Top > スポーツ 800 '65
分類性能
メーカートヨタ総排気量790ccPP309
国籍日本最高出力45PS/5,400rpm全長3,610mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク6.8kgfm/3,800rpm全幅1,465mm
モデル簡易駆動形式FR全高1,175mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量580kg/54:46
内装簡易PWR13.18kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,200,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
ペイントを施してもルーフは塗装されない
プレゼント---チューンパワーリミッターの調整不可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • トヨタが高度経済成長期に製造したライトウェイトスポーツカー。
    ホンダのSシリーズのライバルと評され、Sシリーズと共に1960年代の名車として名高いマシンである。
    クルマの愛好家たちから「ヨタハチ」の愛称が付けられ、語り継がれている。*1
  • コストを抑え、エンジンとシャシーは小型大衆車パブリカの流用だったため、大衆のためのスポーツカーと言われた。
    車体形式のUP15のPはパブリカを表している。
  • エンジンはパブリカのU型を流用する予定だったが、最高速度150km/h実現を目標とするには非力であったため排気量拡大とツインキャブレター装備によって性能を引き上げた。
  • 大衆車の非力なエンジンでも高い性能を発揮できるよう、軽量化と空力性能を徹底し、重量は僅か580kgだった。
    その結果、超軽量空力ボディを手に入れたスポーツ800は最高速度155km/hに達し、そのマシン特性はホンダ車とは対照的なものとなった。
  • 日本で自動車レースが盛んになりつつあったこともあり、ライバルの存在もあったことからレースにおいて多くの逸話を残した。
    DOHC4気筒でジェット機のような音を発し速いが曲がりにくく燃費が悪いS600に対して、ひゅーぱたぱたと気の抜けた音を発し軽量で操縦性がよく壊れにくく燃費がいいという強みがあった。
    また非常に軽量なエンジンであったため、ピットイン時にエンジンをまるごと交換するという必殺技も可能であった。機械を使わなくても大人3人で持ち上げられたという。
  • 2012年にトヨタ86およびスバルBRZが発売されるまで世界で唯一のボクサーFRスポーツカーであった。



*1 ヨタハチの語源はヨタヨタ走るから、トヨタ スポーツ800からトとスポーツと0を取ってヨタ8になったなど諸説ある。

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-18 (月) 16:43:46 (1523d)