Top > V12 LMR '99
分類性能
メーカーBMW総排気量5,990ccPP677
国籍ドイツ最高出力580PS/6,500rpm
(798PS/6,500rpm)
全長4,650mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/FIA-LMP1最大トルク68.3kgfm/-rpm
(93.7kgfm/3,500rpm)
全幅2,000mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,020mm
ギャラリー非対応吸気形式NA車両重量900kg/49:51
内装再現PWR1.12kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.190,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可

  • 1995年、BMWはマクラーレンF1 GTRでル・マンに参戦し、これを制した。
    しかし96年はポルシェ911GT1(GT未収録)に、97年はそれに加えメルセデスベンツCLKに苦戦を強いられ、結果優勝を逃してしまう(なおルマンの総合優勝車両はLMPクラスのポルシェ・WSC95(本作未収録))。
    いくらマクラーレンF1とはいえ、セミプロトタイプである911GT1やCLKの前には力不足であった。
  • BMWはGTマシンでなく、フォーミュラ1で名を馳せる名門ウィリアムズとの共同による、オープンプロトの新規開発を決意。
    マクラーレンF1と同じS70/2型エンジンを搭載した「V12 LM」を1998年のル・マンに投入する。
    しかし、予選を6番手・12番手でクリアするも、決勝では原因不明のバイブレーションが発生、2台揃って早々にリタイアしてしまう。
    後の調査の結果、ホイールベアリングの不具合が原因と判明。BMWは3年連続の屈辱を味わう事になった。
  • 収録モデルの「V12 LMR」は、BMWが雪辱を晴らすために開発した、V12LMのエボリューションモデルである。
    15号車のP.マルティニ/Y.ダルマス/J.ヴィンケルホック組がトヨタTS020と歴史に残る激戦を戦い、見事総合優勝を果たした。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-01 (月) 15:42:55 (706d)