Top > クーペ ターボ プラス '00
分類性能
メーカーフィアット総排気量1,998ccPP409
国籍イタリア最高出力223PS/5,750rpm全長4,250mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク31.6kgfm/2,500rpm全幅1,768mm
モデル簡易駆動形式FF全高1,340mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,310kg/68:32
内装簡易PWR6.09kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.4,811,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

  • フィアットが1993年に発表したFFスポーツ、クーペ・フィアット。フィアットとしては約18年ぶりの2ドアクーペであった。
    その独特な内外装はそれぞれピニンファリーナと、当時フィアット社のデザイナーであったクリス・バングルが手掛けたものである。
    特徴的なホイールアーチ上部に掘られたラインなど心に残るデザインであり、日本でも95年度グッドデザイン賞金賞を受賞している。
  • エンジンは1.8L直4NAから2L直5ターボまで設定し、収録された『ターボプラス』は2L直5ターボ搭載のハイパフォーマンスモデル。
    エンジンの基本設計はランチア・デルタ インテグラーレ譲りで、トランスミッションはMTのみでNAが5速・ターボで6速を搭載した。
  • また、本車はかなりのフロントヘビーである事も特徴であり、重量配分はなんと「68:32」と、リアに比べて2倍以上の重さがある。
    それゆえ見た目以上にアンダーステアが強く低速コーナーを苦手とするが、前述のターボの威力によって力強い走りを見せてくれる。
    本車の生産は2000年に終了したが、特徴的な内外装と走りは新車当時から評価されており、生産終了後も一定の人気を保っている。
  • GT6でも収録車種中最強のフロントヘビーである。本来の「ターボプラス」は6速MTであるが、GT4以降は誤って5速となっている。*1

+  余談



*1 内部データでは6速:0.816と設定されている

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-07-03 (水) 23:21:18 (9d)