Top > S800 '66
分類性能
メーカーホンダ総排気量791ccPP318
国籍日本最高出力70PS/8,000rpm全長3,335mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク6.7kgfm/6,000rpm全幅1,400mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,215mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量720kg/50:50
内装簡易PWR10.43kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.5,800,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • ホンダがS600のマイナーチェンジ版として1966年から販売したスポーツカー。愛称は「エスハチ」。
    Sシリーズは同年代のスポーツカーであるヨタハチのライバルと評されレースにおいて多くの名シーンを生み出した。
  • Sシリーズの特徴ともいえるリアのチェーンドライブ機構はこのS800では廃止され、サスペンションも通常のリジッドアクスル(車軸懸架)方式へと変更された。それに加え、ディスクブレーキとラジアルタイヤの装備も行なわれた。
  • エンジンはS500と同じものをベースに更に排気量を拡大し、最高出力は70PS/8000rpmとS600から20PS以上も向上した。
  • 外見もS500・600に比べて変更点が多く、ボンネットへのパワーバルジ増設(バルジとは膨らみのこと。ただしS800のこれはダミーで、エンジンを燃料噴射方式へ変更するための名残だったらしい)、フロントグリル・テールランプの形状変更など多岐にわたっている。
  • S800にはオープンとクーペがあり、収録モデルのS800は前者。
    実はオープンは発売から3か月程で一旦姿を消しており、オープンタイプは1968年の「S800M」まで待つ事となった。
  • Sシリーズは500・600・800の合計で25,520台が生産されたが、1970年のS800生産終了後にホンダは一時期純然なスポーツカーの開発を封印する。しかしSシリーズのスポーツドライビングへの情熱は後にS2000へと進化遂げ、新たな伝説を生みだしたのであった。
    • そして、2015年にSの名を受け継ぐ軽スポーツカー「S660」が発売され、現在は2代目コペンなどと対決を繰り広げている。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-03-17 (日) 16:24:55 (154d)