Top > MR-S S エディション '99
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,794ccPP376
国籍日本最高出力140PS/6,400rpm全長3,885mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク17.3kgfm/4,400rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,235mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量970kg/42:58
内装簡易PWR6.92kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,980,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

#ref(): File not found: ".jpg" at page "MR-S S エディション '99"

#ref(): File not found: ".jpg" at page "MR-S S エディション '99"


  • 2代目MR2の後継車種として1999年にデビュー。MR-Sは「Midship Runabout Sports opencar」の略。
    日本車では数少ないMRレイアウトのオープン2シーターであり、同じくオープン2シーターかつ車格も近いマツダ ロードスターのライバルともいわれた。
    国外ではMR-Sの車名が「Mrs(既婚女性)」に通じる等の理由から「MR2」を継続採用したり、米国ではオープンカーであることを明確にするためMR2 スパイダーとして販売された。(型式ZZW30)
  • 2代目MR2、特にターボモデルで顕著だったピーキーな挙動という問題点を踏まえ、トータルバランスを重視して開発が進められた。
    先代同様FF用のコンポーネント(本車ではヴィッツ系)を流用しMRレイアウトとしたスポーツカーとしては不利な成り立ちではあるが、各部の作りこみにより操縦安定性を高めつつ、軽快な運動性能を獲得している。
    性能ありきのハイパフォーマンスカーではなく、あくまで運転を楽しむスポーツカーとして初代MR2当時のトヨタのスローガン「Fun to Drive」を体現した1台であると言えるだろう。
    言い換えれば思い切ったダウンサイジングを敢行した事にもなり、その点でも評価が高いといえる。
  • エンジンは全グレード共通で排気量1.8Lの1ZZ-FEエンジン(直列4気筒DOHC・VVT-i)を搭載。
    普通車にも多く搭載されスペックはごく標準的だが、1000kgほどという重量の軽さや低回転域からの扱いやすさなど上記のとおり数値上の性能よりシャシーとのバランス、更にはコスト面を考えての選択であると思われる。
  • トランスミッションは当初は5速MTのみであったが、2000年に国産市販車初となる5速セミAT仕様が追加された。
    これはMTにおけるクラッチ操作を自動化したものであり、ATのマニュアルモードとは一線を画すものである。
    MR-Sではギア選択はマニュアル操作のみとなっており、シフトレバーもしくはステアリングの左右裏表に取り付けられたシフトボタンにて行う。
  • 誰にでも扱いやすいスポーツカーを目指したMR-Sであったが、スポーツカー受難の時代もあり人気は伸びずライバルといわれたロードスターにも販売台数では水をあけられ2007年7月に累計77,840台をもって生産終了した。前年にはセリカの生産も終了しており、一時トヨタ車のスポーツカーが消滅。復活は2012年の86まで待つこととなる。
  • 本モデルは前期型の5MTであり、6MT化された後期型よりも10kgほど軽い。
  • レースでは小回りが利く小型軽量な車体を生かしJGTC、SUPER GTのGT300クラスで複数回のチャンピオン獲得など活躍している。
    MR-Sの国内レース活動についてはこちらの項も参照




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-04-27 (金) 22:21:45 (226d)