Top > 日産 フェアレディZ Version S (Z33) '07
  • 総排気量:3498cc
  • 最高出力:313ps/6800rpm
  • 最大トルク:36.50kgfm/4800rpm
  • 駆動形式:FR
  • 全長:4315mm
  • 全幅:1815mm
  • 全高:1315mm
  • 車両重量:1480kg
  • 重量バランス:53対47
  • 価格:Cr.3,630,000
  • Lv:6
  • PP:456
  • 備考:トランスミッションは6速

Z-Z33-07-1.jpg
Z-Z33-07-2.jpg
  • 2000年に先代モデルZ32型が廃止され2年の空白の後にデビューした5代目フェアレディZ(以下Z33型)は、様々な意味で先代の反省点を踏まえたクルマとなった。
    プラットフォーム、サスペンションやエンジンなどの主要部品をV35型スカイラインと共有し、ベースモデルで300万円から(初期型)と安価な価格設定を可能とした。
    また、本モデル発表時には「Zは毎年進化する」と公言し、その言葉どおり、ロードスターの追加や各種限定モデルの追加が行われ、計4回にわたるエンジンスペックの向上がなされた。
  • Z33型に搭載されたエンジンは前期型はVQ35DE型で後期型はV36型スカイラインに採用されたVQ35HR型となり、後期型については最高出力313psに達している。
    エンジン変更によりエンジンブロック全高が高くなったため、後期型のボンネットフードには初代S30型を彷彿とさせるバルジが設けられた。
  • 本モデルの販売期間内にR34型スカイラインGT-Rが廃止されたこともあり、当時のJGTCにおいてGT500とGT300の双方で同系モデルをベースとしてレースカーが製作されたことはスポーツカー冬の時代を象徴する出来事といえる(他にNSXR35型GT-Rが該当する)。
    また、後述するGT300では後継のZ34型が登場して以降もZ33型がベース車両に使われた。

  • 主な限定モデル(GT5未収録)
    • 2004年にはJGTCマシンの前後オーバーハングを拡大しエアロダイナミクスの向上を目的として当時のJGTCの規則上必要であったホモロゲーション用の特別仕様車「フェアレディZ Type-E」が製作され、期間限定で少数が販売された。
    • また、同時にNISMOよりタイプEをベースとしたコンプリートカー「フェアレディZ S-tune GT」が販売され、その後継にあたるVersion NISMO Type 380RS-Competitionも2007年に発売された。
  • SUPER GT(GT300クラス)において、2008年シーズンにはNo.46 MOLA レオパレス Zが、
    2010年シーズンにはNo.3 TOMICA Z が、それぞれシリーズタイトルを獲得している。
  • なお、ハセミモータースポーツの参戦休止やMOLAのGT500へのステップアップなどもあり、2011年シーズンは参戦していない。
  • グランツーリスモシリーズ生みの親、山内一典氏が所有している。 

  • カラーバリエーション:Premium Passionate Orange(3P),Burning Red,Monterey Blue(CPM),Dark Blue(P),Diamond Black(P),Blade Silver(M),White Pearl(3P),Brilliant Silver(M)



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 17:13:18 (857d)