Top > 日産 GT-R スペックV '09
  • 総排気量:3799cc
  • 最高出力:485ps/6400rpm
  • 最大トルク:60.00kgfm/3200-5200rpm
  • 駆動形式:4WD (標準前後トルク配分=30:70)
  • 全長:4650mm
  • 全幅:1895mm
  • 全高:1370mm
  • 車両重量:1680kg
  • 重量バランス:52対48
  • 価格:Cr.15,750,000
  • Lv:12
  • PP:535
  • 備考:トランスミッションは6速

Nissan-GT-R-V09-1.jpg
Nissan-GT-R-V09-2.jpg
  • 2009年に追加されたGT-Rにおける1グレード。
    ベースグレードとの最も大きな違いは後部座席を廃して2シーターとした点で、ホイール・エアロパーツ・シートなどに軽量素材を採用した結果、ベースモデルと比較して合計60kgに及ぶ軽量化を達成している。
    加えて専用チューニングがなされたエンジン、専用のブレンボ製カーボンセラミックブレーキを採用するなどGT-Rのパフォーマンスが強化されている。
    • しかし、開発責任者の水野和敏氏によると、0~100km加速は標準車より落ちているとのこと。
  • スペックV専用の機能として、スイッチを押すことで最大トルクが一時的に上昇(62.00kgfm/3600-4800rpm)する「ハイギヤードブースト」を搭載しているが、この機能は残念ながらGT5では再現されていない。(何故かGT5の車両の解説文では「60.00kgfm」と間違った表記になっている。)
    また、敢えて一時的にしかパワーが上がらない機能となった理由について「本当は馬力やトルクを強化したかったが、これ以上パワーアップすると役人様に睨まれる(型式認定が下りない)から」とも噂されているが真相は定かではない。
    2011年には標準モデルで最高出力が530psに上昇するマイナーチェンジが実施された(当然ながらトルクも強化された)ため、この機能が実装された意義について、さらに謎となっている。
  • スペックVは2011年モデル発表時にベースモデル同等の最高出力(530PSに増加)となる小変更を受けたが、2011年7月末をもって販売を終了した。
    なお、2012年モデル発表時、スペックV同様に2シーター仕様となるPure Edition専用セットオプション「For TRACK PACK」が新たに設定され、実質的な後継モデルとなっている。
  • 2011年モデル以降、スペックVで採用された各種パーツは生産終了の後でも各グレードにオプションとして用意されたり、GT-Rの最上級グレード EGOIST(GT5未収録)にも一部が採用されている。
  • 写真の Ultimate Opal Black (RP) はスペックV専用色で、現実では塗装費だけで57万円という高級塗料である。スペックVの生産終了に伴い、取り扱いも終了した。この塗料のホワイト版 Ultimate Opal White が2011年モデルから登場した『エゴイスト』の特別塗装として誕生した。

  • カラーバリエーション:Brilliant White Pearl(3P),Dark Metal Gray(M),Ultimate Opal Black(RP),Super Black,Vibrant Red(C)



リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-05-17 (水) 16:30:11 (493d)