Top > 修羅次元

修羅次元 Edit

一定条件を満たすと到達することができる高難易度マップ。

シリーズではおなじみであり、敵のレベルが大幅に上がり、パラメータも高くなる。
修羅次元まで来ると通常のレベルアップだけでは敵の強さに追いつけなくなってくるため、その他の育成方法でキャラクターの強さの底上げが重要となってくる。(詳細→キャラクター育成

いわゆるディスガイアシリーズの本性といってもよく、やり込みを目指す上では避けて通ることはできない。近作ではストーリーとも関連付けられることがあるが、本作でも同様であり、修羅次元は後日談『絶勝編』の一部と位置づけられており、絶勝編の進行に必要なステージは修羅次元の修羅ステージとして出現することになる。

概要 Edit

伝統的に本編のステージは修羅次元に対応し、『現世』と呼ばれることが多いため、本項でも本編中のステージを現世と呼ぶ。

基本的に修羅次元といっても現世と構成自体は変わらない。
例えば本編で現世の第1話「日ノ本オタクとはぐれ武士」のステージがあったが、これに対応する修羅の第1話「日ノ本オタクとはぐれ武士」が存在することになる。

現世と修羅の最大の違いは敵の強さである。修羅次元の敵のレベルは現世の敵のレベルの21倍に200を加算した値になる。また同じレベルであっても現世と比べると敵のパラメータが高くなる。
チート屋による強化も踏まえた敵のレベルは以下の通りとなる。

基準のレベル×(1+20×チート屋の強化段階)+200×チート屋の強化段階

そのため、1-1であったとしても修羅次元では敵のレベルは最低221であり、本編ラスボスよりも遙かに強い敵として登場する。また、チート屋で敵強化した現世高ランクアイテムのアイテム界のように、敵がレベル9999を超えてもパラメータや取得経験値量などの計算の際にはそれ以上のレベルであるとして計算されるようで、終盤になると数百万~数千万といったパラメータを持つ場合もある。

また、修羅次元では敵の装備品やミッション達成報酬として出現するアイテムや装備品についてアイコンがピンクがかったものに変化(一部変化しないアイテムもある)する。これらのアイテムは修羅アイテムと呼ばれ、現世で入手できるアイテムと比べると格段に性能が高くなっている。
具体的に言ってしまえば、現世拳最強であるランク40のアムルテンよりも、修羅拳最弱であるランク1のゆびぬきの方が強力である。なお、本作では消費アイテムについては修羅次元では特性が可用から超可用に変化し、見た目の性能こそ変わらないが、回復量が大幅に増える形になる。

また、修羅次元のアイテムでアイテム界に挑むと修羅次元の敵が出現するようになる。

修羅次元の敵も現世と同様(ボスなど捕まえられない相手を除けば)捕獲することが可能であるが、パラメータについては通常の敵と同程度まで縮減されるため、レベルが高いキャラとして活用することはできなくはないが、修羅次元の強さのままで運用することはできない。

修羅次元のステージは、原則として現世で選べるステージと同じステージが解放されている。
例外は

  • 後日談のシナリオ
  • 修羅ステージ
  • DLCの配信シナリオ
  • 超魔王バール(別途議題を可決する必要あり)

の4つ。
修羅ステージは上記絶勝編において、修羅次元限定で追加されるステージであり、修羅次元でのみ遊ぶことができる。
後日談シナリオの大半とDLC配信シナリオは修羅次元には出現しないため、現世でのみ遊ぶことができる。
超魔王バールについては現世、修羅次元のいずれでもステージが登場するが、現世、修羅次元のそれぞれで議題を可決する必要があるほか、現世と修羅次元ではステージのレギュレーションが異なっている。

なお、修羅次元のステージのクリア状況やクリア回数は現世とは別にカウントされるが、上述の通り、現世で選べるステージが基本的に選べるため、修羅次元で逐一ステージをクリアしていく必要はない。
ただし、練武5など稼ぎマップを利用する場合は初回配置のバージョンをクリアしておく必要がある点には注意。

魔界観光については現世でクリア済みで観光可能なマップであれば修羅次元でクリアしていなくても観光可能である。登場人物やよろず屋の売り物などは現世とは異なっており、決闘を申し込んでくるNPCも現世とは別。
そして、悪魔詰将棋日ノ本武闘大会についてもステージや難易度が現世とは異なっているため、完全クリアを狙うのであれば改めてプレイする必要がある。

目的 Edit

修羅次元の目的は大きく分けると3つあり、「絶勝編のクリア」「キャラクター育成」「アイテム収集・強化」である。

絶勝編のクリアは修羅次元にある修羅ステージがそもそも絶勝編クリアに結びついているため詳しくは述べない。なお、攻略法についてはこちらを参照。

キャラクター育成については現世でも可能であるものの、修羅次元においては敵のレベルが高いことから効率が格段に良くなる。現世ではいくら敵の強さを上げたとしても敵のレベルは限界があるのに対して、修羅次元であればレベル9999の敵とも普通に戦えるためである。修羅練武5については最終的なキャラクター育成でお世話になることが多い。

アイテム収集・強化についても修羅アイテムの性能は現世のアイテムを凌駕することから、この段階で初めてアイテム強化について本気で考えていくことになる。もっとも高ランクの修羅アイテム界の敵はアイテム界の敵が弱いということを加味しても尋常でない強さを誇っているため、生半可な実力では強化はおろかただ進んでいくだけでも厳しい。まずはキャラクター育成を行い、その上で行うことになる。



Reload   New Lower page making Edit Freeze Diff Upload Copy Rename   Front page List of pages Search Recent changes Backup   Help   RSS of recent changes
Last-modified: Sun, 05 Nov 2023 05:26:18 HADT (224d)