Top > MR2 Gリミテッド '97
分類性能
メーカートヨタ総排気量1,998ccPP404
国籍日本最高出力200PS/7,000rpm全長4,170mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク21.0kgfm/6,000rpm全幅1,695mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,235mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量1,220kg/44:56
内装簡易PWR6.03kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.2,360,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンターボキットのみ不可
+  ←カラーバリエーションを表示

  • 1989年10月、国産初のミッドシップAW11型MR2は初のモデルチェンジを行いSW20型MR2となった。先代AW11がカローラ/スプリンターをベースにしているのに対し、セリカ/コロナ/カリーナをベースにした。
    後に数回のマイナーチェンジが行われたため、区別するために初期型はI型と言われる。このI型はフォグランプがオレンジ色であるため簡単に見分けられる。
  • エンジンは2,000cc直列4気筒DOHCの3S-GTEおよび3S-GEが採用され、ステアリングの切れ角に応じて光軸が移動するステアリング連動フォグランプも話題となった。
    しかしこのI型はエンジンパワーに対して足回りやブレーキが負けており、非常にピーキーな車になってしまった。
    また、当時の運輸省が60扁平までしか認めなかったことや、採用された3S-G型エンジンが鋳鉄製のため非常に重い(約180kg、スープラの2JZ-GTEが220kg、アルテッツァAS200の1G-FEが160kgほど)こと、その重いエンジンやABSシステム、インタークーラーなどが右側に寄っているため左右重量差が大きいことなども、MR2を難しい車としていた。
  • テストドライバーは後にLFAなどにも関わった成瀬弘技師。レーサーよりも速く走れてメカニックよりも車のことが分かっていると言われた人物である。
    たった10m走らせただけで車の問題点と解決方法が言え、1000分の1Gの違いも見逃さなかった。そして世界からマイスター・オブ・ニュルブルクリンクと讃えられていた。
    その成瀬弘技師が生前、本モデルを「世界最高のマシン」と語るほど強く愛情を注ぐクルマでもあった。
  • MR2はI型〜V型と特別仕様車が存在しており、本作に収録されているのは最終モデルであるV型のNAモデル「Gリミテッド」(本車)とターボモデル「GT-S」である。
    このV型ではシャシーや足回りの熟成が進み、I型の頃のようなピーキーさは無くなった。
    またリアスポイラーが3段階の調整式のものに変更され、最大で50kgのダウンフォースを発生させる。リアスポイラー変更に伴いトランクの補強が行われたためリアのボディ剛性も向上している。
    NAモデルであるGリミテッドでは3S-GE型エンジンがBEAMS搭載のものへ変更され、200psを発生し、リッター100psを実現。エンジンパワーとシャシー性能のバランスが良く、MR2のベストモデルと言われている。
  • I型〜V型まで以外に特別仕様車が存在しており、「MR2スーパーエディション」やMR2誕生10周年記念特別仕様車G-Limited『ビルシュタインパッケージ』装着車という長い名前のモデルなどがある。
  • 1999年に後継車MR-S(アメリカではMR2スパイダーとして販売)にバトンタッチし生産終了した。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-02-28 (水) 16:07:22 (285d)