーバージョン。車名に「FT」が入っているが、外見はFT-86よりも市販型86に近い。コンセプトカーであり、販売はされていない。
  • 86 レーシング
    GAZOO Racing 86/BRZ Race参戦専用車両として供給される86のワンメイク仕様。
  • 86 GR
    後期型86のTRD製コンプリートカー。
    GRMNの量産版といえる存在で、14Rと似ている。
    LSDや排気系、足回り、空力パーツなど多くのパーツが専用開発されているが、エンジンには手を加えられていない。
  • FR-S
    サイオンブランドから販売されている北米仕様86。
    スペック上では86と殆ど変らない。
    2017年のサイオンブランド廃止に伴い、車名がトヨタ 86に変更された。
  • FR-S RS 1.0
    北米仕様86であるFR-Sに設定された限定モデル。「RS」とは「リリース・シリーズ」の略。
    TRD製のエアロパーツが装備され、4本エキゾーストチップ、TRD製のローダウンスプリング、HIDヘッドランプが装備された。ボディ・カラーは「Yuzu」
    生産台数は1500台。それぞれにシリアルナンバーが振られ、アルミ製のシフター周りに刻まれる。
  • FR-S RS 2.0
    北米仕様であるFR-Sに設定された特別仕様車。
    スポーティーなイメージであったRS 1.0と比べて反対のアプローチを取っている。
    エクステリアは小さなフロントリップやトランクリッド・スポイラーなどの控え目なエアロパーツを装着。ボディカラーは「ルナストーム」と呼ばれる落ち着いたライトベージュとなっている。
    生産台数は1000台と1.0モデルと比べて少ない。
  • 86 style Cb
    2015年4月23日に418万円で販売された86。元は2013年に東京オートサロンでお披露目した86である。
    名前のCbとはクールビューティーの略。
    86GTをベースに専用のオーバル型ヘッドライトユニットとフロントバンパーを装備しており、通常の86とは全く異なる顔をしている。また、Cbエンブレム付きレザーステアリングなど、内装も特別仕様であるが、スペック面では全く変わりは無い。
  • レース活動
  • ニュルブルクリンク24時間レースでも活躍している。
    • 2012年の第40回ニュルブルクリンク24時間レースでは、GAZOO Racingから出走した86がクラス優勝を飾っている。
    • 2013年もGAZOO Racingから「LFA」1台と「86」2台の体制で出場した。
      だが予選2日目、飯田章選手が乗る135号車がコースオフしフロントを大破。幸いにも飯田選手は無事だったが、マシンに受けたダメージは大きく、決勝までに修復が不可能と判断され、決勝には136号車のみの出場となった。
      決勝では天候の影響で何度もレースが中断されポジション上げに苦しんだものの、総合64位・クラス2位でゴールした。他にもプライベートチームから7台の86が出場した。
    • 2014年ではついに86号車のナンバーをゲット。その勢いでクラス優勝も果たしている。
  • ちなみに、開発段階でVLN(ニュルブルクリンク耐久シリーズ)に出場したことがあり初レースでクラス3位を獲得した。このレース車両はFT-86名義での出場だったが外観は86とほぼそっくりであった。カモフラージュしてあったことからプロトタイプモデルがベースだと思われる。
  • スーパーフォーミュラなどのサポートレースとして「GAZOO Racing 86/BRZレース」なるものが開催されている。
    名前の通りナンバーの取得が可能な86レーシングとBRZ RA Racingを使用したワンメイクレースである。
    当初は86のみで開催される予定だったが後にスバルがレースに協賛することを発表し、BRZも参戦出来るようになった。
    国内A級ライセンスと車両さえあれば参加できることから、GT300クラスチャンピオン2回の谷口信輝や、元プロ野球選手の山崎武司らを始め、プロアマ問わずドライバーは多い。
    ここ近年はこのレースのために専用スペックのタイヤや改造可能範囲内でパーツが開発されるなど、ワンメイクレースながらかなり熱が入っていることが読み取れる。
    ちなみに180km/hでリミッターが作動するのは市販車と変わらないため、スリップストリームを効かせたオーバーテイクが難しく、コーナリングと加減速のテクニック勝負が非常に熱い。
  • D1グランプリには全員エンジンを載せ替えて参戦している。
    日比野哲也選手がEJ25ベース*1、織戸学選手がシボレー コルベットのLS1、今村陽一選手がTRD製NASCAR用V8エンジン、野村謙選手、谷口信輝選手が2JZ型エンジンにそれぞれ載せかえられている。
    • ちなみに谷口選手の86はD1GPでは珍しく2台用意されている。
      1号車の「RS-1」はメイン車兼HKSのFA20用パーツ開発車として参戦しており、2号車として用意されている「RS-2」はタイムアタック車兼D1サブ車とされている。
