Top > トヨタ スープラ 3.0GT ターボ A '88
  • 総排気量:2954cc
  • 最高出力:270ps(262ps)/---rpm(6000rpm)
  • 最大トルク:36.50kgfm(35kgfm)/---rpm(3000rpm)
  • 駆動形式:FR
  • 全長:4620mm
  • 全幅:1745mm
  • 全高:1300mm
  • 車両重量:1530kg
  • 重量バランス:60対40
  • 価格:Cr.4,051,000
  • Lv:3
  • PP:429
  • 備考:トランスミッションは5速
  • 備考:リトラクタブルライトが開いた時(パッシングや、ライト点灯時)内装視点からリトラクタブルライトが見えないバグがVer1.10で修正された

GT-TurboA-1.jpg
GT-TurboA-2.jpg
  • 2代目セリカXX(海外名:セリカ・スープラ)の後継モデルとして1986年に登場した3代目スープラ(以下、70スープラ)は、国内において初めてスープラを正式に名乗ったモデルとなった。
    スープラ(SUPRA)とはラテン語で「超えて」「上に」の意である。
    かつての名車2000GTを意識し、発売当時のキャッチコピーは「TOYOTA 3000GT」だった事からも分かるように、本モデルは先代に比べてスポーツ色を強めたモデルとなった。例えば、4輪ダブルウィッシュボーン式サスペンションの採用は、2000GT以来のことである。
  • 開発主査は「侍中の侍」と呼ばれた和田明広主査。
    和田はスープラをソアラのようなグランドツアラーではなく、本格的なスポーツカーを目指し、50偏平のスープラ専用タイヤの採用やセリカXXと比べて50%以上強化されたボディとシャシー、54:46という重量配分など細部に渡って徹底された。
    特にボディやシャシー、足回りについてはヨーロッパレベルを意識した開発が行われ、アウトバーンでの高速走行試験なども行われた。
  • この70スープラに搭載されたエンジンは最終的に6種類も存在し*1、多種多様なグレードが存在していたが、大きく分けて2Lエンジン(1G-GTE型)と3Lエンジン(7M-GTE型)、加えて3Lエンジンと入れ替わる形で登場した2.5Lエンジン(1JZ-GTE型)に区別される。
  • 1988年8月のマイナーチェンジで3Lモデルが海外仕様と同等にワイド化され、同時に収録モデルの「3.0GT ターボ A」が500台限定で登場した。
    本車はグループAで認められているESと呼ばれる特別装備のホモロゲーション取得用モデルで、その名の通りターボAタービンと呼ばれる専用ターボチャージャーを搭載したモデルである。
    そのため、一般モデル(3.0GTターボ)と比較して30ps増した最高出力は270psを誇り、当時の国産車で最高レベルであった。
    外観での他モデルとの大きな違いは、「ターボAダクト」と呼ばれたフロントバンパーセンター部の特徴的な3連ダクトなどがよくわかる。
    なお、ボディカラーとホイールは共に黒のみであった。
    当のグループAではデビューウィンこそ飾ったものの、その後は3Lという大排気量エンジンが仇となり、ライバルのR32等を前にして苦戦したため、1990年を最後に撤退してしまった。
  • 1990年8月のマイナーチェンジによる3Lターボモデル消滅を機に、新開発の2.5Lツインターボモデルを投入し、最高出力280psを達成した。
    なお、本エンジン(1JZ-GTE型)はその後長きにわたりトヨタのスポーティーモデルに幅広く搭載されることとなる。
  • そして1993年にフルモデルチェンジし生産終了。本車のイメージとはガラリと変わったJZA80型が誕生したのだった。
  • GT4ではフロントバンパーにネームプレートが装着されていた。*2
  • グループB廃止後、トヨタ陣営はグループAでWRCに参戦しようとしていたが、WRCホモロゲーション取得モデルであるST165型セリカが5,000台の販売規定を1987年にクリアできず1988年までずれ込んだため、'87年から'88年に渡ってこのスープラで参戦していた。'87年はテスト参戦、'88年はセリカGT-FOUR切り替え前までという事もあり全戦という訳では無かった。
    前期型のナローボディ7M-GTEU搭載モデルを使用し最高出力は410psを発揮。しかしラリーへの参戦を前提とした車ではない事もあり1勝もできずに終わったが1987年には表彰台に食い込む善戦(3位・第3戦サファリ)もあった。
  • ちなみに参戦車種の中にはちらほら2WD車が混ざっているが、4WDで出場したランチア デルタのほぼワンサイドゲームであり、'87年は13戦9勝、'88年はマニファクチャラー・ポイント対象11戦中10勝と圧倒している。
    上位3台にデルタが登場しないラリーもあったが、そのラリーは普通のラリーと形式が異なりマニファクチャラー・ポイント対象外のイベントであり、デルタ勢がワークスエントリーしていないという落ちがあったりする。スープラが表彰台に乗ったラリーもそのうちの1つである。
  • 限定車ということで補修部品は品番指定では買えず、部品共販に車検証を持っていく事で購入出来たのだが、ターボAタービンだけは壊れた現物を持っていかなければ購入出来なかった。
    というのもOptionが純正流用特集にて「ターボAのタービンはすっげぇ利くぜ!」と記事にしてしまい、日本に500台ちょっとしか存在しないはずなのに、考えにくい数のタービンが出回ってしまった。本当に補修部品であれば、あまりにもブロー個数が多いという事になるため調査した結果、1枚の車検証から何十基ものターボAタービンが販売された事が発覚し、結果このような処置となった。
    ただタービン以外でも、ターボAのECUユニットなど、MA70型スープラやMZ20型ソアラに流用出来るパーツは多かったため、M型エンジンに強いショップには、この処置がなされた後でも車検証がストックしてあったとか。
  • GT5での車内機能
    ダッシュボードの時計、オドメーター、トリップメーターは機能している。凝ったことにアナログメーターの回転まで再現されている。
    トリップメーターは10m毎にカウントされているので、ぐるぐる回る様子が視認しやすい。…が、普通は100m毎なのでバグだろうか。

  • カラーバリエーション:Black


*1 ただし入れ替わりが激しく、全てのエンジンバリエーションが同時に販売されていた時期はない。
*2 GT6と本作では外されているが、2作後のGT SPORTで再び装着された

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-12-22 (土) 17:09:27 (356d)