Top > IS F '07
分類性能
メーカーレクサス総排気量4,968ccPP509
国籍日本最高出力423PS/6,600rpm全長4,660mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク51.5kgfm/5,200rpm全幅1,815mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,415mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,690kg/54:46
内装再現PWR3.59kg/PSTM8速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.7,660,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンダート走行不可
デフォルトでダウンフォースが存在(0:30、調整不可)
+  ←カラーバリエーションを表示

ISF.jpg
  • エアロパーツキットBを装着すると、フロント・リアのナンバーが消える

  • IS Fはレクサス初のスポーツモデルでISをベースに開発され、レクサスブランドのスポーツモデルを意味する「F」が車名に付加されている。
  • 実は開発が始まったのは初代ISが販売されていた頃の2003年である。
    チーフエンジニアの矢口氏がJTCCのチェイサーを運転した際に「もし市販のクルマでこんな走りを達成しつつイージーなスタートができたのなら、もっと走ることを楽しめる人たちが増えるのではないか」ということを考えた。
    それを形にするために初代IS300にGT500用の5.2L V8エンジンを押し込んだのが始まりであり、当初はたった2人で開発をしていた。
  • 2代目ISベースではあるもののエクステリアからIS F専用に作り直されており、ISに比して盛り上がったボンネットには同社LS600等のエンジンをベースにヤマハと共同開発された2UR-GSE型V8エンジンが納められている。
    スポーツ走行に対応するため各バンクにスカベンジポンプを搭載するなどカタログスペックの向上以外にも細かいチューニングが行われた。
    また環境性能についても北米燃費でGas Guzzler TaxをクリアしULEV IIを取得、国内排ガス規制でも平成17年度基準排ガス75%低減レベルをクリアしている。
    ヤマハの資料によれば4.0Lクラスの環境性能と6.0Lクラスの運動性能を両立したとされる。
  • 組み合わされるトランスミッションは8速AT「8-Speed SPDS」のみ。いわゆるトルコン式ATだが、1速を除く2速から8速までのギア段において、シフトチェンジ以外のタイミングで常時ロックアップされ、エンジンの動力をロスなく伝達する凝った仕様となっている。
    最新のデュアルクラッチトランスミッションと同等の性能を持っているとされ、変速時間はわずか0.1秒とフェラーリ599とほぼ同じ。
    LFAの最速モデルと比較しても0.05秒短くなっている。
  • 足回りはトヨタ初のブレンボ製ブレーキ(ドリルドローター&アルミ製キャリパー)が採用されフロント6ポッド、リア2ポッドと非常に強力。
    ヘビーウェットの路面でも軽々と速度を落としていく。
    装着されるBBS製19インチホイールは放熱効果を狙い左右で回転方向が指定されており、前後左右で装着箇所が決まっている珍しい仕様となっている。
  • 空力面でも空気抵抗を削減しながら最適なダウンフォースを得られるように外見だけでなく見えない部分にまで工夫されている。
    リアスポイラーによるダウンフォース確保や、フロントバンパーのエアインテークからブレーキパッドへと空気を流し、ブレーキの冷却効率を高めるなど徹底して空力面が煮詰められている。
    強力なダウンフォースはエンジンアンダーカバーだけでも200kgもの負荷がかかることになるため、レーシングカー用のグラスファイバー素材などが使用されている。
  • 2011年モデルからはGT-R同様、カーナビを利用したサーキット内におけるスピードリミッター解除機能も実装。
    2011年8月には足回りのセッティングが見直され、ショックアブソーバーの変更などが行われ走行性能が格段に向上した。
  • 2014年5月18日に日本国内への販売が終了となった*1

+  余談



*1 ソース:レクサスのHP

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-10-12 (金) 18:22:35 (36d)