Top > トヨタ GT-One (TS020) '99
分類性能
メーカートヨタ総排気量3,600ccPP667
国籍日本最高出力608PS/-rpm
(775PS/7,500rpm)
全長4,840mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/FIA-LMGTP最大トルク66.3kgfm/-rpm
(83.7kgfm/6,000rpm)
全幅2,000mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,125mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量900kg/50:50
内装簡易PWR1.16kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.170,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可

  • TS020は、1998年と1999年にル・マン24時間レース参戦を目的として開発された、グループGT1規格のグランドツーリングカーである。
    しかしその実態はほぼ完全なプロトタイプレーシングカーであり、98年はLM-GT1クラス、99年はLM-GTPクラスから参戦した。
  • かつてプジョー 905等を手がけたアンドレ・デ・コルタンツ設計によるTS020は、レギュレーションの間隙を突いて運転席後部の燃料タンク部分(100L、99年は90L)をホモロゲーション取得用のロードカーでは敢えて50リットルに削減し、余った隙間を「これはトランクである」と言い切った。
    これにより完全にトランクスペースをなくすことに成功し、従来のGTカーに比べて空力性能が大幅に改良された。
    • もちろんそのロードカーは存在していただけで市販されなかったのは言うまでもない。
      また英国では少数販売車に対しての車検基準が緩く、その基準で通しているというのもあり、車検場では「あれは無しだろ」「うちの国では通らない」という声があちこちから上がってたとか。
  • 搭載されたエンジンはかつてのターボ時代のグループCカーの流れを持つ3.6リッターV型8気筒ツインターボで、1998年仕様のR36Vで600ps、1999年仕様のR36V-Rでは700psに達していたと言われる。
    余談だが、98年に登場したこの車が、ダウアー962LM等を切っ掛けとした怪物級GTカーが主流になり名ばかりのGTクラスと化していたLM-GT1クラスを事実上撤廃させ、'99年からのLM-GTPクラスへ改定される契機となった車だと言われている(翌年以降はアウディが実験的にR8クーペ、メルセデスはCLR、(両方本作未収録)を投入し対抗するがそれぞれ単年のみの参戦に終わる)。
  • 1998年のル・マンでは3台がエントリー。序盤から2台がトップ争いに関わるが、3台ともミッショントラブルに悩まされる。特にトップを快走していた29号車はゴール2時間前にミッショントラブルが再発し、トップ走行中にリタイヤとなってしまう。結果的には9位で終わる。
  • 1999年のル・マン本戦、トヨタ・チーム・ヨーロッパは3台のTS020をル・マンへと送り出し、予選から驚異的な速さを見せ付けたものの、決勝では周回遅れのBMWのプライベーターマシンから進路妨害同然のブロックを受けたり、328kmの速度で突然タイヤバーストを起こしたりと不幸が次々とトヨタチームに襲った。
    結局トップを独走していたBMW V12 LMRが優勝。TS020 3号車(片山右京、鈴木利男、土屋圭市)は総合2位でチェッカーを受けた。当時から2017年現在まで、「日本の自動車メーカーx全員日本ドライバー」によるルマン最上位記録。
    一応「LM-GTPクラス優勝」であるが、何故かあまり話題にならなかった。それだけ総合優勝に期待がかかっていたのである。
  • ル・マン後は99年に行われた「ル・マン富士1000km」に参戦するが、ペナルティやトラブルが災いしまたも2位でのフィニッシュに終わる。
    99年以後トヨタはF1参戦へと舵を切り、TS020は自身の最高位を2位としてワークスマシンとしての役目を終えることとなった。
    その後のTTEによるF1参戦に向けてのエンジンの開発用に本車両が用いられていたことはあまり知られていない。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-11-22 (木) 09:38:39 (387d)