Top > ランサーエボリューション V GSR '98
分類性能
メーカー三菱総排気量1,997ccPP463
国籍日本最高出力280PS/6,500rpm全長4,350mm
カテゴリノーマルカー/ホモロゲーションモデル最大トルク38.0kgfm/3,000rpm全幅1,770mm
モデル簡易駆動形式4WD(30:70)全高1,415mm
ギャラリー非対応吸気形式TB車両重量1,360kg/59:41
内装簡易PWR4.37kg/PSTM5速
入手方法カスタム/チューン制限
ディーラーCr.3,248,000カスタムペイント:可、ホイール交換:可、エアロ装着:可
プレゼント---チューンアクティブ・ヨー・コントロール・システム搭載
デフォルトでダウンフォースの調整が可能
+  ←カラーバリエーションを表示

#ref(): File not found: ".jpg" at page "ランサーエボリューション V GSR '98"

#ref(): File not found: ".jpg" at page "ランサーエボリューション V GSR '98"


  • 1998年1月に登場したランサーエボリューションV(以下エボV)は、先代のエボIV同様5代目ランサーをベースとしたが、先年にランサーがマイナーチェンジしたため後期型(フェイスリフトが実施され角目となる)がエボVのベースとなった。
    しかし、それ以上にメカニズム的に大幅な進化を遂げていた。なお、先代のエボIVから型式名の変更を受け、E-CP9A型となった。
  • エボV最大の特徴は、当時のWRCのレギュレーションいっぱいである全幅1770mmのワイドボディを初めて採用し、初の3ナンバー車となったことである。
    具体的にはフロントタイヤ部はアルミ製プリスターフェンダー、リアタイヤ部はオーバーフェンダーを採用し、冷却効果を狙った大型フロントバンパーが装備されたことも相まって迫力ある風貌となった。
    これによりタイヤおよびブレーキサイズの拡大が可能となり、WRCにおいてグループA規格を堅持しつつ改造範囲が広いWRカーに対抗することとなった。
    その結果、エースであったトミ=マキネンらの活躍によりマニュファクチャラーズチャンピオン、ドライバーズチャンピオンのダブルタイトルを獲得し、更にはグループN優勝という偉業を成し遂げた。
    なお、拡大された全幅は後のエボXで1800mmを越えるまで1770mmが継承されることとなる。
  • 市販仕様に目を向ければ、伝統の4G63型エンジンの最高出力280PSはそのままに最大トルクが+2kgfmの38.00kgfmに向上した。
    加えて標準仕様のGSRでは前後にブレンボ製ブレーキ、フロントにヘリカルLSD(リアはAYC)を新たに採用し、ロードカーとしての大幅なパフォーマンスアップも実現していた。
    これらの改良によって舗装路における性能が大きく向上し、車格的には格上であるはずのスカイラインGT-Rに肉薄するまでに至った。
  • エボVの特徴となった「ターマックでの強さ」は後のランエボの方向性を決定付けることとなり、ラリーベース車以外の新たな魅力を手にすることとなった。
    そして、フィールドを問わない活躍ぶりがランエボ人気を更に押し上げることとなり、エボVは現代に至るまでコンパクトなハイパフォーマンスカーとして一定の人気を保持している。

+  余談



*1 すでにエボVIがデビューしていたので、エボVは中古車ディーラーでしか入手できなかった

リロード   新規 編集 凍結 差分 添付 複製 名前変更   ホーム 一覧 単語検索 最終更新 バックアップ   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-08-13 (月) 11:51:37 (565d)