Top > GT-R N24 GTアカデミー '12
分類性能
メーカー日産総排気量3,799ccPP548
国籍日本最高出力570PS/-rpm
(569PS/6,500rpm)
全長4,670mm
カテゴリレーシングカー/N24-SP8T最大トルク64.5kgfm/-rpm
(64.5kgfm/3,500rpm)
全幅1,895mm
モデル高品質駆動形式4WD(10:90)全高1,360mm
ギャラリー対応吸気形式TB車両重量---kg(1,700kg)/53:47
内装再現PWR2.98kg/PSTM6速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.50,000,000カスタムペイント:不可、ホイール交換:不可、エアロ装着:不可
プレゼントスーパークラスミッションレース・オールゴールドチューンサス・TM・センターデフ・エンジン・マフラー・ターボ・軽量化・ウィンドウのみ可
ダウンフォースの調整不可(110:80)

GTRN2412前.jpg

  • 第40回ニュルブルクリンク24時間レースに、山内一典氏率いる「チームGTアカデミー」が出場した際に使用した車両。
    今回のニュル24時間レースにはワークスチームである[Team GT-R]と共に参戦したため、開発段階ではテスト結果を共有したり、2台同時にテストすることもあった。
  • 市販の「クラブトラックエディション」(以下、市販車と表記)をベースに専用ウィング、補助ライト装着、ガソリンタンク拡大、ブレーキローター鍛造化、ナンバー取得のため左ハンドル仕様になったりと市販車と多少の違いはあるが、市販車の性能を活かすため、前年モデルと違って必要最低限の改造に留められている。
    • 山内一典氏曰く「前年と比べると最高速は速く、コーナーは遅くなっている』とのこと。
  • 採用されたシートは最新のFIA規格に基づいて製作された、レカロ製カーボンバケットシート。重量は6.5kgと重めだが、荷重試験では何と35tもの大荷重にも耐えるシートである。
  • 各地のサーキットを走ってデータを集める他に、リグテスト(台上試験)を用いてダンパーやサスペンションなどのセッティングを決めた。
    また、開発には特別に用意された『グランツーリスモ』が持ち込まれ、テストの効率を劇的に高めた。
    リグテストを提供した会社は、ドイツのサスペンションメーカー KWオートモーティブ社。後にGT6の開発に伴いパートナーシップが結ばれた。
  • ドライバーは2011年に引き続きトビアス・シュルツと山本泰吉の2人に、初代GTアカデミーウィナーであるルーカス・オルドネスが加わった。
    レース本番はタイヤがバーストしたり、ポルシェに接触されるアクシデントがあった*1が、安定した走りでワークスの23号車を抑え2年連続のSP8Tクラス優勝を果たした。
  • 第40回ニュルブルクリンク24時間レース終了の後、123号車は世界各地を転々としながら展示され、その後日本に戻りTOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2012に参加。
    そして翌年の東京オートサロン2013のグランツーリスモブースに出展され、現在は本車のドライバーを務めた山本泰吉選手が運営するオペラパフォーマンスで保管*2されている。



*1 その後、レース終了後に破損箇所は修復されている。
*2 2013年01月21日、一時保管

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-05-20 (水) 23:42:10 (1667d)