Top > トヨタ カローラレビン GT-APEX (AE86) '83
  • 総排気量:1587cc
  • 最高出力:130ps(135ps)/6600rpm(6500rpm)
  • 最大トルク:15.20kgfm(15kgfm)/5200rpm(5000rpm)
  • 駆動形式:FR
  • 全長:4180mm
  • 全幅:1625mm
  • 全高:1335mm
  • 車両重量:940kg
  • 価格:Cr.1,447,100(走行距離11578km)
  • Lv:0
  • PP:355(366)
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:ツートンカラーのためペイントアイテム入手不可
  • 備考:ペイントしてもツートンは維持される

Levin-AE86-83-1.jpg
Levin-AE86-83-2.jpg
  • 1983年から生産が開始された4代目カローラレビンであり、カローラとして最後の後輪駆動(FR)車である。スプリンタートレノは基本骨格を共有する姉妹車にあたる。そのため、好みでレビンをトレノにしたり、その逆をしたりする人もいた。4代目カローラ/スプリンターはセダンなどがFF化されたが、レビン/トレノ(以下AE86型)のみFRを採用し続けたことで知られており、またAE86型はGT5収録モデルである3ドアハッチバック以外に2ドアクーペもラインナップに加わっていた。
  • 現在ではハチロクと言えば漫画・アニメ・映画などの人気もあり「3ドアハッチバックのトレノ」を連想するかもしれないが、販売当時はボディ剛性が低くリアガラスの重いハッチバックや固定式に比べて複雑な機構で故障の多いリトラクタブル・ライトはあまり人気がなく、特に峠の走り屋やラリー競技者たちの間での一番人気は「2ドアクーペのレビン」であったといわれている。一方3ドアハッチは2ドアクーペに比べて空力性能が良いとされ、高速域でのロードラッグが求められるサーキットでは好んで使用された。
  • また、収録グレード「GT-APEX」はパワーステアリングなどが装備されていた豪華な街乗り重視グレードであるが、走りを求める人には固めのサスペンションやリアスタビライザーを装備した更にスパルタンな「GTV」グレード(GTシリーズ未収録)の方が人気があった。
    • GTシリーズ以外のレースゲームでは、この「GTV」グレードが収録されているものもある。
  • FF化された他モデルと異なりFRを堅持したことから、プラットフォームを含めた主要なパーツは先代モデル(つまり3代目レビン)から流用され、当時の目で見てもシンプルなメカニズムは先代のノウハウが流用可能であることも相まってユーザーによるチューンが容易であった。
    当時のジャーナリストたちには「悪く言えば時代遅れ」と酷評されることもあったが、次世代型の5代目(AE92型)ではついにレビン・トレノもFF化されたことからAE86型は希少となった若者に手が届くライトウェイトFRスポーツとして存在が再認識され、モデルチェンジ後も高い人気を保った。
  • エンジンは名機2T-Gに変わり4A-Gを採用。当初は2バルブで開発がすすめられていたが、高出力化のために4バルブに変更された。それ以外にもクランクシャフトを鍛造品にしたり、フライホイールのボルト数を増やしたりと信頼性、耐久性についても向上が図られた。
    軽量、高剛性構造により2T-Gよりも23kg軽くすることに成功。可変吸気システムT-VISや高圧縮比化、ベントルーフ型燃焼室の採用により800rpm→7700rpmまで僅か0.98秒で吹け上がるレスポンスを手に入れた。
    最高出力は130PSと決してパワーがあるエンジンでは無かったが、1tを切る軽量な車体にとって必要充分なパワーは持っており、ライトウェイトスポーツとして軽快な走りを見せた。
  • トレノも含め、このクルマは現在でも熱狂的なファンが少なからず存在し、登場から30年を経た現在でも中古車市場では驚異的な高レートで取引されている。状態がよい個体だと取引額は当時価格(新車)の2倍程度にも達し、AE86発売の12年後に登場したレビンの最終型AE111さえもはるかに上回る。その人気は、後にトヨタが同名のスポーツカーを出すほどにまで及んでいる。
  • トレノとは違いJGTC・全日本GT選手権には参戦していないが、JTC・全日本ツーリングカー選手権グループAに参戦しており、スポーツランドSUGOで開催された開幕戦で優勝するなど、通算2勝を飾っている。
  • レビン・トレノ共に2ドアクーペモデルは人気に反して一度も収録されていない。
    また、(シリーズ毎に年式等の違いはあるものの)トレノはGTシリーズ皆勤なのだがレビンはGT3で何故か一度収録を外れている。

  • カラーバリエーション:High-Tech Two-Tone (白黒),High Metal Two-Tone (銀黒),High Flash Two-Tone (赤黒)



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-18 (木) 05:52:11 (209d)