Top > 日産 GT-R '07
  • 総排気量:3799cc
  • 最高出力:480ps/6400rpm
  • 最大トルク:60.00kgfm/3200-5200rpm
  • 駆動形式:4WD (標準前後トルク配分=30:70)
  • 全長:4655mm
  • 全幅:1895mm
  • 全高:1370mm
  • 車両重量:1740kg
  • 重量バランス:52対48
  • 価格:Cr.7,770,000
  • Lv:11
  • PP:529
  • 備考:トランスミッションは6速
  • 備考:レーシングチタンマフラーなどを装着すると、マフラーの位置が変わる
GT-R07-1.jpg
GT-R07-2.jpg
  • 2001年東京モーターショーでコンセプトが発表、05年のプロトを経て、07年に発表・発売された。
    • 公式名称は NISSAN GT-R であり報道ではこちらが使われるが、ネット上の雑談などではこれまでのスカイラインGT-Rと同じように R35 GT-R と、型式込みや型式だけで記されることが多い。
  • 車名から「スカイライン」が消えたモデルとなった。
  • 開発コンセプトは『マルチパフォーマンス・スーパーカー』。誰でもどこでも気軽にスーパーカーを楽しめることをテーマとしている。
  • GT-R専用に製作されたプレミアム・ミッドシップパッケージを採用。重量と重力を走りに活かす事を目標に考えられたプレミアム・ミッドシップパッケージは「重力とはエネルギーである」という独創的な設計思想に基づいている。
    • 設計順序は、まずリヤタイヤのグリップ力を決定し、次にフロントタイヤのグリップ力、その次にエンジンの重量と重心位置、最後にエンジンの仕様が決まるという、エンジンの性能より4輪のグリップを重視して製作された。
      とはいえエンジンパフォーマンスが軽視されている訳ではなく、GT-R専用に製作されたVR38DETT型V6ツインターボで最高出力は480ps。1.7tの車体を進めるため、トルク重視であるとはいえこのパワーを確保している。
  • 車重1740kgと聞くと「重過ぎる」と思われるが、単に重くしているのではなく、サーキットや公道、悪天候時の路面や雪道、悪路などでの高いグリップ力の確保による安定性向上の為の最適重量として1740kgとなった。もちろん運動性能だけであれば軽量化したほうが良いが(後述のFIA-GT3仕様はレース専用ということもあり、1350kgまでダイエットされている)、軽くしていくとドライビングテクニックで、荷重をきっちりと配分出来ないと曲がらない車になってしまう。あえて重くすることで、誰でもどこでもパフォーマンスを発揮出来る車に仕上げている。
  • 重量配分が52:48と、一般的に高性能と言われる50:50ではなく若干前寄りなのも「アクセルを踏んだ時に50:50になるのが理想」「ブレーキを踏んだときに若干前のめりになる方が、荷重の掛りが分かりやすい」という独特の思想から。このコンセプトはV35の時からの継続だ。
  • トランスミッションは6速DCTで、重量配分の適正化のためリヤデフと一体化。トランスミッションは徹底的に偏平化させ、重心位置は後車軸よりも低い位置にある。独立型トランスアクスル式のため、エンジンとミッション、トランスファーとフロントデフをつなぐプロペラシャフト2本を分けて搭載し、互いに狂いや振動の無い設計となっている。
  • タイヤサイズが今までにないサイズなのも理由があり、ばね下重量の軽減よりも、径を増やすことにより円周方向の接地面積を増大させた方がいいという考えから。おかげで今までのハイグリップタイヤが軒並み装着不能になってしまったが、純正タイヤがそれに匹敵するグリップを持っている。
  • 唯一の弱点が車重からくるブレーキ周り。大径ドリルドローター+フロント6ポット、リア4ポットのブレンボ製ブレーキ等、メーカー側はニュルブルクリンク 北コースを何周してもへこたれないブレーキを開発したというが、ニュル北は実はブレーキ周りの負担が小さく、富士スピードウェイを3周もすると制動力が落ちてしまう。
  • 本車は「特別な車」であるため、メーカー保証の条件が厳格に決められ、メーカーが定める部品以外の使用、ハイパフォーマンスセンター以外で整備を行うと、メーカー保証が受けられない。タイヤ、オイル等も対象で、専用ランフラットタイヤに交換する際も使用したタイヤを切断して新しいタイヤに交換、空気圧変化を抑える為に窒素ガスを封入する。
