Top > グランツーリスモ フォーミュラグランツーリスモ
  • 総排気量:---cc
  • 最高出力:---ps(876ps)/---rpm(17500rpm)
  • 最大トルク:---kgfm(38kgfm)/---rpm(15500rpm)
  • 駆動形式:MR
  • 全長:---mm
  • 全幅:---mm
  • 全高:---mm
  • 車両重量:---kg(550kg)
  • 重量バランス:47対53
  • 価格:Cr.500,000,000(走行距離0km)
  • Lv:24
  • PP:895(892)
  • 備考:トランスミッションは7速
  • 備考:()内の数値はホットカーディーラー販売時のもの*1

FomulaGT-1.jpg
FomulaGT-2.jpg
  • グランツーリスモシリーズの中のみで登場する架空のフォーミュラマシン。略称FGT。初登場はGT4発売の2004年になる。
    ちなみにGT3では実車を参考にしたと思われる合計6車種のフォーミュラマシンが登場していたが、F1GPに対する版権に考慮したためかそれ以後の作品では収録されていない。
  • 外見は2003年〜04年のF1マシンと良く似た特徴をいくつか持っている。
    しかしさすがに「考えうる最速のフォーミュラマシン」を自負するだけあってF1マシンとはひと味違い、搭載しているエンジンの排気量は当時のF1が搭載していたものよりも500cc以上上回っている他、大型のエアロパーツやABSなどの電子制御装置、現行F1では禁止されているグラウンド・エフェクト構造のシャシーの採用などでF1に比べても大幅に強化されている。
    • ・・・はずなのだが、ダウンフォース設定値の幅がエアロパーツが制限されている近代のF1に比べて遥かに狭く(当然ながらコーナリングスピードも落ちる)、わざわざ重厚長大なV12を選んでいるにもかかわらず、当時トップクラスのV10(当時HONDAやBMWのF1エンジンは3000ccV10で20000回転over、1000psに迫っていたといわれる)に劣るエンジン性能など、最速を名乗るには妙に疑問符も多い車ではある。
  • 今回はスタンダードカーとしての収録であり、尚且つ気軽にプレゼントカー入手できるイベントも無かったため、中古車ディーラーにこのクルマが出回るまでフォーミュラグランツーリスモ世界選手権に参加出来ないという事態が発生。ディーラーに並ぶまで長い受難の時を過ごす羽目になったり、十分金額を用意していない時に急に中古車ディーラーに出現し、FGTを購入するお金を作るために愛車を売り払ってしまうプレイヤーが相次ぐといった悲劇が日本(世界?)各地で起こった。
    • 2014年5月31日12時にオンラインサービスが終了したため、ホットカーディーラーが利用できなくなり、入手が困難となった。しかしGT6では、GT5より3億Cr安く常時ディーラーに並んでいるので、入手が難しい人はGT6で試してよいだろう。
  • 出現当時はその圧倒的な性能によってGTシリーズ収録車中最速の名を欲しいままにしていたが、GT5ではX2010の登場によりあっけなくその座を奪われてしまった。
    とは言え、実際の走行シーンではかつてのグループCカーをも難なく引き離す走行性能は健在で、車種制限がないイベントレースの攻略でも活用できる。また、PPはX2010の次に高い数値を持っている。
    ただし強力すぎるエンジンパワーにシャーシ性能がついていけなくなってしまう場面もしばしばあり、特にダウンフォース量が極端に不足する低速コーナーからの立ち上がりでは著しく安定性を欠く。
    的確にスロットル量をコントロールすることに自信が無い場合には、ドライビングオプションでTCSを強めに効かせておくとよいだろう。
    TCSで速度を落としたくない場合は、LSDの加速側を最低にすることで、ある程度抑えられる。
  • なお、ヘッドライトがないため、車種制限がないとはいえどもAスぺック24時間耐久に使うべきではない。夜になると前が見えなくなり、走るどころではなくなってしまう。ドライビングラインをONにしているならある程度走行出来るが、それでも走行するのは厳しい。
    ところが、Bスペックでは他のヘッドライト非装着車同様問題なく走れてしまう。真っ暗闇の中ヘッドライトの明かり無しで高速で走る様は一見の価値がある。
  • レインタイヤ、インターミディエイトタイヤを装着すると、溝が刻まれたタイヤに変化する(レーシングタイヤ以外に交換すると何故か溝がない)。
  • Apexでのメーカー名はポリフォニーデジタルになっている。FGTが登場した『グランツーリスモ4』及び『PSP版グランツーリスモ』ではメーカー名がポリフォニーデジタルだった*2のでその名残だと思われる。
  • このモデルにはカラーバリエーションが意外と多い。ポリフォが考えたフォーミュラマシンのためか、当時のF1に参戦していたマシンカラーリングを参考にしたと思われる。『グランツーリスモ4』では黒一色の限定カラーも存在していたがPSP版以降収録されていない。
  • なお、GT4ではホワイトのみカストロールのロゴがモービルになっていたがGT5ではカストロールに統一されている。

  • カラーバリエーション:(全て色名なし)
    ホワイト
    レッド
    ブルー
    オレンジ
    ブルー/ホワイト
    パープル/ホワイト
    グリーン/ホワイト
    グリーン/イエロー
    イエロー/ブラック
    シルバー/ブラック


*1 ホットカーディーラー販売車は厳密には「新車」ではありません(慣らし済みの数値になっている)。
*2 GT4には「ポリフォニーデジタル」というメーカーがGTモードには存在しなかったので印象が薄いが、アーケードモードには存在している。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-26 (月) 21:43:21 (426d)