Top > フェラーリ F2007
  • 総排気量:2398cc
  • 最高出力:---ps(676ps)/---rpm(18500rpm)
  • 最大トルク:---kgfm(26kgfm)/---rpm(17000rpm)
  • 駆動形式:MR
  • 全長:---mm
  • 全幅:---mm
  • 全高:---mm
  • 車両重量:---kg(545kg)
  • 重量バランス:45対55
  • 価格:Cr.1,250,000,000
  • Lv:24
  • PP:871
  • 備考:トランスミッションは7速
  • 備考:オフラインレースイベントでの使用不可
  • 備考:アーケードモードの2P対戦使用不可
  • 備考:参戦したレースはワンメイクレースになる仕様
  • 備考:雨天時にテールランプが点滅する

Ferrari-F2007-1.jpg
Ferrari-F2007-2.jpg
  • F2007はスクーデリア・フェラーリ(以下フェラーリ)が2007年のFormula1 world championshipに投入したF1マシンである。
    名称は2006年シーズンの248F1と異なり、2005年シーズンまでと同様にF+西暦となった。
    ドライバーを務めたのはゼッケン5号車のフェリペ・マッサと、ゼッケン6号車のキミ・ライコネンである。
    キミ・ライコネンは2006年まで在籍した皇帝ミハエル・シューマッハの穴を埋めるべくマクラーレンから移籍した。
  • ミハエル・シューマッハの引退、長年チームを支えてきたテクニカル・ディレクターのロス・ブラウン等の主要なスタッフがチームを去るなど、2007年はフェラーリにとって大きな転換期となった。
    F2007はシャーシ部門のアルド・コスタを中心に開発され、基本的には248F1の改良型だが、革新的なゼロキール・フロントサスペンションを搭載するために空力面に大きな改良が施されていた。
    全体的にダウンフォースでマシンを接地させるエアログリップ重視の設計により車体の姿勢変化が小さく、縁石の低いサーキットを得意としていた。
  • 2007年シーズンは第16戦までの結果、フェラーリとマクラーレンがそれぞれ8勝ずつ分け合う形で最終戦ブラジルGPに突入した。
    そのブラジルGPにおいて、予選3位でスタートしたキミ・ライコネンが逆転優勝を果たし、悲願のドライバーズタイトルに輝いたのである。
    なお、コンストラクターズタイトルについてはマクラーレンがスパイ疑惑により全ポイントを剥奪されコンストラクターズランキング対象外となったことから結果的にフェラーリがダブルタイトルを獲得している。
  • F2007のカラーが2種類あるのはシーズン途中で塗り替えられたことによる。
    開幕戦から数戦は従来と同じく明るい赤(上掲写真のもの)が塗られていたが、その後メタリック調の深い色合いの赤に塗り替えられた。
    ちなみに明るい赤だった頃はマッサが、塗り替えられてからはライコネンが好調だった。
  • この年のマシンからロールバーに設けられたオンボードカメラの識別マーカーが変更された。
    前年まではカーナンバーの若いファーストカーに赤、セカンドカーに黒、そしてテストやサードカーなどで使われる3台目に黄色となっていた。これが07年からはセカンドカーとサードカーの色が入れ替えられた。
    2013年からはファーストカーが黒に変更され、セカンドカーはこれまでと同じく黄色となった。
  • GT5ではマッサ仕様、ライコネン仕様、つまりいずれかのドライバーの仕様のマシンをカラー選択時に選べる(何故かこれができるGT5の実在レーシングカーは本車とF10のみ*1 )
  • GT4で最速のクルマであったフォーミュラグランツーリスモとは比べ物にならないほどダウンフォースが強く、最大出力も200PS以上低いため格段に扱いやすい。GT5ではF10と並んでX2011X2010フォーミュラグランツーリスモに次ぐPPの高さを有する。
  • ゲーム内のレインタイヤ・インターミディエイトタイヤを装着すると、溝が多く刻まれたタイヤに変化する。

  • 余談だが、GTPSPからインポートしてきた車は全てスタンダードカーになるが、この車はコクピットの計器が動いているのにも関わらず、スタンダードカー共通の計器も使用されている。
  • 2013年8月29日〜9月12日の期間のホットカーディーラー(利用できない)にスタンダード版のF2007が入庫した。価格は同じくCr.1,250,000,000。
    スタンダード版とプレミアム版との大きな相違点は、オンボードカメラがないこととノーズ部分のマルティニロゴの有無である(マルティニロゴはVer.2.15で削除)。
    "フェラーリF1はワンメイクになる"などのフェラーリF1に関する特別な仕様はこのスタンダード版にも適用されている。

  • カラーバリエーション:赤[6]、濃赤[6]、赤[5]、濃赤[5]


*1 わかりやすく一例を挙げると、もしC4 WRCにもこのシステムがあったらセバスチャン・ローブ仕様とダニエル・ソルド仕様を選択できたということ

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-04 (日) 02:44:05 (15d)