    • また、国土交通省から違法改造防止策を求められていた。
  • 年次改良も抜かりなく、2010年モデルでは最高出力を530PSに上げ、11年モデルではカラーバリエーションの再編と外装の改良、内装をカスタマイズできる「エゴイスト」が誕生した。12年モデルでは左右非対称サスセッティングを導入し、現行の13年モデルはロールセンターの引き下げやボディ剛性の向上、エンジンレスポンスの改善が行われ、0〜100km/hは2.7秒。また、最新モデルが発売されると同時に旧年式となるGT-Rオーナー向けに、最新モデルで採用された部品に置き換えてGT-Rの進化を愉しめるバージョンアップキットが販売されている。
  • 本車の開発には、グランツーリスモシリーズを企画・製作・販売してきたポリフォニー・デジタルが参加し、マルチファンクションディスプレイの画面デザインを担当した。GT5内でも機能しており、ターボ加給圧・Gメーター・ステアリングの切れ角が表示される。
  • 写真の Ultimate Metal Silver (4M) は特別塗装色の一つで、塗装費だけで約32万円。11年モデルへのマイナーチェンジでカラーバリエーションの再編が行われた際にも、他の2色と共に引き継がれた。
  • グランツーリスモ生みの親である山内一典氏が本車を所有している。
  • ドイツのニュルブルクリンクには、GT-Rの消防車が配置されている。世界一難しく、事故や火災が多い超ロングコースにおいて迅速に出動できるために、GT-Rの開発で本コースにお世話になった欧州日産が寄贈している。
    車両重量は増加したが「8分で周回可能」の性能に加え、50Lの水タンクや全長20mのホースなどを装備しており「世界最速の消防車」としてギネス世界記録にも認定された。画像
  • 2015年にレクサスRC F(GT5未収録)にバトンタッチされるまでSUPER GTのセーフティーカーを務めていた。
  • 本車をベースにしたレース車両としてFIA-GT1仕様の「GT-R GT1」、FIA-GT3仕様の「GT-R NISMO GT3」、SUPERGT GT500クラス仕様の「GT-R GT500」(2014年からはGT-R NISMO GT500に名称変更)」市販車の改造車両「GT-Rクラブトラックエディション」、NISMOが制作した「NISMO GT-R RC」(現在は生産終了)がある。
    • FIA-GT仕様はレギュレーション関係でFR化されている。また、GT500仕様もFRである。
    • 日本ではGT3仕様がSUPER GTのGT300クラスとスーパー耐久で活躍中。優勝もしている。
      • ちなみに、2013年にはマシンをGT-R NISMO GT3に変更するチームが相次ぎ、最終的に6台のGT-R NISMO GT3がGT300クラスに参戦することとなった。うち1台は12年仕様で参戦。どうやら部品のデリバリーなどが国内産ということもあり、他のGT3車両より迅速というレベルを超えていて、たとえスペアパーツを持たずにサーキットに行ってクラッシュしても、ニスモのサービストラックに行けばその場で買えるというサービスの厚さに利点がある模様。
  • ニュルブルクリンク24時間レースには山内氏が2011年から参戦している。
    • 2011年はシュルツモータースポーツが市販車を改造したマシンで、12年にはチーム・GTアカデミーがクラブトラックエディションに小改造を施したマシンで参戦し、それぞれSP8Tクラス優勝。
    • 2013年はシュルツモータースポーツがNISMO GT3でSP9クラスに参戦。山内氏に加え、SUPER GTなど活躍中のミハエル・クルム、トビアス・シュルツ、ミハエル・シュルツ兄弟が乗り込んだ。予選では一時的だがトップに立ったが決勝レースでは度重なるトラブルにより最終的に総合134位でゴールした。


  • カラーバリエーション:Ultimate Metal Silver(4M),White Pearl(3P),Dark Metal Gray(M),Titanium Gray(TM),Super Black,Vibrant Red(C)



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 16:18:37 (210d)