Top > 2CV タイプ A '54
分類性能
メーカーシトロエン総排気量425ccPP209
国籍フランス最高出力12PS/3,500rpm全長3,780mm
カテゴリノーマルカー/4ドアセダン最大トルク3.1kgfm/3,500rpm全幅1,480mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,600mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量495kg/58:42
内装簡易PWR33.00kg/PSTM4速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,100,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンパワーリミッターの調整不可
+  ←カラーバリエーションを表示

2CV.jpg

  • 1949年から1990年までの40年間に約378万台を生産し、フランス車の象徴ともされた一世を風靡した大衆車が2CVである。
    車名はフランス語で「2馬力(ドゥ・シーヴォー)」を意味し、英語名の「ツーシーブイ」と共に世界的に知られている。
  • 発表当初はシトロエンらしからぬその奇抜なデザインから「ブリキの缶詰」「乳母車」など散々な言われようであった。
    だがしかし、何故そのようなクルマが伝説となり得たのか。それは設計者、ピエール・ブーランジュの心意義にあった。
    彼は「車が買えない・無くとも馬車で良い」という南フランスの農民の実情を知り「農民や庶民の為の車」の開発を決意。
    1936年に開発が開始された2CVは、一時は第二次世界大戦の戦火に巻き込まれ開発が停滞するが、終戦後に無事完成した。
  • 構造は極単純で整備性も高く、低馬力だが非常に軽量で壊れにくく低燃費、そして何より安価になるように設計された。
    贅沢を切り捨て、存在意義を「走りの便」ではなく「生活の便」に求めた2CVは、農民だけでなく若者達の人気をも得た。
    特にシートや足回りはシンプルながら他に類を見ないほど乗り心地が良く、生花店や洋菓子屋、公的機関にも重用された。
    軽量・頑丈な為に極地走行にも重宝され、オイル交換無しで10万km走行、水没車を乾燥しただけで始動した事例もある。
  • 2CVは40年間のモデルライフ中に改良を繰り返しており、初量産型「2CV-A」は375ccエンジンで最高出力は9PSであった。
    最後の大改良となった1970年に追加された「2CV-6」では、602cc・33PS(後に29PSへと抑制)のエンジンが搭載された。
    しかし各種規制の都合もあり、2CVは1988年にフランス、1990年にポルトガルでの生産を終了し、歴史に幕が閉じられた。
    フランスや欧州、また世界中の大衆車の歴史を語る上で、VW・ビートルミニと共に欠かす事の出来ない名車と言える。
  • 本作の2CVは名前が「A」となっているが、スペックは1954年に登場した425cc・12PSの「AZ」のものになっている。
  • 本車はスタンダードモデルの中でも、極めてクオリティが高い車両の内の1台である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-04-13 (土) 17:51:43 (40d)