      「RS-2」はターボにスーパーチャージャーを加えサスペンションが別タイプの物に変更されている。
      ドリフト仕様とはいえ、1号車はセッティングの小変更だけで筑波サーキットで57秒1をたたき出している。
      因みに2014年シーズンの第3戦オートポリスからは「IS-220R」に積まれていた3.4リッターまで拡大された2JZエンジン+HKS製T51R改タービンを搭載して参戦している。
      2014年からD1がJAF準公認競技化になり、これによってNosが使用禁止になり元から積まれていたFA20では近年の大容量化に追いつくことができず優勝するのが非常に厳しい事、そして同時進行だったFA20用パーツの開発完了を機に今回の載せ替えに至ったとの事。
      D1公式HPにはテスト時にブースト圧1.6キロで700PSほど出たとされているが2キロまで上げれば900PSも狙えると記されている。
  • ラリー活動
  • 2014年のWRC第8戦ラリー・フィンランドのトミ・マキネンがドライブし、豊田章男(トヨタ自動車社長)が同乗するGT86がSS7開始直前に走行を行い大きな話題となった。
    このGT86が「新城ラリー2014」で一般公開された際にGR 86xという名前であることが明かされ、ラリー仕様の運転トレーニング車両と紹介されている。
    GR 86xはトミ・マキネン・レーシングが豊田章男の依頼を受けて製作したもので、駆動方式の4WD化がされるなど中身に関しては別物と言える*2が、外見上はGTウィングが装着されボンネットにエア抜き用の開口部を設ける程度に抑えられている。
    2017年からのトヨタのTMGによるWRC参戦が正式発表された際に、豊田章男社長がヤリスWRCに試乗する様子が公開されており→(YouTube)、GR 86xの製作はこれに向けてのトレーニングも兼ねていたと考えられる。
  • 一方でこれまで欧州におけるトヨタのラリー活動を支えてきたTMGは独自にGT86 CS-R3というラリーカーを開発。2014年のWRC第9戦ラリー・ドイツのゼロカー*3として、ホモロゲーション取得前の最終確認も兼ねて走行を行った。
    本車両はWRC3に出場可能なグループR3規定に合わせて製作されており、6速シーケンシャルのトランスミッションを搭載し、エンジンの各部をチューンすることで240〜250馬力にまでパワーアップされている。
    日本国内でも全日本ラリー選手権にSARDから出場していた。
    TMGはこのGT86 CS-R3によるワンメイクラリーをドイツ国内で開催することを計画している。
  • 競技用途での不遇
  • 上記のチューニングについての記述でも述べられているが、エンジンやフロントサスは競技用途において扱いづらいと評価されることが多く、D1グランプリ使用車両のエンジンスワップやフロントサスのスワップは定番化している。
    例えば谷口信輝はフロントサスをシルビアの物に換装し、エンジンもHKSワークスで使用したアルテッツァの物(2JZ-GTE)に変えてしまう。織戸学もいち早く大排気量のV8エンジンに換装した。
    他にもフロントサスをFD3Sなどの他のFR車両の物に置き換える選手も存在する。これに関しては「ベースのサスのままでは4WD用に開いている穴が悪影響を及ぼし最適なアライメントが出せない」ことが大きな理由のようである。
    • という具合にD1車両が開発された結果、ストリートのチューニング業界にも少なからず影響を与え、上記の余談節に記載されている通りのチューンが行われるようになった側面もある。
  • スーパーGTのGT300クラスにも参戦している車両があるが、童夢やムーンクラフトが名を列ねるJMIAが中心になって開発し*4、GTアソシエイションがJAFの公認を与えて販売しているマザーシャシーを利用しており、見た目に関わる部分(ガワ)以外は別物であり、エンジンは4.5L V8*5となっている。

  • カラーバリエーション:Lightning Red,Satin White Pearl,Sterling Silver Metallic,Orange Metallic,Dark Gray Metallic,Galaxy Blue Silica,Crystal Black Silica


*1 東名パワード製コンプリートエンジン
*2 トミ・マキネン・レーシングは欧州におけるスバルのカスタマー向けラリー活動をサポートしている為、それに関連したものと推測される
*3 ラリー競技開始の15分前に走行コースが安全であるかどうか最終確認を行う車両のこと
*4 GTアソシエイションの会長の坂東氏が、「レース関連は手を引いた」と明言し1歩下がった所に陣取っていた童夢の林会長を説得し開発の目処が付いた。
*5 マザーシャシーに付属するといえる旧ザイテック=日産のVK45DEがベース

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-17 (月) 21:41:03 (246d)