Top > CTR ”イエローバード” '87
分類性能
メーカールーフ総排気量3,366ccPP526
国籍ドイツ最高出力469PS/5,950rpm全長4,151mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク56.4kgfm/5,100rpm全幅1,692mm
モデル簡易駆動形式RR全高1,310mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,150kg/41:59
内装簡易PWR2.45kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.23,663,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンウィンドウ以外可

CTR.jpg

  • 2代目ポルシェ・911 カレラ(930型)をベース車としたハイパフォーマンスマシンとして1987年に発売された、ルーフ・CTR。
    車名は『Group C Turbo Ruf』の略称であり、『イエローバード』はアメリカの自動車情報誌「ロード&トラック」由来の通称である。
  • 外装こそ後年の3代目911(964型)に酷似しているが中身は930型とは別物で、その高い性能はポルシェ自体にも影響を与えたとされる。
    エンジンはベース車で3,164ccの空冷水平対向6気筒SOHCを3,367ccへとボアアップした上にツインターボを搭載し、469PS以上を発揮する。
    上記雑誌によるテストでは、ナンバー付きでテストコースまで自走した上で当時F40が持っていた323km/hを塗り替える339.8km/hを達成。
    これにより各国で大きな注目を集めたCTRは1989年にマイナーチェンジし、ミッションが6速化・最高速度も342km/hへ更に向上している。
  • 1995年には4代目911(993型)ベースのCTR2が登場、初代CTRは1996年まで29台が製造されたが、いずれも希少車としても有名になった。
    2017年にはCTR登場30周年として、初代CTRを模しながらも独自設計とした「CTR Anniversary」が発表され、2019年から市販されている。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、極めてクオリティが高い車両の内の1台である。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-06-10 (月) 00:53:52 (39d)