Top > 日産 シルビア spec-R エアロ (S15) '02
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:250ps/6400rpm
  • 最大トルク:28.00kgfm/4800rpm
  • 駆動形式:FR
  • 全長:4445mm
  • 全幅:1695mm
  • 全高:1285mm
  • 車両重量:1240kg
  • 重量バランス:56対44
  • 価格:Cr.2,560,000
  • Lv:3
  • PP:433
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:レーシングモディファイ可能
  • 備考:カーボンボンネットを取り付けるとエンブレムが消える

SILVIA-S15-1.jpg
SILVIA-S15-2.jpg
  • 余談だが、このクルマはS13、S14と違い北米や欧州に輸出されておらず、ごく少数がオーストラリアとニュージーランドに輸出されるに留まっている。
  • 当初トヨタ スープラに搭載されたものと同タイプのゲトラグ製6速MTを搭載するとアナウンスされ、全シルビア乗りが歓喜した。しかし、その後トヨタ アルテッツァと同等のアイシンAI製へと変更する旨のアナウンスが出て不安の声が上がり、発売1ヶ月後にはミッションブローの報告が相次ぐまでの流れは、外人4コマに匹敵する程のレベルであった。ニスモによって対策品が発売されたが、これもハードチューンには耐えられず、最終的にはS14のミッションに戻した方がマシとまで言われてしまった。
    • このミッションはアルテッツァのものと本当に同じ物(エンジンへの接続部分とギア比だけ異なる)だったらしく、同じようにミッションが破壊されまくった。同じミッションを搭載したNB型ロードスターはパワーを重視されなかったのでミッションこそ破壊されなかったが、シフトフィーリングが最悪すぎて1.6Lモデルの5MT(マツダ内製)の方がマシと言われた。それほどにこのミッションを製作したアイシンAIに対するバッシングは多かったのである。

  • カラーバリエーション:Sparkling Silver(M),Pearl White,Super Black,Brilliant Blue,Active Red,Lightning Yellow



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-05-04 (金) 21:36:00 (140d)