Top > 日産 GT-R ブラックエディション '12
  • 総排気量:3799cc
  • 最高出力:550ps/6400rpm
  • 最大トルク:64.50kgfm/3200-5800rpm
  • 駆動形式:4WD (標準前後トルク配分=30:70)
  • 全長:4670mm
  • 全幅:1895mm
  • 全高:1370mm
  • 車両重量:1730kg
  • 重量バランス:52対48
  • 価格:Cr.9,471,000
  • Lv:11
  • PP:545
  • 追加条件:Ver.2.02以降かつカーパック2購入
  • 備考:トランスミッションは6速

Nissan-GT-R-BE12-1.jpg
Nissan-GT-R-BE12-2.jpg
  • 2007年にデビューした「R35型GT-R」は開発者の水野和敏氏の言葉どおり年次改良を繰り返し、2010年モデルで最高出力が530PSに増加、2011年モデルでは外装のリファインが実施されるなど進化を続けていた。
    そして2011年11月に発表された2012年モデルは、外装は2011年モデルと大差ないものの、最高出力が530PSから550PSにアップする等のリファインが施され、更なる進化を果たした。
  • 2012年モデル最大の特徴と言えば「左右非対称サスセッティング(右ハンドル車限定)」である。
    前輪を駆動するプロペラシャフトが中心からわずかに右側にあり、ドライバーも右に座るため、停車時の重量は右側に少し偏っている。(約50kgほど重い)通常では、このまま走行すると左右重量配分の悪さに起因するアンダーステアとなってしまう。このアンダーステアを解消するべく、左前のサススプリングを硬めに、左後ろのサスアームに上反角を、右後ろのサスアームには下反角を持たせる。
    これにより、走行中左右のタイヤにかかる荷重を均等に配分できるが、GT5内においてこのサスセッティングが再現されているかは定かではない。
  • GT-Rの象徴である加速も進化させ、0-100km/hは2.8秒へ向上、これはランボルギーニ・アヴェンタドールの2.9秒を上回る。
  • なお、2011年に「スペックV」が生産終了したのを受け、そのキャラクターを具現できるカスタマイズオプションとして、Pure Edition専用オプション「For TRACK PACK」が新たに設定された。
  • フロントバンパーの2段フィンに取り付けられたLEDハイパーデイライトは、GT5では走行中常に点灯している。実車でも同様であり、これが標準である。(消灯するスイッチはディーラーオプションとして用意されている)また、リアディフューザーに取り付けられているリアフォグランプは点灯しない。
  • 2012年11月、ニュルブルクリンク24時間レース参戦で得た経験と技術を用いた13年モデルを発表、同時に販売開始された。13年モデルでは以下の点が変更・追加された。
    • 車体剛性の向上
    • エンジンの中回転域〜高回転域のレスポンス改善(これにより最高速の伸びが改善 馬力やトルク変更は行わず)
    • フロントサスペンションのロールセンター引き下げ
    • 全グレードの内装が一部変更される
    • エンジンを組み立てた人物(『匠』と呼ばれる)のネームプレートが付属
    • ディーラーオプション扱いでMOTUL製COMPETITION OILを追加
    • オプショナルパーツの選択肢と標準装備となるパーツが増加
  • 2013年モデルの0-100km/hは2.7秒。
  • 毎年慣例となっているニュルブルクリンク北コースでのタイムは7'19,18を記録したが、走行当時は他車が走行していた中であり、2回遅い車をパスする際にアクセルを緩めたため、ロスを差し引いた結果、7'18,6となった。
    • 2013年モデルの発表からしばらくした2013年3月、開発責任者の水野和敏氏が日産自動車を退社した。また、同時期には開発陣である Team GT-R も解散となってしまい、現行GT-Rの将来が不安視されている。
  • 現在、2013年モデルを特別なGT-Rとして仕上げた『ボルト・ゴールドGT-R』が存在している。「ゴールド」の通り、ボディを金に塗装したGT-Rである。
    発表時、内装は右ハンドル仕様で、ブラックエディションのシート、BOSEサウンドシステムの他に、一部は純金が使われている。
    これは人類最速の名を持つ、『ウサイン・ボルト』選手が日産自動車のダイレクター・オブ・エキサイトメントに就任した記念として特別に製作された。エンジンフードにはボルト選手の直筆サインが書かれている。(ボルト選手は2009年からGT-Rのオーナーであり、2012年に開催されたロンドン・オリンピックの移動でもGT-Rに乗っていた。現在、このゴールドGT-Rを含め2台所有している)
  • ボルト・ゴールドGT-Rは発表の後、e-Bayのチャリティーオークションに出品され、18万7100ドルで落札され、落札者へは居住国の仕様に変更(左ハンドルの場合はもう1台製作)した上で納車される。
    • GT5で再現する場合、メタリックもしくはパール系の発色の強いゴールドを使用してボディペイントすると、それなりに近づけることは可能である。

  • カラーバリエーション:Brilliant White Pearl (3P), Ultimate Metal Silver (4M), Dark Metal Grey (M), Meteor Flake Black Pearl (2P), Aurora Flare Blue Pearl (2P), Vibrant Red (C)



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 16:33:10 (823d)