Top > フェラーリ F10 '10
  • 総排気量:2398cc
  • 最高出力:---ps(680ps)/---rpm(17500rpm)
  • 最大トルク:---kgfm(27kgfm)/---rpm(16000rpm)
  • 駆動形式:MR
  • 全長:---mm
  • 全幅:---mm
  • 全高:---mm
  • 車両重量:---kg(560kg)
  • 重量バランス:45対55
  • 価格:Cr.1,000,000,000
  • Lv:24
  • PP:871
  • 備考:トランスミッションは7速
  • 備考:オフラインレースイベントでの使用不可
  • 備考:アーケードモードの2P対戦使用不可
  • 備考:雨天時にテールランプが点滅する
  • 備考:写真の車はフェリペ マッサのもの。

Ferrari-F10-1.jpg
Ferrari-F10-2.jpg
  • 2010年度F1グランプリを戦うためにスクーデリア・フェラーリが開発したフォーミュラ1マシン。
    カーナンバー7を前年度の大事故から復活したフェリペ・マッサ、8をキミ・ライコネンにかわりルノーから移籍したフェルナンド・アロンソが駆る。
  • 不振から2009年度マシン『F60』を早々に切り捨て、長い開発期間が設けられた。
    『F60』にくらべノーズが前方に延長され、形状は前年度のレッドブル・レーシングのマシン『RB5』を参考に『Vノーズ』と呼ばれるものに変更。開幕戦ではテスト時にはなかったシャークフィンも投入した。
    シーズン中もマクラーレンのFダクト、レッドブルのブロウン・ディフューザーの2大トレンドの投入をはじめとした開発が続けられ、フェラーリのタイトル奪還に向けた本気を感じ取ることができた。
  • レッドブルの『RB6』とともにフレキシブルウイングの使用が疑われたが、シーズン途中に両チームとも合法との裁定を受けている。
  • 開幕戦バーレーンGPをワンツーフィニッシュで飾ったが、予選でのペースはレッドブルの後塵を拝し、ポールポジション獲得は第14戦イタリアGP、続く第15戦シンガポールGPの2回(2回とも獲得はアロンソ)に留まった。
  • レッドブルのブロウン・ディフューザー、マクラーレンのFダクトのようなトレンドとなる独自要素こそ無かったが、元々のバランスの良さに加えシーズン終盤までの休みない開発によりそれらの取り込みに成功、さらにはアロンソの優れた技術によって主にシーズン後半戦で活躍し、第11戦ドイツGP以降は4勝。シーズン5勝を挙げる。
  • 最速レッドブル勢の自滅にも助けられ、第18戦ブラジルGP終了時点でアロンソはドライバーズランキングトップの246ポイント。2位のマーク・ウェバー(238ポイント)、3位のセバスチャン・ベッテル(231ポイント)を従え最終戦アブダビGPでタイトルを争うが、レースでは早めのピットインが仇となりアロンソは7位フィニッシュ。1位フィニッシュのベッテルに土壇場で逆転を許し、3度目のドライバーズタイトルを失った。
    • 早めのピットインが原因で後続に引っかかり、オーバーテイクの難しいコース特性もあり最後まで順位を上げることが叶わなかった。ちなみに、このときアロンソを抑え5・6位フィニッシュをしたロバート・クビサとヴィタリー・ペトロフのマシンは前年度までの古巣にして、2005・06年にアロンソが2度のタイトルを獲得したルノー。なんという因縁か…。
  • 対してマッサは表彰台5回、リタイヤは第16戦日本GPでの1回と終始安定した走りだったが、2010年シーズン3強(レッドブル、フェラーリ、マクラーレン)のドライバーの中では唯一優勝がなく、ランキングも一番低い6位(144ポイント)に留まり、最終戦までタイトルを争ったアロンソの陰に隠れる形となった。
  • シーズン序盤はエンジンの信頼性に不安があり、フェラーリのみならずエンジン供給先のBMWザウバーもエンジントラブルが多発した。現在のF1ではレギュレーションでエンジンの開発が一定期間禁止されているため、FIAの特別承認の下、エンジンの改善にも取り組んだ。
  • 2009年のレギュレーション変更で、タイヤがグルーブド(溝あり)タイヤからスリック(溝なし)タイヤに変わり、前後のグリップ配分がフロント寄りに変化した。
    更にリアウィングの幅が大幅に縮小されたのに対し、フロントウィングは小さな変更に留まったため、ダウンフォースの比率もフロント寄りになり、3年前のF2007と比較して非常にオーバーステアが強い特性に変化した。
    又、スリックタイヤを装着しているため、ダウンフォースが少ない低速域でも高いグリップ力を発揮し、F2007よりも低速コーナーに強い性質を持つ。
  • カラーリングに多数のバリエーションが存在する。
    『F10』発表から第4戦中国GPまでの、エンジンカバーにバーコードのようなロゴ(フェラーリは否定しているが、タイトルスポンサーであるマールボロのロゴを模したものと推測される)があるもの。
    第5戦スペインGP・第6戦モナコGPの、バーコードロゴが排除され白線で囲まれたもの(スペインGP前にイギリスの医師会から「マールボロのロゴを連想させるサブリミナル広告ではないか」と抗議があったため)。
    第7戦トルコGPの、フェラーリF1参戦800戦目記念カラーとしてエンジンカバーに白で800と書かれたもの。
    第8戦カナダGP以降の赤1色のもの(GT5収録モデルと同様)。
    計4種類が存在する。
  • GT5に収録された本モデルは、上述の通りカラーリングこそ第8戦以降の赤1色となっているものの、第5戦以降に投入されたFダクトが存在しない等、再現度にやや疑問が残る。
    • 恐らく、広告規制と上述のカラー変更の影響で開幕戦から第4戦までの仕様のマシンからバーコードロゴのみを排除した結果、こうなってしまったのだと思われる。
  • タイヤの緑色のマーキングは当時のレギュレーションでは「ソフトタイヤ」を示す線であるが、GT5内ではハード、ミディアムタイヤ、レーシングタイヤ以外に交換しても線は消えたりしない。しかし、レインタイヤ・インターミディエイトタイヤを装着すると、溝が多く刻まれる他に、中央にマーキングが施される。この仕様はX2010にも反映されている。

  • カラーバリエーション:[8],[7]



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 04:29:47 (912d)