Top > フェアレディZ (Z34) '08
分類性能
メーカー日産総排気量3,696ccPP461
国籍日本最高出力336PS/7,000rpm全長4,250mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク37.2kgfm/5,200rpm全幅1,845mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,315mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,530kg/53:47
内装再現PWR4.55kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.4,375,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
+  ←カラーバリエーションを表示

Z34.jpg

  • 2008年に登場したZ34は、フェアレディZが復活して初めてのフルモデルチェンジを受けたモデルとなった。
    基本的には先代からの正常進化となり、プラットフォームはV36と同一であるが、フェアレディZのアイデンティティであるロングノーズが再び取り入れられる事になり、同じプラットフォームではホイールベースが長くなってしまうため、リアに関してはかなりの部分が専用設計され性能向上が図られた。
    また、先代で問題となったストラットタワーバーに関しては、タワーバーを曲げて可能な限りシートに沿わせる設計となったために、さほど問題ではなくなっている。
  • エンジンには、CV36と共通のVQ37VHR型エンジンが搭載され、マニュアルモード付き7速ATと6速MTが組み合わせられる。
    なお、7速ATは日産において初採用されたが、同時に日本車史上初採用でもある。
  • 先代とは異なりSUPER GTには今のところ参戦を果たしてはいない。スーパー耐久には2010年の第2戦から参戦している。
    日本国外では北米で開催されているSCCAのT2クラスに参戦している他、欧州で開催されているFIA-GT4規格で行われている"GT4 European Series"に参戦している。
  • クーペの発売から約1年後、先代から引き続いてオープンモデルのロードスターが日本向けに追加されたが、2014年4月時点の販売台数はわずか798台に留まっており、同年9月末までの受注分をもって日本市場から姿を消してしまう。
    海外向けの生産はしばらく続けられたが、2019年をもって廃止。およそ10年の歴史に幕を下ろすことになった。
  • 本車はゲーム内でのグレード表記はないが、装着しているホイールや価格設定などから、Version STの6MTであることがわかる。
  • 「GTアカデミー」ではポリフォニーがチューニングしたチューンドカー(未収録の370Zがベース)が登場し、前作GT5ではプレゼントカーチケットに紛れて収録されていたり、GTアカデミーの2012と本作の体験版に当たる2013にも収録されていた。
    • 2014でも使用できたが、ゲーム上参加すれば貰えるプレゼントカーではなくイベント専用車としての役目であった。
    • 本作で370Zチューンドカー仕様を再現することは可能(GTアカデミーのステッカーなどは無理だが)。



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2019-07-13 (土) 23:44:19 (70d)