Top > ホンダ NSX '90
  • 総排気量:2977cc
  • 最高出力:280ps(291ps)/7300rpm(7000rpm)
  • 最大トルク:30.00kgfm(31kgfm)/5400rpm(5500rpm)
  • 駆動形式:MR
  • 全長:4430mm
  • 全幅:1810mm
  • 全高:1170mm
  • 車両重量:1350kg
  • 重量バランス:45対55
  • 価格:Cr.7,966,600(走行距離909km)
  • Lv:4
  • PP:439(446)
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:トランスミッションは5速

NSX90-1.jpg
NSX90-2.jpg
  • ホンダのフラッグシップスポーツモデルとなるNSXは、第2期F1参戦を機に開発が始まったといわれている。
    車名の由来は「New Sports X」の頭文字から取られた。なお、プロトタイプは「NS-X」と呼称されており、1989年のシカゴショーで初公開。
    開発を担当した上原繁氏は、NSXを「ドライバー中心のスポーツカー」、つまり、誰もが扱いやすく、かつ高性能なクルマと位置づけ、従来のスーパーカー等と一線を画すこととなった。
  • 1990年に発売されたNSXは、VTECを採用したことによる低速域の扱いやすさと高速域のパフォーマンス性能の両立、視界が広いウィンドウ、快適装備を備えた日常での使い勝手など、過去のスポーツカーにないコンセプトだったため、世界中の自動車メーカーに衝撃を与えた。従来のスポーツカーとは感覚の違う革命的なクルマといわれる一方、スポーツカーにしては運転がしやすく快適過ぎるという逆の意見も出ていた。その中で、マクラーレンF1を手掛けたデザイナーのゴードン・マレー氏は、マクラーレンF1の開発にあたりNSXを購入し、快適性も捨てないマシン作りを目指したという話も。
    また、日本のスポーツカーは(税制面から排気量を抑えるため)ターボが主流だったが、NSXはNAを採用し、エンジンレスポンスが良かった点も特筆すべき点である。
    • 余談だが、1994年に登場したフェラーリF355(GTシリーズ未収録)はあからさまにNSXを意識した車である、と言われる。
  • 1992年秋には、NSXの性能を更に研ぎ澄ませたタイプRが登場。タイプRは元々3年間の期間限定販売のため1995年に製造を終了してしまうが、「NSXの極み」とも呼ばれ名車として語り継がれている。
    詳細はタイプRの項を参照。
    • 1995年秋のマイナーチェンジの際には、オープンタイプのTypeTが登場、発売された(GTシリーズ未収録)。
  • 登場当時はバブル景気だったため、3年先まで予約が入るほどの人気を得た。
    しかし、その後はバブル崩壊、3年分も入っていた予約もキャンセルが相次ぐ。また、海外のスポーツカーメーカーたちの反撃など、NSXを取り巻く環境は厳しさを増す一方であった。それに対抗するためNSXは1997年に中期型(MTモデルのみ排気量を拡大)、2001年に後期型(フェイスリフトを実施)へとマイナーチェンジを実施し、2005年いっぱいまで生産が続けられた。
  • GT5に収録されているNSXは以下の通り。太字はプレミアムカー。
  • 余談だが、ホンダ自らがNSXのリフレッシュプランを用意している。
    大規模メーカー自らが行うものとしては世界的に見ても珍しく、生産終了後の今日もこのサービスプランは継続している。
  • 2012年1月のデトロイドショーにおいて、NSXの次期モデルを示唆する「ACURA NSX CONCEPT」が発表された。
    NSX後継機の開発は不景気などの理由に度々中止されていたが、今回は「2015年に市販化」を宣言しているあたりほぼ開発継続が決まっており、現在スポーツカーが販売されていないホンダにかなりの期待がかかっている。更にはNSXコンセプトをベースにSUPER GT GT500クラスに車両規則が大きく変わる2014年シーズンから出場することが決まっている。ちなみに、ポリフォニーデジタルが本車のイメージムービーを作成しており、本車がGT5のグラフィック内で走行しているところを見ると、GT5でのDLCとしての収録なども期待される。
    GT公式:「ACURA NSX CONCEPT」イメージムービー
  • 予告通り2015年1月、アメリカで行われた、モーターショーで新型モデルが発表され、2016年8月に発売された。生産はアメリカの工場で行われている。価格は初代の2倍の2000万円(日本仕様)に設定された。
  • シリーズ通し車体は変わっていないため、後期型のさまざまなパーツが前期型に流用可能。その中でも注意しておかないといけないのがABSシステム。利きが非常に甘いのに加え、長い間ABSを利かせると失効していきなりロックする危険性がある。他は標準装備でなかった初期型MTに後期型の電動パワーステアリングユニットを移植すると快適性があがる。

  • カラーバリエーション:
    Indy Yellow Pearl,Neutron White Pearl,Sebring Silver Metallic,
    Kaiser Silver Metallic,Formula Red,Shallot Green Pearl,Berlina Black


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-11-14 (木) 21:17:34 (24d)