Top > フェアレディZ Version S (Z33) '07
分類性能
メーカー日産総排気量3,498ccPP456
国籍日本最高出力313PS/6,800rpm全長4,315mm
カテゴリノーマルカー/スポーツカー最大トルク36.5kgfm/4,800rpm全幅1,815mm
モデル高品質駆動形式FR全高1,315mm
ギャラリー対応吸気形式NA車両重量1,480kg/53:47
内装再現PWR4.72kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,630,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューン---
  • 備考:フラットフロア装着可能
+  ←カラーバリエーションを表示

Z33.jpg

  • 2000年にZ32型が生産を終了してから2年後、S30型以来の「NA+2シーターのスポーツカー」としてフルモデルチェンジ・発売されたZ33型。
    スカイラインGT-Rシルビアが排ガス規制により生産を終了した為、発売当初は日産で唯一のスポーツカーという重責を担った車でもあった。
  • プラットフォームやサスペンション・VQ35DE型エンジン等の主要部品をV35型スカイラインやM35型ステージアと共有し、ターボモデルは廃止。
    ボディタイプも1種類・乗車定員も国内では2人に固定、4人仕様は輸出仕様限定となり、姉妹車のスカイラインクーペが国内での後継車となった。
    モデル発表時に「Zは毎年進化する」と公言された通り、当初の最高出力は280PSだったが、2005年9月にMTモデル限定で294PSへの強化を実施。
    2007年の後期型ではエンジンを最高出力313PSのVQ35HR型に変更。同エンジンの全高から、ボンネットにはS30型風のバルジが設けられた。
  • エンジンの排熱性やボディ剛性にも気が払われており、特にリアのトランクにはフレームと呼べる太さのストラットタワーバーが鎮座している。
    ただ、これによってトランク内が狭くなってしまい、タイヤ等の大型物が縦に入らず利便性に欠けるとされ、後継のZ34型では廃止されている。
  • 先代での様々な反省点を踏まえたZ33型は、価格も前期型のベースモデルで約300万円と安価で、後にロードスターや限定仕様車も追加された。
    収録モデルは後期型にあたり、この「Version S」は先代から続くスポーツグレードで、豪華装備を省いてブレンボ製ブレーキ等を装備している。
  • 本車はGT-R亡き後の日産スポーツの象徴として、JGTC及びSUPER GTではGT500・GT300の両クラスに参戦していた。
    後継のZ34型が発売された以降も、GT300ではZ33型が2010年まで使われ、2012年にGT-R GT3がその座を受け継いだ。

+  派生モデルの解説



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2020-05-26 (火) 14:52:27 (40d)