Top > 2011 モンスタースポーツ SX4 パイクスピークスペシャル
分類性能
メーカーモンスタースポーツ総排気量3,071ccPP670
国籍日本最高出力910PS/8,750rpm全長5,370mm
カテゴリラリーカー/PPIHC-アンリミテッド最大トルク90.5kgfm/5,850rpm全幅1,960mm
モデル高品質駆動形式4WD(45:55)全高1,580mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量1,090kg/51:49
内装再現PWR1.19kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.160,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可

SX4パイク.jpg

  • 2006年から2009年まで活躍していたXL7 パイクスピークスペシャル(未収録)に代わり、SX4をベースとして2009年に開発されたマシン。
    SX4の名を冠してはいるが、それまでと同様にベース車両との共通メカニズムが存在しない、完全なプロトタイプレーシングカーである。
    2009〜2011年のパイクスピーク・インターナショナル・ヒルクライム(PPIHC)のアンリミテッドクラスに投入された。
  • ボディは鋼管フレームベース+カーボンケブラーコンポジットで構成され、僅か1,100kgまで徹底的に軽量化された。
    エンジンは自社開発の2.7リッターV6ツインターボユニットをミッドシップに搭載し、最大出力885psという強大な馬力を発生させる。
    2010年には排気量を3.1Lに、最高出力を910psまでスープアップし、パワーウェイトレシオ1.19kg/psという強烈な数値を誇った。
  • 収録モデルのSX4は2011年仕様であり、日本・AU・EUの複合チーム「チーム GoPro モンスタースポーツ」によって運用された。
    エンジンスペックは2010年仕様と変わらないが、年々増加傾向にあるターマックに合わせて、マシン全体を細かくアップデートさせている。
    そして2011年のPPIHC。練習走行・予選走行いずれも常にトップタイムをマークし、その絶大な戦闘力を見せつけた。
    本戦ではウォーターポンプとパワステにトラブルが発生し少々のタイムを失うも、リタイアする事なく完走し、9分51秒278を記録。
    悲願でもあった「10分の壁」を打ち破り、見事ワールドレコードを樹立してみせた。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-10-11 (火) 19:14:24 (1104d)