Top > MR-S S エディション '99
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,794ccPP376
国籍日本最高出力140PS/6,400rpm全長3,885mm
カテゴリノーマルカー/オープンスポーツカー最大トルク17.3kgfm/4,400rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,235mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量970kg/42:58
内装簡易PWR6.92kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.1,980,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1997年の東京モーターショーにMR2の後継車として出展されたコンセプトカーの市販版として1999年10月に登場したMR-S。
    車名は「Midship Runabout Sports opencar」の略称で、日本国外においては名実ともに3代目のMR2として販売されていた。
  • MR2のターボモデルで顕著だったピーキーな挙動を踏まえ、本車両はダウンサイジングを行い、速さよりも軽快さを強調。
    プラットフォームは先代同様にFF用(本車ではヴィッツ系)がベースで、各部軽量化を行う事で総重量1トン切りに成功した。
    エンジンは全グレード共通で最高出力140PSの1.8L直4の1ZZ-FE型を搭載、MRの挙動を誰にでも楽しめるように配慮された。
  • 収録モデルの「"S EDITION"」は通常グレードからアルミ製のホイールやペダル等を追加装備した上位グレードにあたる。
    搭載されるトランスミッションは当初は5速MTのみであったが、2000年に国産市販車初となる5速セミAT仕様が追加された。
  • 2002年8月には後期型となり、内外装の変更の他、足回りやボディ剛性の強化が行われ、トランスミッションも6速化した。
    2006年11月に最終特別仕様車を1000台発売、翌年4月に完売・生産を終了し、23年続いたMR2シリーズの歴史に幕を閉じた。
    前年にはセリカも廃止されていた為、MR-Sの生産終了後はトヨタブランドのスポーツカーが2012年の86まで一時消滅した。
  • レースでも小型軽量な車体を生かし全日本GT選手権、SUPER GTのGT300クラスで複数回のチャンピオン獲得など活躍した。
    MR-Sの国内レース活動についてはこちらの項も参照。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-27 (水) 02:32:35 (50d)