Top > トヨタ GT-One (TS020) '99
分類性能
メーカートヨタ総排気量3,600ccPP667
国籍日本最高出力608PS/-rpm
(775PS/7,500rpm)
全長4,840mm
カテゴリプロトタイプレーシングカー/FIA-LMGTP最大トルク66.3kgfm/-rpm
(83.7kgfm/6,000rpm)
全幅2,000mm
モデル簡易駆動形式MR全高1,125mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量900kg/50:50
内装簡易PWR1.16kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.170,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼント---チューンターボキットのみ可

  • トヨタがル・マン24時間レースへの参戦を目的として1998年に開発した、グループGT1規格のグランドツーリングカー、TS020型『GT-One』。
    主な設計はプジョー・905等を手がけたアンドレ・デ・コルタンツによるもので、その実態はほぼ完全なプロトタイプレーシングカーである。
  • エンジンはかつてのターボ時代のグループCカーの流れを持つ3.6L・V8ツインターボで、最高出力は1998年は約600ps・翌年は約700psを発揮。
    運転席後部の燃料タンクはホモロゲーション取得用のロードカーでは半減させ、余った隙間をレギュレーション上必要な「トランク」とした。
    これにより空力性能が従来から大幅に改良され、その形状はベントレー・スピード8などの後のプロトタイプレーシングカーに影響を与えた。
    各レギュレーションの穴を突いた設計は、名ばかりの「GTカー」と化していたLM-GT1クラスを事実上撤廃させる契機になったとも言われる。
  • ル・マンでは1998年のLM-GT1クラスに3台が参戦。全車ともミッショントラブルに悩まされ、1台は一時トップになるも最上位は9位に終わる。
    1999年はLM-GTPクラスに参戦し予選から驚異的な速さを見せたが、決勝ではBMW勢のチームプレイや最終盤のタイヤバーストなどに襲われた。
    総合優勝こそ叶わなかったが、3号車(片山右京・鈴木利男・土屋圭市)が総合2位で「日本人3人でLM-GTPクラス優勝」という功績を残した。
    1999年のル・マン後は「ル・マン富士1000km」にも参戦したものの、トラブルやペナルティが災いしまたも2位でのフィニッシュに終わった。
    以後トヨタはF1参戦へと舵を切り、TS020はF1参戦に向けてのテスト車両として使用された後、トヨタやその関係者等により保管されている。
  • なお、本車はスタンダードモデルの中でも、比較的クオリティが高い車両の内の1台である。

+  余談




リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2024-03-29 (金) 19:03:00 (17d)