Top > ホンダ S800 '66
  • 総排気量:791cc
  • 最高出力:70ps(72ps)/8000rpm(8000rpm)
  • 最大トルク:6.70kgfm(6kgfm)/6000rpm(6000rpm)
  • 駆動形式:FR
  • 全長:3335mm
  • 全幅:1400mm
  • 全高:1215mm
  • 車両重量:720kg
  • 重量バランス:50対50
  • 価格:Cr.3,880,700(走行距離66184km)
  • Lv:0
  • PP:310(322)
  • 備考:()内の数値はリフレッシュ・OHした際のもの
  • 備考:エアロパーツ装着不可
  • 備考:トランスミッションは4速

S800-66-1.jpg
s800.jpg
  • ホンダがS600のマイナーチェンジ版として1966年から販売したスポーツカー。愛称は「エスハチ」。
    Sシリーズは同年代のスポーツカーであるヨタハチのライバルと評されレースにおいて多くの名シーンを生み出した。
  • Sシリーズの特徴ともいえるリアのチェーンドライブ機構はこのS800では廃止され、サスペンションも通常のリジッドアクスル(車軸懸架)方式へと変更された。それに加え、ディスクブレーキとラジアルタイヤの装備も行なわれた。
  • エンジンはS500と同じものをベースにさらに排気量を拡大し、最高出力は70PS/8000rpmとS600から20PS以上も向上した。
  • 外見もS500・600に比べて変更点が多く、ボンネットへのパワーバルジ増設(バルジとは膨らみのこと。ただしS800のこれはダミーで、エンジンを燃料噴射方式へ変更するための名残だったらしい)、フロントグリル・テールランプの形状変更など多岐にわたっている。
  • S800にはオープンとクーペがあるが、GT5収録のS800はオープンカータイプのもの。
    実はオープンは発売から3か月程で一旦姿を消しており、オープンタイプは1968年の「S800M」まで待つこととなった。
  • Sシリーズは500・600・800の合計で25,520台が生産されたが、1970年のS800生産終了後にホンダは一時期純然なスポーツカーの開発を封印する。しかしSシリーズのスポーツドライビングへの情熱は後にS2000へと進化遂げ、新たな伝説を生みだしたのであった。

  • カラーバリエーション:Golden Yellow,Scarlet


リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-06-30 (日) 10:11:05 (78d)