Top > 東京・ルート246

概要 Edit

  • GT3で初登場し、今やお馴染みのコース。国道246号線青山付近をベースにしている。
  • SCE本社ビル・ホンダ本社ビルなどが見えるストレートから右折し、神宮球場・最近解体された国立競技場横が見える聖徳記念絵画館周りを半周する。
    その後、赤坂御苑を回り赤坂見附交差点を折り返す高速サーキット。
  • ホンダ本社をホンダ車(アキュラ車でも可)と一緒に撮影すると、隠しトロフィー「青山一丁目の凱旋」を獲得できる(ホンダ本社はスタート地点近くの「Castrol」看板近くの角が丸いビル)。
  • 実際の地図はこちら

コース攻略 Edit

東京・ルート246 Edit

コース図
R246.jpg1.メインストレート
2.青山二丁目交差点
3.第2&第3コーナー
4.第4コーナー
5.権田原交差点
6.S字カーブ
7.第8&第9コーナー
8.外堀通り
9.外堀通り
10.外堀通り
11.赤坂見附交差点
12.S字カーブ
コース長ストレート長高低差コーナー数ピット天候変化時間変化コース種別
5116.7m806.0m23.2m15ありなしなし(9:00)シティーコース
  • 全般
    全開区間の長いハイスピードコース。そのため、常に脱出速度を考えたコーナリングをすることが重要。
    市街地コースのためランオフエリアがなく、特に後半は道幅が狭くなるので、
    オーバーテイクを狙うにはライン取りが少々厳しい場合が多い。
    安全に攻めるならコース前半部分、特に青山二丁目交差点でのブレーキ&立ち上がり勝負か、
    あるいは終盤、赤坂見附交差点からホームストレートでの立ち上がり&スリップ勝負辺りが狙い目。
  • 青山二丁目交差点(2)
    ここの攻略は全体のタイムにも大きく影響するので、最適なBPをしっかり把握しておこう。
    クルマのクラスにもよるが、BPは200m看板を少し過ぎた辺り、コーナリング速度の目安は100km/h前後となる。
    イン側の縁石に片輪乗せるようなラインを取る。縁石辺りからアクセルを踏み、道幅をいっぱいに使って加速していこう。
  • 第2&第3コーナー(3)
    アクセル全開で抜けることは難しい。
    第2コーナーは手前で軽くブレーキングし、イン側の縁石に乗せて通過する。乗せすぎると体勢を崩しやすいので、軽く乗せる程度で。
    続く第3コーナーはクリップを奥へやって、できるだけ直線的に抜けて行くようにしよう。
  • 第4コーナー(4)
    イン側の縁石に乗り、脱出時は道幅をいっぱいに使って加速して行こう。
    インについている時間が長いので、スピードが上がりすぎてアンダーを出さないように。途中まではパーシャルで行くと良いかもしれない。
  • 権田原交差点(5)
    2つのコーナーが合わさった複合コーナー。2つだと思わないで一つのコーナーとして考えよう。
    下り坂になっているのでスピードが出過ぎないように注意してアウトインアウトのラインを取れば大丈夫なはず。
    コーナーを脱出すると上り坂になる。コーナーを半分を通過したあたりでアクセルを開きたい。
    早めにインについてしまったりスピードが出すぎると脱出時に壁に接触してタイムロスになるので注意。
  • 第6コーナー(6)
    下り坂の最後に位置する高速S字コーナー。
    S字にはなっているが一つ目は無視してOK。
    1つ目のコーナーを通過した直後にブレーキング、すぐにインについてアウト側へ脱出しよう。
    ここも脱出が上り坂になるので失速しないように注意。車によってはシフトアップのタイミングを変えると非常に有利になる。
  • 第7コーナー(7)
    いわゆる赤坂迎賓館の正門前。
    2つのコーナーだが1つのコーナーだと考えてライン取りしよう。
    コース幅が広くなるので目一杯使ったラインを取りたい。
  • 外堀通り(8〜10)
    8・9コーナーはほぼ全開で抜けられる。
    10コーナーは道幅が狭くコーナーの終わり際が見えにくい。
    坂道でスピードも出ているのでしっかりとブレーキングしないと壁に接触してしまう。
  • 赤坂見附交差点(11)
    1つ目のコーナーは少しアウト側へ入り2つ目のコーナーでうまく脱出できるようなラインを取ろう。
    2つ目のコーナーは脱出で道幅が狭くなるのでアウト側に抜けられないことに注意。
  • 第12コーナー(12)
    スピードが出ているので思わぬアンダーステアが出やすい。
    基本的に最短のラインを取れば大丈夫。

開催される主なレース Edit

現実で開催される主なレース Edit

  • なし

グランツーリスモ5内で開催されるレース Edit

小ネタ Edit

  • 山内一典氏がこのコースの収録の理由について「GT3の開発をしている時にそのへんにいたのが理由かな。」と答えている。
    • ちなみに、ホームストレート沿い(246)にSCEJがある。
  • 1コーナーを曲がった後、正面に見える古い建物は「聖徳記念絵画館」である。よく勘違いされるが「国会議事堂」ではない。
  • ちなみに2016年8月26日に公開された「君の名は。」のあるシーンに、本コースでいえば第2コーナーにあたる部分が登場している。
  • 第1コーナーのタイヤ・各コーナーにある紅白のブロック・最終コーナーにある白い布のかかった箱(通称:ポリフォ豆腐,ポリフォ箱、スポンジブロック)など、プレイヤーが動かせるオブジェクトが比較的多い。
    (白箱はニュルなど他コースでも見ることができる)
  • 過去作ではホンダ本社ビル前にホンダのクルマやASIMOがいるのが恒例だったが、今作では何もない。
    また、過去作に比べて道路添いの観客が大幅に減っている。
  • POLAビル(ホンダ本社の並びで1コーナー寄り)のベントレーとマセラティのディーラーをみると、GT5未収録のベントレー車(ベントレー コンチネンタル GT)、マセラティ車(マセラティ クワトロポルテ GTS)を見ることができる。
  • ビートたけしがバイク事故を起こした場所がコース上にある。(安鎮坂。図で言うと6コーナーの下り坂(順走)の辺り。)
  • ローソンやファーストキッチンなどのガラスに一般人が映り込んでいる。テクスチャの撮影時に映り込んでしまったようだ。
  • 当時の看板も見ることができる(オデッセイ、龍が如くなど)。
  • 信号はコース上の車道信号のみ青が点灯、他の信号(歩道は全信号)は赤となっている。もちろん動いてない。




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-15 (木) 13:46:49 (25d)